夏の災厄

  • 53人登録
  • 3.60評価
    • (6)
    • (4)
    • (14)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 篠田節子
  • 毎日新聞社 (1995年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (381ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784620105222

夏の災厄の感想・レビュー・書評

  • 期待しすぎました。ウイルスについて分析したりしないのだろうか?イマイチうーん・・・です。

  • 埼玉県のある市で、日本脳炎と思われる患者が出現した。その数は瞬く間に急増するが、その死亡率・後遺症の高さは一般的な日本脳炎とはどこか違っていて…仕事であるために逃げることもできない「現場を駆け回る人々」と、対応の遅れやすい「お役所」の苛立たしい動きを描いた小説。子供のためにはこれでよかったのだという正しい答えや安心が得られにくい予防接種は、親としては毎回悩むだけに、他人事ではなかった。これから夏を迎えるというこの時期に読むと、恐ろしさがいっそう増す。

  • キーワード→日本脳炎

  • 舞台は埼玉の所沢よりももう少し山寄りの辺りにある架空の市です。ここから不明な疫病が発生して、主人公の冴えない市職員が微力ながらもその問題に立ち向かっていく小説です。
    魅力のあるヒーローは皆無ですが、実際にこういった問題が日本に起こったら、官はこの程度の対応しかできないだろうと考えさせられる現実味が強い小説です。
    後手後手に回った官の対応が歯がゆくて、これ一体どうなるんだよ・・・と思いながら読みました。
    篠田さんの作品の中では5本の指に入れたい作品です。(日テレでドラマ化されました)

全4件中 1 - 4件を表示

夏の災厄に関連する談話室の質問

夏の災厄を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

夏の災厄を本棚に「積読」で登録しているひと

夏の災厄はこんな本です

夏の災厄のKindle版

ツイートする