公爵と乙女の秘密 (ハーレクイン文庫)

  • 27人登録
  • 3.73評価
    • (3)
    • (3)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 7レビュー
制作 : 岡 聖子 
  • ハーレクイン (2010年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (542ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784596932969

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
キャサリン コー...
有効な右矢印 無効な右矢印

公爵と乙女の秘密 (ハーレクイン文庫)の感想・レビュー・書評

  • 船長ヒーローxじゃじゃ馬ヒロイン

    ヒーローのメロメロ度がいまいち。
    ヒロインもじゃじゃ馬すぎてちょっと駄目だった。
    いくらなんでも同じベッドで毎日寝てたら女と気づくだろう。

  • 一度読めば十分。

  • お転婆娘が命の危険にさらされ、叔母の住むバルバドスへ逃げるために少年のふりをして私拿捕船で密航しようと企てる。この船の中の描写だけでも十分に楽しめたが、第二部とも言えるのがバルバドスでの暮らしぶり。この島でヒロインのキャットは密かに恋していた船長に再会する。そこにキャットの命を狙うエドワードやヒーローの仇敵デブリンなどが絡み、二人の恋路は前途多難である。
    しかしいくら髪型や服装が違えど、ずっと同じ部屋で暮らしていた相手に気付かないなんて設定とはいえちと不自然。でもカリブの島での生活だなんて憧れてしまいます。

  • 購入済み

    内容(「BOOK」データベースより)
    貴族令嬢のキャットは義理の従兄の後ろ暗い秘密を知ってしまい、追われていたところを通りすがりの紳士ランサムに救われる。彼は明日、西インド諸島へ向けて船を出すという。誰にも知られず従兄から逃げる必要があった彼女は密かに一計を案じ、髪を切って少年に扮すると船室係としてその船に潜りこんだ。洋上、ランサムの勇姿を見るうちいつしか恋心が芽生えるが、正体を偽る自分に彼を愛する資格はないと、気持ちを隠し続ける。だが航海最後の日、抑えていた想いがあふれ、キャットは彼に口づけすると、足早に船を去った―のちに思わぬ再会をするとも知らずに。

    久しぶりのデボラ・シモンズ。
    この人の書く作品の雰囲気大好き。
    このストーリーも1歩間違えばえ?ってなるものだけれど展開がテンポよくて引き込まれてしまう。

    最後バッドの件涙しました。
    これもスピンオフありそうだなぁ。探してみなきゃ。

    Heart's Masquerqde by Deborah Simmons

  • 前半の少年装のヒロインと、船長のランサムのやりとりがよい感じです///
    微笑ましくもあり、冒険あり、ばれるのかとドキドキあり。

  • 貴族令嬢のキャサリンは義理の従兄の秘密を知ってしまい、命を狙われていた。
    追われていたところを通りがかった紳士ランサムに助けられ、その際、彼が私拿捕船の船長だと知ったキャサリン。
    従兄から逃れバルバドス島の伯母の元へ行く、そして幼い頃からの航海の夢を叶える為に、少年になりすまし船室係としてその船の一員となった。
    洋上でランサムと触れ合ううち心惹かれていくキャットだが、女性であることを明かせない状況に想いを隠したまま目的地で船を降りた―バルバドス島の社交界で再会するとも思わずに…

    ラヴよりも少女の冒険物語て感じでした
    客室係と船長、公爵と令嬢、立場が変わっても2人が惹かれ合いながらも反発してる様は微笑ましい
    キャットには、なりすまして客室係になっていたという他人に明かせない秘密に命を狙う従兄。
    ランサムにも彼の破滅を狙う仇敵。
    そして以前に会ったことがあるような感覚と、彼の事を良く知っているようなキャサリンの態度。
    それらが絡み合って誤解を生み―これがもう!意外と誤解が解けるのが遅くてね!
    ちょっとヤキモキしたヮ~

    脇の女性陣が良い味だしてます!
    とくに伯母さまがコートニーとの仲良し具合ももっと描写があればなぁ。
    親友がフランス人なのが不思議…いや、国が対立してても気の合う人はいるだろうけど。この時代、危険じゃないのかな?と。
    終盤、仇敵との対決があっと言う間の駆け足で終わっちゃって…そこは残念★
    訳者あとがきに触れられてたのは予告だったりするのかな~?
    だと良いな!

  • 従兄に命を狙われ逃亡 航海するため男装というよりも小僧(少年船室係)に変身したヒロイン。船の持ち主で小僧の雇い主のヒーロー。
    小僧ヒロインの無謀さや度胸の良さは素晴らしいのである。船乗り達もまさか小僧が女性だとは気がつかない。そして目的地についた小僧はヒーローにキスして逃亡。唖然呆然自失のヒーロー。
    ヒロインとの再会に ヒーローは全然気がつきゃしない。
    波瀾万丈なヒロインに知らぬうちに惹かれていくヒーローなのだが
    そんな2人の前にヒーローを付け狙う変態男が登場するんだが こいつがキモイんだよー。恨む理由が自分を拒んだから?変態め。

    彼女の守護者となりパートナーとなって 愛情たっぷりヒロインを可愛がっているヒーローなのだった。心配はつきませんのだ。

    シモンズはお気に入り。

全7件中 1 - 7件を表示

公爵と乙女の秘密 (ハーレクイン文庫)はこんな本です

ツイートする