オルファクトグラム

  • 221人登録
  • 3.80評価
    • (32)
    • (44)
    • (47)
    • (5)
    • (0)
  • 41レビュー
著者 : 井上夢人
  • 毎日新聞社 (2000年1月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (553ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784620106083

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

オルファクトグラムの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • いかにもミステリィな導入部から、犬並み?“嗅覚” の獲得という展開に不安を覚えたが、面白かった!
    http://blogs.yahoo.co.jp/rrqnn187/13555319.html

  • 2014年10月19日に開催されたビブリオバトルinいこまで発表された本です。テーマは「顔」。

  • 高校の頃に読んだのをふと思い出して本棚に登録。また読んだら星つけますが、すごく印象深くて今もその世界のイメージを思い出せる。

  • 星3,5 犬以上の嗅覚を得た人間の、感覚の表現が興味深く読めた。

  • 「匂い」が見えるという、SF的な設定を詳細に描く文章力は流石です。リアリティーがありましたし、「嗅覚」に関する薀蓄も興味深く書かれていたので楽しく読めました。
    しかし、犯人を追いつめていく過程は迫力不足でサスペンスとしてはやや物足りない印象でした。

  • ある事件をきっかけに視覚を失い、代わりに鋭い嗅覚に目覚めた男が殺人犯を追う。

  • なんかすごい嗅覚もった人の話。

    文章自体は軽快でミステリーながらも難しく考えながら読む必要なくスラスラ読める。
    鼻。

  • ぼく片桐稔は、ある日、姉の家で何者かに頭を殴られ、一か月間意識不明に陥る。目覚めたぼくは、姉があの日殺されていたと知らされ、そして、鼻から「匂い」を失ったかわりに、とてつもない嗅覚を宿すことになった。姉を殺したヤツは同じ手口で次々と人妻を手にかけていき、ぼくは――。
    斬新な発想で独自の世界を築き続けてきた著者が、満を持して放つ、新たな衝撃作。(内容紹介)

  • 面白いらしいけど
    小生には合わなかった…

  • 厚さのある本ですが読みやすいです。
    主人公の特殊能力はすごく独創的なんですが、このぶっとび具合に対して、話全体は妙に地味な感じでした。読後は爽やか。
    作者さんは岡島二人のかたわれ。

全41件中 1 - 10件を表示

オルファクトグラムに関連する談話室の質問

オルファクトグラムを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

オルファクトグラムを本棚に「積読」で登録しているひと

オルファクトグラムの作品紹介

ぼく片桐稔は、ある日、姉の家で何者かに頭を殴られ、一ヶ月間意識不明に陥る。目覚めたぼくは、姉があの日殺されたと知らされ、そして、鼻から「匂い」を失ったかわりに、とてつもない嗅覚を宿すことになった。姉を殺したヤツは同じ手口で次々と人妻を手にかけていき、ぼくは-。斬新な発想で独自の世界を築き続けてきた著者が、満を持して放つ、新たな衝撃作。類書なき、嗅覚サスペンス。

ツイートする