ライラックの天使 (ハーレクイン文庫)

  • 17人登録
  • 3.57評価
    • (1)
    • (2)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : Deborah Simmons  平江 まゆみ 
  • ハーレクイン (2009年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (439ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784596932129

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ライラックの天使 (ハーレクイン文庫)の感想・レビュー・書評

  • 子爵ヒーローx幽霊屋敷の女主人ヒロイン

  • 前作(舞踏室の微熱)が×だったから大して期待してなかったけどこれはイケた。たまたまとある屋敷の幽霊問題を解決したことで退治の依頼が舞い込むようになりいささか食傷気味のヒーローだったが、ある一通の依頼に祖父は、それには行けと勧める。しぶしぶ依頼主の屋敷に赴くとそこにはしかめつらしい顔をして地味なドレスな身を包んだヒロインと奇妙な同居人が住んでいた。放蕩者と見えてなかなか仕事はきちんとやるヒーローがおちゃめ。この二人、実は幼い頃‥というオマケみたいな事実も話しにひとつまみのスパイスを与えています。

  • 毎日ちまちま一章づつ読んでいる「群雲、関ヶ原へ」がね…進まないんですョ。
    人物多いし、思惑が入り乱れ…複雑★なのです。

    なのでまた息抜きにヒストリカル・ロマンスですョ

    有名な幽霊屋敷のトリックを見破って以来“専門家”として幽霊退治の依頼が舞い込み続ける状況に、モアランド子爵・クリスチャンは辟易していた。
    今日もまた手紙が届き、捨てようとするも…仄かに漂うライラックの香りに心惹かれ―
    祖父の強い勧めもあり、思いきって依頼を受けることに。
    件のデヴォン州の古い屋敷に着いてみれば、依頼主のアビゲイルは若い女性だというのに地味な服装に厳しい表情、態度。
    そして彼女が屋敷を相続する前から住み込んでいるという、個性的な同居人たち。
    幽霊のみならず、屋敷に伝わる財宝を巡り、謎は深まるばかり―
    幽霊は実在するのか?財宝の在処は?そしてライラックの香りが懐かしい訳は―?

    少しずつ、お互いを意識して、生き方までも変化していく様が良いのです。
    最後の方まで、幽霊・財宝・同居人たちの謎が絡み合って、そしてちゃんと解決するあたりは流石!
    “海賊の血”も伏線だったなんて
    何より“古狐”呼ばわりされてるお祖父様が素敵かと
    やっぱりこの方のお話は、テンプレなロマンスものの中でも、更にほっとしますヮ☆

    こ、今度こそ!積読戦国へ戻ります<font size =1>でも違うのから読もう…と</font>

    20090308

  •  幽霊が出るには幽霊が出るだけの理由も背景もあるんだよねぇ。あ、この二人子供の頃に会ってるんだ、初恋の思い出付き。ミステリ仕立て。

  • ヒロインのかたくなさがチョット行きすぎているような…

全5件中 1 - 5件を表示

ライラックの天使 (ハーレクイン文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ライラックの天使 (ハーレクイン文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ライラックの天使 (ハーレクイン文庫)はこんな本です

ツイートする