身代わり婚約者 (ハーレクイン文庫)

  • 13人登録
  • 3.20評価
    • (0)
    • (1)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : Tori Phillips  古沢 絵里 
  • ハーレクイン (2005年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (389ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784596930187

身代わり婚約者 (ハーレクイン文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • キャヴェンディッシュ家シリーズ
    王からの命令で顔も知らない相手と結婚することになったブランドンと未亡人のキャサリン。
    お互いにブランドンの友人・ジャック、キャサリンのいとこ・ミランダを身代わりにして会うことに。
    案の定ブランドンとキャサリン、ジャックとミランダが恋に落ちてしまうので結果オーライ?
    ヒロインとヒーローのキャラは好みだったけど、最初から最後までドタバタで過ぎてしまうので萌える暇もなかったのが残念かな。

  • ハーレクインが好きです(笑)。でも、基本的にはヒストリカルしか読みません。

    キャベンディッシュ家の話、第二弾。騎士物語です。
    前回のガイの兄、ブランドンの結婚話。ガイとは違い、結婚するのを嫌った放蕩者に近い描写のブランドンです。ガイはたいへん好みだったのだけど(何しろ、修道士になると誓ったはずがヒロインに恋しちゃって、気の迷いだと言い聞かせて一晩お祈りしちゃうくらいどこかずれている。可愛い)、今回のブランドンは微妙……。同い年の隠し子が二人もいるし!
    ヒロインも私の好きなタイプではなかったので、読み始めた当初は微妙かなーと思いつつ、お互いに入れ替わって身代わり同士で恋しちゃう間抜けな展開はちょっと笑えました。
    相変わらず、そそり立つ男の象徴だとか何だとか言うハーレクイン独特の濡れ場描写は笑えますが。でも、そういうのは結構好きだったりする。
    最終的にはまるくおさまって、いかにもハーレクインのHAPPY ENDでした。悪い意味ではなく。
    これこそ王道。そして、王道が王道であるには、それなりの理由があるわけで。こういうのはいいなぁ、と思ってしまうのでした。

全2件中 1 - 2件を表示

身代わり婚約者 (ハーレクイン文庫)のオンデマンド (ペーパーバック)

身代わり婚約者 (ハーレクイン文庫)のKindle版

ツイートする