レディ・ジョーカー〈下〉

  • 1163人登録
  • 3.78評価
    • (190)
    • (161)
    • (307)
    • (14)
    • (2)
  • 127レビュー
著者 : 高村薫
  • 毎日新聞社 (1997年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (443ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784620105802

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

レディ・ジョーカー〈下〉の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 社会や人に巣食う大きな闇。その闇に何度も絡めとられそうになりながらも、ページを捲る手が止まらなかった。ミステリとしても人間の奥深さを描いた作品としても間違いなく第一級。いやもう、ほんっと生きててよかった、この本に出会えてよかった。いろいろな意味で素晴らしい余韻。義兄と雄一郎はイブに幸せになったんだと信じとく。

  • 読んでも読んでもすかっとせずにどんどんと陰気になっていくストーリー。
    ようちゃんだけが救い。ようちゃんとかももとかキャラ作りが素晴らしい。

    労働者問題、差別問題、搾取や地下で蠢く巨額の裏金、金融システム、権力と組織と個人。山ほど現実が盛り込まれていながら最後は合田の同性愛に行き着くという・・・。
    多分文中にもあったが、人間は感情なのだ。論理で理解するのではなく、感情で理解するのだ。

    最後の、結局どこにも抜け出せない人生。これはきた。

    終始低調で、劇的な突破口を作らずに終わる本作はこちらが考える部分も大きく、あとからじわじわ来るし、読み直したくなるが、
    マークスの山の方が個人的に好きだ。愛と悲しみを感じる。リズムとひかりを感じる。

  • クリスマスイヴが気になってしょうがない。

  • この作品の感想は上巻の方で。特に何かが書いてあるわけでもありませんが。

    ところで、高村さんの作品って、男同士の熱すぎる情が必ずありますね。
    既婚者だろうが工作員だろうがヤクザだろうが女装してようが。
    それで作者は女性なのかなと思ったのですが。
    (作者には然程興味がないので作者紹介はほぼ読まない。)
    この作品もそうだけれど、「李歐」は究極でしょう。あ、「リヴィエラを撃て」とか「黄金を抱いて翔べ」とかも
    結構なもんなんですが。社会派な作家なのに、高村薫と聞いて思い浮かぶのはまずそこです。

  • このタイトルがどこからきてるのか。
    深すぎて痺れる。

  • ストーリーの緻密さにはやはり舌を巻きます。
    ほんとにおもしろい!
    こんな骨太の作品は高村薫にしかかけないと思う。

  • 「グリコ・森永事件」を題材にした小説と世間一般には
    いわれている作品です。
    が、何分「グリコ・森永事件」について、当時幼かった
    のでそれ自身については考えず、
    企業恐喝+警察小説
    として読みました。
    上巻は企業恐喝を実行する5人の、実行に加わる
    動機にいたるまでの心情を、共通の趣味である
    競馬の丹念な描写に重ねて描いています。
    そして日之出ビール社長誘拐の実行。
    誘拐された社長自身の心情、恐喝された
    企業の身動きとれない現状等々が加わっていき、
    高村作品らしい緻密な描写が恐ろしいほど細かに
    かかれていきます。
    この事件を単なる現在の事柄への復讐劇に
    せず、戦後50年の日本社会の歪みが生んだ
    ともいえるものを背景に描いているところが、
    高村作品らしいなあと思わされます。
    作品は犯人たち、企業、報道、そして警察の
    視点から構築されていきます。
    高村作品お馴染みの合田警部補が、
    代金の受け渡しなく開放された日之出ビール
    社長の城山の警護役という名の偵察役に
    つき、任務の中で城山と心通わせたり、
    警察という仕事に熱意をもてなく脱線していく
    様子など、他の作品同様に、決して文体は
    軽くなく緻密。でもやはり読み出すと止まらない。
    読書に没頭したいときにお薦めの作品です。

  • 納得できない辛いことも、腹の中になんとか納めてそれでも生きていくしかない人生の不毛さ。事件を通して大きく変容していった男たちの生き方そのものに心を打たれた。

  • やっと読み終わったー!!長かった。
    上巻のときは何だかよくわかんなくてイライラしたけど、下巻になってからドンドン読み進みました。それでも大分時間かっかった。
    時間がなくて1日50Pずつくらいだったけど、時間があったら猛スピードで読んでたかも・・・
    金融の話とか未だにわからんけど、でも結構衝撃とかあったり、変な恋愛とかあったり、最後の締めも好きだったりして、個人的には満足です。

  • 以前から読みたかったレディ・ジョーカー(作者:高村 薫)。
    高村 薫の作品は「マークスの山」を読んでいてストーリーの構成力に感動したけど、このレディ・ジョーカーも同様素晴らしい。

    1兆円企業のビール会社が1947年の怪文書の発覚と部落出身者の父を持つ大学生の就職内定取消しが、ビール会社の社長誘拐につながり現金要求という脅迫が企業を襲う。

    この小説は単なる犯人達と企業側の葛藤だけでなく、警察内部の軋轢や事件を追う新聞記者、政治と裏社会の現実を卓越した筆致で丹念に描いていて読み応え十分である。

    手に汗握るジェット・コースター的な派手な展開はないが、事件に翻弄されながら登場人物達が過去の自分と訣別し、決断をしていく過程の描写に僕は引き込まれた。

    上下巻併せて869ページに亘る長編小説のため、じっくり腰を据えてゴールデン・ウィークに読む本としてはお薦めの作品です。

    映画化されているけど、ちょっと分かりにくいというのが僕の感想。もし、映画を観るなら小説を読んでからの方がいいと思う。ストーリーを追うよりは俳優達の演技、特に半田修平役の吉川晃司はニヒルでハマリ役だったと思う。

全127件中 1 - 10件を表示

レディ・ジョーカー〈下〉に関連する談話室の質問

レディ・ジョーカー〈下〉を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

レディ・ジョーカー〈下〉を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

レディ・ジョーカー〈下〉の作品紹介

犯罪が犯罪を呼び、増殖し続けるレディ・ジョーカー事件。犯人たちの狂奔と、それを覆い尽くす地下金融の腐臭は、いつ止むのか。そして、合田雄一郎を待つ驚愕の運命とは-高村文学の新たな頂点を記す、壮大な闇の叙事詩、ここに完結。

ツイートする