屋根裏の男爵令嬢 (MIRA文庫)

  • 33人登録
  • 3.60評価
    • (2)
    • (3)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : 佐野 晶 
  • ハーレクイン (2015年4月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784596916280

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジュリア クイン
ジョージェット ...
ジョージェット ...
ジョージェット ...
ジョージェット・...
有効な右矢印 無効な右矢印

屋根裏の男爵令嬢 (MIRA文庫)の感想・レビュー・書評

  • フランスとの戦争が終わり、独立したばかりのアメリカとの戦争が激しくなる中、アメリカ人捕虜収容所として使われていたダートムーア刑務所。
    悲惨な歴史的事実を折込みながら、人生の苦渋の中で懸命に生きる二人を描く、ハートフルなロマンス。
    最下層の生活から波乱の人生を歩んできたアメリカ人のロブと、落ちぶれた男爵令嬢のグレースの恋の主題は、知恵と処世で人々の心をとらえながらも、ひたすら辛坊し、待つこと。
    なので、ドラマチックではあるけれど、夢見がちなロマンスとは遠く、悪役を倒す爽快感や夢のような結末があるわけではない。だが、だからこそリアルで心に残るロマ。
    ホットでエンタメな作品を求めると、かなり方向が違うのでご注意。
    あらすじなど下記
    http://books117117.blog110.fc2.com/blog-entry-4673.html

  • カーラ・ケリー嫌いじゃないんですが、最近は単純なロマンスが好きになってきて、いろいろ深みのあるものはちょっとしんどくなってきた。このお話もカーラ・ケリーらしいけど...好き、というのとは違うかな。

  • ダートムア刑務所の悲惨さを書きたかったの?

  • 3.8
    男爵令嬢から「滑り落ちた」グレースと戦争捕虜のアメリカ人ロスのはなし。
    一般書が好きなひとにたいへんお勧め。
    とても上手いはなしです。章立てとかも上手いよね。
    逆にハーレクインらしいものが好きなひとににはまったくお勧めできない。

全4件中 1 - 4件を表示

屋根裏の男爵令嬢 (MIRA文庫)の作品紹介

男爵令嬢のグレースは、不安に押しつぶされそうになりながら、パン屋の扉を叩いた。借金の山を残して父親が亡くなり、住み慣れた屋敷を追い出され、働かざるを得なくなったのだ。もはや結婚も望めないだろう……。下働きにも慣れ始めたある日のこと、グレースはパン屋の常連で、変わり者の老侯爵と友人になった。そして思いがけない遺産を託される。居心地のいい屋敷と十分な手当、それから戦争で捕虜にされているという侯爵の子息を――。グレースは遺言に従って子息を迎えに行った。予期せぬ運命が待ち受けているとも知らずに。

屋根裏の男爵令嬢 (MIRA文庫)はこんな本です

屋根裏の男爵令嬢 (MIRA文庫)のKindle版

ツイートする