愛に怯えて (ハーレクイン文庫)

  • 12人登録
  • 4.29評価
    • (4)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : Helen Bianchin  高杉 啓子 
  • ハーレクイン (2010年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (202ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784596932808

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

愛に怯えて (ハーレクイン文庫)の感想・レビュー・書評

  • ヒロインが、自分はいつか離婚されるんじゃないかという不安感と、夫が義妹の触手に陥落するんではという不穏な空気が終始漂っている 
    ヒロインの独白だけなので、夫の心情は文脈からしか分からないもどかしさが、よけいに先へ先へと読ませる
    精神衛生上最悪な、継母や義妹との “キツネとタヌキの化かしあい”にも果敢に立ち向かうヒロインのタフさは見事

  • 素敵な作品でした。
    お互いに政略(ビジネス)結婚で結ばれた夫婦だと思い込み、特にヒロインは自分たちの間にあるのは体の繋がりだけだと思っていた。
    でも、夫を愛している妻は魅力的な彼から愛されたい。
    〝愛している〟の一言を彼から聞きたくて、ギャビーは葛藤を続けます。一方、実は夫のベネディクトも妻と同じようなことを考えていました。
    互いに愛し合いっているのに、なかなか素直になれない二人のもどかしさがよく伝わってきます。
    最後にベネディクトが〝愛しているよ、君は僕の太陽だ〟、ギャビーに告げたところで物語りは終わります。
    身近にいるからこそ、素直に気持ちを伝えられない、〝愛している〟のただ一言が言えない―、夫婦の間にある現実的な問題をリアルに描いた秀作です。

  • 富豪同士で周囲の勧めで結婚したギャビーとベネディクト。実は相思相愛でした…までの話。今回の色気女はアナリースでした。

  • 不言実行より有言実行。
    言葉にすることは大切だし、言葉にして欲しいよね。

全4件中 1 - 4件を表示

愛に怯えて (ハーレクイン文庫)はこんな本です

愛に怯えて (ハーレクイン文庫)のオンデマンド (ペーパーバック)

愛に怯えて (ハーレクイン文庫)のKindle版

ツイートする