ブクログ大賞

レディ・ジョーカー〈上〉

  • 1386人登録
  • 3.75評価
    • (211)
    • (183)
    • (356)
    • (16)
    • (5)
  • 163レビュー
著者 : 高村薫
  • 毎日新聞社 (1997年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (426ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784620105796

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

レディ・ジョーカー〈上〉の感想・レビュー・書評

  • 2回目のレビューです。
    2回目なのに、ほとんど内容を覚えていませんでした。
    1回目はなぜかあまり内容が面白くなかったのかもしれません。

    こういった小説はジャンル的にほとんど読みませんが、
    とにかく面白い。
    登場人物の描写が細かく、みんな現実にいそうな人ばかり。
    どういった結末を迎えるのか、楽しみです。

  • 初めて読む高村氏の作品。有名な作品なので簡単なあらすじは知っていたが、ここまで長く、ここまで複雑多岐に渡る内容だったとは・・・(汗)
    冒頭の旧字体の手紙の箇所は、たまたま漢検一級の勉強中だったので難読漢字につまずくことなく何とか乗り越えられたが、途中何度も挫折しそうになった。
    上巻の半分を超えた辺りから事件が動き出すので読み進めやすくなる。その頃には会社の概要や経済・株式の説明箇所は少々斜め読みしても大丈夫なことを学習し、以降順調に読み進めた。下巻に続く。
    2015/12

  • 終りが遠ければ…。と思えるような本でした。なかなか、ありません。

  • 一兆円企業・日之出麦酒を狙った未曽有の企業テロはなぜ起こったか。男たちを呑み込む闇社会の凄絶な営みと暴力を描く。
    人間描写が深いところがすごい、
    長いし読むのがしんどかったけど何か物足りない感じ。

  • 絵に描いたような良心的刑事である合田の存在がリアリティーを下げている。しかし、長い話を読み進められるのは、彼の登場シーンがあるからだ。新聞社パートが無ければ、もう少しテンポが上がるのに、と思う。上巻のエンディングは、悲劇の予感しかしない物語で、彼だけが神に愛されていることを感じさせられる。

  • 非常に難しい内容、しかもボリューム満点。
    省けるとこあったんちゃう?
    26/9/6

  • 長いなあという感じで、読み終わりました。下巻の展開が、どうなるのか楽しみです。

  • 最初の手紙の部分が読みにくくて、ちょっと取っつきにくい。
    内容は面白いんだけど...

  • いきなり法文から入り、太平洋戦争後に書かれた男の手紙から始まる。旧仮名遣い、旧字。
    あとから振り返れば、確かに冒頭に持ってくるのが理解が早いなとは思ったけれど、いきなり、事件なのか何なのかもわからない、朴訥な男のつぶやきめいた旧字の手紙を数ページに渡って……
    この作者、読者への導入の気遣いというものが一切無く、ついてこられない奴はいらない、って切り捨てるタイプだな。と思った。

    しかも合田は後半まで出てこず……
    誘拐のあたりから疾走感があってよかったけれど、むしろ合田は刑事が出てくると鬱屈しそうだから、今はいらないって思うほどに誘拐のあたりはおもしろかったけれど、とっつきにくかった。
    しかしこの誘拐あたりからの疾走感は、『照柿』では得られなかった感覚。

  • 高村薫さんの作品を初めて読んだ。
    最初はあまり進まなかったが、途中から話の展開に引き込まれ、時間がたつのも忘れて読み耽ってしまった!

  • ・・・ああ・・・高村女史の本読んでると、今流行の作家さんたちの
    作品、吹けば飛ぶようだ・・・・(すみません

    助手さんたちもたくさん抱えてらっしゃるんだろーけど、
    ほんっとーに突っ込みどころが無いというか、色んな物事を完璧に勉強されているというか・・・。
    だけじゃなく、彼女のすごいところは、美術や、クラシック音楽などにも造詣が深いということ。

    彼女がクリスチャンだということにも通じるのかもしれないけど
    描く人物のひとりひとりが、ストイックで、静謐で・・・
    特に合田刑事。ううう(萌)
    彼女の出世作「マークスの山」でも大活躍だったけど・・うう(悶)

    合田刑事だけじゃなく、実に人物の描き分けがうまいし、饒舌。

    情景描写や、人物描写も隅々までされているので、まるで映画を観ているようです。

    ただ、さらっと読めないので、読み始めるのに一呼吸いるんだよねw
    今回、株の話がかなり出てくるので、ちょっときつかったっすw
    (株雑誌出してる出版社にいたくせに未だによくわからん世界だw)

    でも本当に勉強になるし、見事に「完璧な別世界」を魅せてくれる、稀有な作家です・・・愛して止みません。

  • 人質は350万キロリットルのビールだ―業界のガリバー・日之出麦酒を狙った未曾有の企業テロは、なぜ起こったか。男たちを呑み込む闇社会の凄絶な営みと暴力を描いて、いま、人間存在の深淵を覗く、前人未到の物語が始まる。

    「要求は20億。人質は350万klのビールだ。金が支払われない場合、人質は死ぬ。話は以上だ。」 一兆円企業・日之出麦酒を狙った未曽有の企業テロはなぜ起こったか。男たちを呑み込む闇社会の凄絶な営みと暴力を描く。

  • 終了日:2012・5・9、合田が城山の警護に回されるとことか…
    史ちゃんと義兄と合田さんの男3人で多摩川の堤で赤ワインのラッパ飲み、やっぱりいいよなぁ。
    ていうか文庫版でも「<ほ>の字」ってあったっけ?
    「検事は魅入られた口かな」とか!!もう!

    そして…そして話が動き出す五月七日…!

  • 個々に抱える鬱屈や問題から、自己を解き放つにはどうすれば良いのだろう。なにか突破口のようなものはないのか。
    「レディ・ジョーカー」の誕生の要因は誰しもが抱えている身近なものであり、その一線を越えるかどうかは理性に掛かっているのではないだろうか。

    人物たちの人生の履歴が、また別な人物の履歴と重なり合う時のストーリーの恐ろしさ。
    棲んでいる世界が一見違う筈なのに、厭なリンクを次々と織り成すさまは圧倒的だ。

    読後の感想としては、ワクワク感はない。沼の深くへ徐々に沈んでゆく感覚ばかりあった。
    娯楽に留まらぬ、見事な社会派傑作小説。

  • 内容が濃く、読むのにすごい時間がかかった。
    だけど面白かった。

    久しぶりに重厚なストーリーを読み、あーこんな小説って最近読んでなかったなと思った。

    犯人側・ビール会社側・警察側・新聞社側の社益の違いとその動きや、それに対応した登場人物の心理描写が交互に描かれていて今現在すべてを知っているのは自分だけなんだ。
    という事実の独占感が味わえた。小説の醍醐味か。

    最初の昔の字の長文の手紙から始まる物語はかなりきつかったがそれが終わればどんどん引き込まれる。
    読み飛ばしても問題はない。

    とにかく結末がきになる。

  • WOWOWでドラマ化されるので積読本を読み始める。マークスの山で出て来た合田が出て来た、しかし本庁から所轄署に異動しており何かドジを踏んだようだ、それは前作の照柿を読まねば分からないようだ。物語は食品企業恐喝事件だが、この作者の特有の粘着質な詳細な説明描写がまどろこしく、ついつい飛ばし読みになる。これらの布石が全てラストにスッキリ解決されるのだろうか、今まで作品を見る限り疑問に思う。下巻に続く。

  • 長い!そして複雑!集中して読まないと置いてかれ、会社、警察、新聞社、総会屋の組織毎に次々出てくる登場人物に混乱する。トーンは重くみっしり読み応えがあり、中盤近くで点から線になり動きが出てき面白くなってきた。下巻へ続く。

  • 冷血よりも合田さんが少し若くて、力がある。
    でも組織の中で浮いてるのは変わらないのね。


    新聞屋さんには絶対なれないなぁ…。

  • 文庫を先に読んだので、比較の為に読了。うろ覚えですが、レディ・ジョーカーグループの犯行の具体的な相談の部分とか文庫では結構削られてるような気が。個人的には削った方がその後のスリルが楽しめるので文庫の方が良かったかなぁ。あと半田からみた合田さんが明るい表現が使われてるような、特に駅前でばったり会った時。下巻は随分改稿があったようなのでどう違うのか楽しみ。

  • 難しい。
    一ページ目から難しい。
    一蹴されてしまいそうだったが、何とか踏ん張り淡々と進む物語を読んだ。
    上巻の終わりは先の展開が気になるようになっており、ここでも挫けそうだったが下巻を読んだ。

  • 読み応えもあり面白かった。六月くらいに読むといいかな。グリコ森永事件をベースとした小説、と言って良いのかな

全163件中 1 - 25件を表示

レディ・ジョーカー〈上〉を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

レディ・ジョーカー〈上〉を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

レディ・ジョーカー〈上〉の作品紹介

人質は350万キロリットルのビールだ-業界のガリバー・日之出麦酒を狙った未曾有の企業テロは、なぜ起こったか。男たちを呑み込む闇社会の凄絶な営みと暴力を描いて、いま、人間存在の深淵を覗く、前人未到の物語が始まる。

ツイートする