本能寺〈上〉

  • 55人登録
  • 3.67評価
    • (3)
    • (8)
    • (10)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 池宮彰一郎
  • 毎日新聞社 (2000年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (307ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784620106137

本能寺〈上〉の感想・レビュー・書評

  • 美意識の強烈な信長、そして信長に才智が非常に愛された光秀。やや荒っぽく、この著者独特の解釈というか考え方が反映していますが、アレクサンドロスの時代より親しみがある時代だということ、そしてテンポの良さであっという間に読んでしまいました。信長という人物は本当に革命的、不気味なほどの合理主義者であったことが良く描かれています。

  • 信長擁護が気になるが、おおよそこんな史実なのでは、と思わせる説得力がある。下巻が楽しみ。

  • 上巻は長篠の戦いが始まるまで.信長,光秀などを独自の人物観で語っていてよく知られている史実でも新たな感動を持って読める.

  • 信長と光秀の出会いから始まる。歴史小説として、目から鱗みたいな部分もあり、信長と光秀の描写も説得力がある。引き込まれたが、終盤に裏切られる。本能寺に至る部分で他を俗説と切り捨てながらの内容は仮説にもならず、全く説得力がない。結末に持っていく為の伏線というより小細工が不自然。せっかく築いた信長、光秀像まで壊してしまっている。もったいないの一語。

  • この本は良くも悪くも説得力があります。
    作者が「絶対そうだ!こうに違いない!」と言った書き方をされているので、
    それを全部信じ込んでしまうのは危険ですが、
    新しい解釈に共感する部分もあったり、そういう考え方もあるのかと
    視野を広げられる点も多々あります。

    この本の特徴は「信長の美意識の高さ」があります。
    昔からの風習・習慣を嫌い、自分をある意味犠牲にしてでもそれを壊そうとします。
    だから信長=悪といった表現は一切ありません。
    私はこの本の信長がとても好きで、信長のイメージというと
    これを真っ先に思い出します。少々読みにくい所もありますが
    (解説が長い・話が急に飛ぶ等)、自信を持っておすすめ出来る一冊です。

  • 池宮彰一郎のなにがすきなのかと聞かれたら、説得力なのだと思う。史実をしっているのに読めないストーリー。明智光秀ってもしかしたらこういう人だったのかも・・・と思わされます。

全6件中 1 - 6件を表示

本能寺〈上〉を本棚に「読みたい」で登録しているひと

本能寺〈上〉を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

本能寺〈上〉を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

本能寺〈上〉を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする