しとやかな悪戯 (MIRA文庫)

  • 11人登録
  • 3.00評価
    • (1)
    • (0)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : 仁嶋 いずる 
  • ハーレクイン (2014年9月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (432ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784596916075

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ダイアナ パーマ...
有効な右矢印 無効な右矢印

しとやかな悪戯 (MIRA文庫)の感想・レビュー・書評

  • フェイス、セリーナときて仲良し三人組の最後、ジュリーの登場。
    おとぼけネイサンをどう攻めるのかと思ってたら…。

    いいね。セリーナの時はプレイスタイルが好みじゃなかったけど、今回はそれほどぶっとんでなく安心して楽しく最後まで読める。
    次々と主役になれる人が登場して、なんとも続きが楽しみ。

  • シリーズ3。

    想像してたのとちょっと違うかったけど、面白かった。
    ヒロインに逃げられるヒーローが特に(笑)

  • かなりホットで刺激な官能小説のシリーズ。
    とはいえ、この作者は初読。
    甘やかな降伏 (MIRA文庫)
    秘めやかな説得 (MIRA文庫)
    に、続くシリーズで、前の巻デイモンのクラブで繰り広げられるアブノーマルを含めた展開をメインにしたロマ。恋話のロマンス要素は薄いのでお間違えのないように。
    ええ、あたくし、間違えました”
    ”乙女心を刺激”の売り文句に釣られましたが、全然乙女じゃないシ、泣
    でもせっかく読んだのだし、購入をご希望の方に簡単に内容を知りたい方は、下記
    http://books117117.blog110.fc2.com/blog-entry-4176.html

全3件中 1 - 3件を表示

しとやかな悪戯 (MIRA文庫)の作品紹介

ぽっちゃり体型のジュリーは、マッサージサロンの顧客のネイサンにずっと片想いしている。でもたくましく誰にでも優しいネイサンは、彼女の好意に気づいてくれない。きっと、わたしの魅力が足りないせいだわ……。傷ついたジュリーは、ぎりぎりの誘惑を決行する。“特別なマッサージ”をして彼をその気にさせ、焦らすだけ焦らして逃げ去るのだ。勇気を振り絞って計画を実行に移したあと、ネイサンを避け続けたジュリーは知らなかった。男の欲望に火をつけた彼女へのお仕置きとして、ネイサンがある甘美な計画を立てていることを。

しとやかな悪戯 (MIRA文庫)はこんな本です

ツイートする