公爵様とわたし―貴族社会の裏ジジョー4コマ (ハーレクインコミックス・エクストラ)

  • 13人登録
  • 4.00評価
    • (2)
    • (4)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 黒川あづさ
  • ハーレクイン (2011年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (179ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784596989055

公爵様とわたし―貴族社会の裏ジジョー4コマ (ハーレクインコミックス・エクストラ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ハーレクィンなのに4コマギャグ。
    4コマギャグなのにハーレクィン。
    こういうの、好きです。

  • 当初はおもいっきりギャグマンガだったのに、いつのまにか王道ラブロマンスに!(笑)
    でも四コマはハーレクインには珍しくって面白かったです。雑誌連載の時から読んでたので、最後にカップルが成立した時は感無量でした。長かったしな~

  • 落ちはハーレクインの定番つーか、王道なんだけど、プロセスを4コマにされるとなんか新鮮(笑)。ヒーローがヘタレでヒロインがある意味男前なのも、本家ではありえなさそうなので楽しめました。

  • ヨーロッパ西部某国、最後の大物独身貴族「ウォン様」と呼ばれているウォルフガング。見合いを断り続け、浮いた噂もない息子に、まさかゲイでは?と疑う父、ユアン公爵は、金髪巨乳のお色気美女・キャサリンを息子の専属執事にと送り込む。

    はたしてヘタレ公爵家後継とキャサリンは、公爵家の経営する老人ホーム(別名ウォルフガングの趣味の老人ハーレム)のアイドル・シェイカーさん(インド系ヒゲ美老人ときどき眼鏡)萌えで意気投合するのであった。

    シェイカーさんの息子スハーン(父を異常に愛する女装男子。マッチョ)が現れたり、ちんぴら不動産屋(坊主ヒゲグラサンマッチョ)に老人ホームを地上げされそうになったり、ウォルフガングに童貞疑惑がうまれたり、いろいろありつついつの間にかカップル成立×2組なハーレクイン四コマ。全体的に老人多め。

  • 4コマ・ギャグコミックだったのに…
    ラストは感動のラブロマンスに ! (笑)

全5件中 1 - 5件を表示

公爵様とわたし―貴族社会の裏ジジョー4コマ (ハーレクインコミックス・エクストラ)はこんなマンガです

ツイートする