仕組まれた縁組 (ハーレクイン文庫)

  • 14人登録
  • 3.55評価
    • (3)
    • (3)
    • (3)
    • (1)
    • (1)
  • 6レビュー
制作 : Elizabeth Rolls  永幡 みちこ 
  • ハーレクイン (2011年8月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (350ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784596933867

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
キャサリン コー...
有効な右矢印 無効な右矢印

仕組まれた縁組 (ハーレクイン文庫)の感想・レビュー・書評

  • 賭けの代金の代わりとして伯爵ヒーローに嫁いだ盲目のヒロイン。
    前妻の男癖の悪さに悩まされたヒーロー、愛人も似たような性悪な女性を選ぶ辺り女を見る目がない。
    そのトラウマのおかげでヒロインにも本気になりたくないと冷たい態度をとる。
    優しくなったり冷たくなったりと忙しいヒーローの相手をさせられたヒロインが可哀想だった。
    ただヒーロー視点もしっかり書かれており、反省や後悔したりする姿が憎めない。

  • 事故で視力がほぼ見えない状態のペネロペが、双子の妹の代わりに、借金の片にと妹の振りをして伯爵の元に嫁ぎます。
    視力の事を知ったなりは痛烈な言葉と態度でしたが、その後は伯爵を始め屋敷中の人達が気遣いを見せ、読んでいても安心感がありました。
    二人が最初から思いあっていたにも関わらず、その事を認め合うことがなかなかできなくてすれ違うこともありましたが、大きなヒビが入るまではいかず、命を狙う敵に一緒に挑んでいき好きな流れでした。
    どっしりとした内容ではなく、軽く読めるので時々リピしてます。

  • 私的には可もなく不可もなくといったところです。
    全体の印象は穏やかに流れる川のようで、安心して最後まで読めます。
    ラストのヒロインが横恋慕されている男に攫われるシーンはは緊迫感がありました。
    安心して読める分、少し物足りない気がしたというのが正直な感想です。

  • 目の不自由なヒロインをいかにして結婚に持ち込むか、巧みな筋立てには楽しめました。しかし、煮え切らないヒーローです。何度もヒロインを傷つける態度をとり、もうちょっと懲らしめてやりなさいと言いたくなります。後半は陰謀がからんで緊張感ある展開に3.6★

  • この作品で、この作者が大好きになってしまいました。今の所、この人の作品、外れなしです。

  • フォリオット家の双子の姉ヒロイン。伯爵ヒーロー。急遽花嫁探しをすることになったヒーローが見初めたヒロインには問題があった。ヒーローの戸惑いや騙されたって気持ちはわかるがヒロインの健気な態度や明るく前向きな性格は彼を惹き付けるものだ。二人の結婚が前向きにすすみだそうとしてたのに彼らの邪魔をする狡猾な奴らのせいで大変な目にあったが 結果彼女に大きな贈り物がまっていたから良かったわ。

全6件中 1 - 6件を表示

仕組まれた縁組 (ハーレクイン文庫)はこんな本です

仕組まれた縁組 (ハーレクイン文庫)のオンデマンド (ペーパーバック)

仕組まれた縁組 (ハーレクイン文庫)のKindle版

ツイートする