聖母は涙にキスをする (MIRA文庫)

  • 13人登録
  • 3.80評価
    • (0)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : 西江 璃子 
  • ハーレクイン (2014年4月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (528ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784596915900

聖母は涙にキスをする (MIRA文庫)の感想・レビュー・書評

  • Love Undercoverシリーズ2作目。原題は「Bare It All(丸裸)」今回のヒーロー、リース・ベアデン(Reese Bareden)の名前とあだ名に引っかけたタイトル。
    前作で起こった、リースの部屋での襲撃事件。その最中、大人しい女性だと思っていた隣人アリスのあまりに冷静な対応にリースは違和感を覚える。彼女は隠し持っていた銃をリースの同僚刑事であるローガンに貸し、犯人が死んで良かったとまで言ってのけたのだ。なかなか自分をみせないアリスが気になって仕方がないリース。事件で部屋を滅茶苦茶にされたのをいいことに、愛犬ごと隣室のアリスの部屋に転がり込むが……

    アリスは外見のわりに言動が大胆。冒頭からいきなりリースの朝○ちをしつこく指摘するのはいかがなものか(アメリカではそんあのもあり?ありなの?)。シェリルの救出劇では、命知らずの無鉄砲さを披露。それも自分が苦しめられたことからくる衝動なのだろうが、前作のヒロイン、ペッパーも真っ青の勇者ぶり。アリスの過去と関連する事件と愛を巡る攻防の中、愛犬キャッシュがかわいく、いい味を出している。ふたりがらぶい雰囲気になると、おやつのしまっているところに行ってくーんとなくのがたまらない(いつもベッドインの前に、邪魔されないようおやつをやるため、らぶらぶのふたりを見ると条件反射でおやつがもらえると思っているのだ)。
    生真面目なピーターソン警部補(女性)の、潜入捜査時の変身ぶりも楽しい。
    このシリーズ大好き。

  • 4.5
    アリスはなんというかちょっと不思議ちゃんである。でも確かに魅力的。
    リースのイケメンっぷり。
    全力で甘えるキャッシュ(犬)がかわいい。
    ロディがかっこいい。
    前作の電子書籍版配信してくれないかなー。

  • ラブ・アンダーカバー・シリーズ2作目。(いつの間にかこんなシリーズ名がついてたのね)
    前作では謎めいていて冷たく思えたリースだが、今作では愛犬キャッシュを可愛がり、アリスやペッパーを心配し友情に熱い男気のあるヒーローとなっている。ロディもいい味出してるし、ピーターソン警部補の変身ぶりも楽しい。助っ人のトレイスの登場が御都合主義的で、悪人の最後が簡単すぎやしないかとも思うんだが、アリスの急所膝蹴りはあっぱれ!と感じたので良しとするか。登場人物のそれぞれの掛け合いと絆が深くなっていく様が楽しい作品だった。続きが気になる。2014.9

  • 図書館の本 読了

    内容(「BOOK」データベースより)
    内気なアリスは人付き合いが苦手で、近所の住人とも深くかかわらないようにしている。だがつい最近、彼女の防御の壁を破り、声をかけてきたハンサムな隣人がいた。リース―たくましくて色気のある彼の魅力にアリスは圧倒されるが、刑事である彼の部屋が荒らされ、やむを得ず彼を部屋に泊まらせることになってしまう。アリスはリースに微笑まれ、熱い視線を向けられるたびに胸がときめいた。でも親密になんてなれない…。きっと彼は、わたしがどうしていつも怯え、過剰なほどに周囲を警戒しているか知ろうとするだろうから。恋と秘密を描く、人気シリーズ第2弾!

    アリス素敵。結構このヒロインは好きでした。
    そっかおやつね。
    子犬のキャッシュもいい味でてました。

    Bare it all by Lori Foster

全4件中 1 - 4件を表示

聖母は涙にキスをする (MIRA文庫)はこんな本です

聖母は涙にキスをする (MIRA文庫)のKindle版

ツイートする