眠れる森の貴婦人 (MIRA文庫)

  • 12人登録
  • 3.33評価
    • (0)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : 杉本 ユミ 
  • ハーレクイン (2014年2月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (416ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784596915818

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
キャサリン コー...
キャンディス キ...
有効な右矢印 無効な右矢印

眠れる森の貴婦人 (MIRA文庫)の感想・レビュー・書評

  • あらまぁ。田舎にそのまま暮らすのね。

  • 男の格好をして製材業に従事するジェシーと都会からやってきた洗練された紳士のスティーヴン。あまりの違いにカルチャーショックを受けながら反発しあう二人だが、いつしか互いの良さに気づき惹かれ会い、立場のちがいから葛藤する。ジェシーの純粋さが可愛く、スティーヴンの心境も丁寧に描かれていて好感の持てる作品だが、ラストがスティーヴンの兄と婚約者の物語を予感させたま終わるので中途半端な感じが残る。2014.8

  • イギリスの従僕を連れてきた、紳士のスティーブン。モンタナの厳しい自然と戦う人々の中で、彼の場違いすぎる滑稽さと、男のなりで肩肘張るジェサミンの滑稽さが本人達が真剣なぶん楽しい。
    しかし、この作品は、他の作者との連作もの。
    ラストがなんとなく…
    http://books117117.blog110.fc2.com/blog-entry-3580.html

  • クリスティン・ジェイムズ名義の作品と知らずに買ってしまって後悔したけど、いつものキャンディス・キャンプって感じで結果的にはOK
    大人なのに子どもっぽくて意固地なヒロインではなくて、純粋な子どもなヒロインだったのが良かった。

    でも、クリスティン・ジェイムズ名義の分をキャンディス・キャンプで出すのは本当に止めて欲しい。再販のは調べれば分かるけど、新作は区別できないんだから…

全4件中 1 - 4件を表示

眠れる森の貴婦人 (MIRA文庫)の作品紹介

小さな町で母娘ふたりで暮らすジェサミンはドレスもペチコートも大嫌い。ある日、ズボンをはいて馬車の停留場にいると、降りてきた男性にいきなり"ぼうや"と呼びかけられ、周囲に笑い物にされてしまう。顔を真っ赤にして振り向いた彼女の目に飛び込んできたのは、洗練された装いに身を包んだ、見たこともないほど見目麗しい紳士。まるで彼女がレディであるかのように優雅に謝罪され、ジェサミンは急に自分の身なりが恥ずかしくなった。つい反抗的な口をきいたものの、思いがけず彼がジェサミンの家に滞在することになって…。

眠れる森の貴婦人 (MIRA文庫)はこんな本です

ツイートする