悪魔公爵と鳥かごの乙女 (MIRA文庫)

  • 12人登録
  • 4.33評価
    • (2)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : Lorraine Heath  琴葉 かいら 
  • ハーパーコリンズジャパン (2017年3月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (511ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784596917072

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

悪魔公爵と鳥かごの乙女 (MIRA文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 破城槌って! とんでもなく自信満々な公爵様だなあって、本題と全然関係ないところが印象に残ってしまいそう。

  • 1本の映画を見ているようだった。久しぶりに大泣きしてしまった。昨夜読み終わった直後は作品に浸り過ぎてしまって涙が止まらなかった。

    このシリーズはヒロイン側になんらかの障害(身体的なものだけでなく)があってそれを乗り越えて幸せになるというテーマのものだけど、今作はすごく重かったな。

    ですが素敵なおとなのラブストーリーになってます。ハッピーエンドになるのはわかっていたけど、二人はどうなってしまうんだろうかとそわそわしながら読みました。

    弟の病気のことは、映画や舞台にもなってます。私はどちらも見たことないけど、なにか記事を読んだ記憶があって今回wikiで調べてみました。作者は実在の人物を今回の作品に重ねて描いてるなと思ったら、最後のあとがきにもそのことがかかれてました。

    ますます親世代の話が読みたくなりました。

全2件中 1 - 2件を表示

悪魔公爵と鳥かごの乙女 (MIRA文庫)の作品紹介

社交界に浮き名を流すアヴェンデール公爵は、退廃的な放蕩暮らしに退屈していた。周囲の女性たちは喉を鳴らし、吐息をもらし、耳元で淫らな言葉を囁く。それが楽しくないわけではないが、誰もが似通っていて同じことの繰り返しだ。そんなある夜、社交場に現れた謎めいた女性ロザリンドにアヴェンデールは目を留めた。取り立てて美人というわけでもないのになぜか心揺さぶられ、思わず彼女を暗がりへ連れ出すと、口づけを交わす。彼女の秘密にも、わが身を滅ぼしかねない危険なゲームを自ら始めてしまったことにも、まだ気づかぬまま。

悪魔公爵と鳥かごの乙女 (MIRA文庫)はこんな本です

悪魔公爵と鳥かごの乙女 (MIRA文庫)のKindle版

ツイートする