灰かぶりの令嬢 (MIRA文庫)

  • 19人登録
  • 3.38評価
    • (1)
    • (4)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
制作 : Carla Kelly  佐野 晶 
  • ハーパーコリンズジャパン (2016年12月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (396ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784596916952

灰かぶりの令嬢 (MIRA文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ★3.5
    子爵の私生児として生まれたヒロインと軍艦艦長のヒーロー。
    ヒロインは祖母と宿屋と営むも客足が遠のき、髪を売るくらいすっかり貧乏暮らし。そこへ上官であるヒロイン父に命じられたヒーローがやってくる。
    ヒーローは部下の妻達が未亡人となり悲しむ姿を見てきたので自分は結婚しないと決めている。
    その件とヒロインの私生児問題が絡んでうまくロマンスにジレジレを生み出していた。
    基本的にはゆったりとしたロマンスでこの時期にピッタリな心温まるストーリー。

  • 未亡人にするのが嫌だから未婚を貫くという考え方もあるんだな。

  • 3.7
    ナナとオリヴァー
    父親が想像以上にクズ
    そのほかの人びとには愛があふれている

  • 安定のカーラ・ケリー 海軍ファンになりそうw

  • なぜこんなに暖かく心に染み入るストーリーが描けるのだろう。読後はしばし余韻を堪能しました。

  • 艦長がひたすら、ほんとうに、頁をめくれば必ずひとつふたつ、というくらいナナの素晴らしさを挙げていて、恋に落ちるとはこういうことだってな感じ。

    テメーレア号についての記述があって、てことはその名を授かったセレスチャルドラゴンも飛んでんじゃーん!って一瞬思ってしまった。His Majesty's Dragonの2年後に出版されてるから意識したのかな、なんてな。

全6件中 1 - 6件を表示

カーラ・ケリーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジュリア ジャス...
有効な右矢印 無効な右矢印

灰かぶりの令嬢 (MIRA文庫)の作品紹介

英国の小さな港町の片隅で、エレノアはひもじさに耐えていた。子爵の非嫡出子であるばかりに世間から見放され、宿屋を営む祖母と暮らしているが、この半年はひとりの客さえ来ない。ついには長い髪を切り売り払ったとき、港に停泊した船の艦長オリヴァーが宿泊に訪れる。到着するなり体調を崩したオリヴァーをエレノアは懸命に看病した。オリヴァーは厳めしいが、彼女たちの窮状を察すると温かい食事を与え、心地よく暮らせるように取り計らってくれる。エレノアは淡い思いを募らせるが、人並みの幸せなど望めるはずもなくて……。

灰かぶりの令嬢 (MIRA文庫)はこんな本です

灰かぶりの令嬢 (MIRA文庫)のKindle版

ツイートする