ヴィーナス・ゴールド

  • 13人登録
  • 3.83評価
    • (1)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 山崎洋子
  • 毎日新聞社 (2004年8月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (435ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784620106861

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
奥田 英朗
湊 かなえ
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

ヴィーナス・ゴールドの感想・レビュー・書評

  • 一般庶民にはあまりなじみのない(と思い込んでいる)横浜のドヤ街を舞台とした物語。なじみはないが、リアルな描写に引き込まれた、終盤の謎解きはちょっと強引かなぁ。

  • うーむ、読み終わると何だかとても重たい話だった…。

    横浜の寿町舞台の話で、ピエロの格好をした女性を捜していくので、最初は「横浜メリー」さんがモデル?と思ったけど、全然違った…。

    流海と灯子、幸せになるといいな…。

  • 展開が読めず、ぐいぐい引き込まれるように一気に読んでしまいました。

    文体も自然で読みやすい。

    人間の悪の部分に触れた深刻なテーマだけど、それだけに終わらず最後は多少救いのある内容になっていたのでよかったと思う。

全3件中 1 - 3件を表示

ヴィーナス・ゴールドを本棚に登録しているひと

ヴィーナス・ゴールドを本棚に「読みたい」で登録しているひと

ヴィーナス・ゴールドを本棚に「積読」で登録しているひと

ヴィーナス・ゴールドの作品紹介

黄金の肌がなまめかしく輝くとき、横浜の秘められた歴史の記憶が、汚辱にまみれた愛憎のドラマが、闇のなかに映し出される-。黄金の肌が映し出す横浜の秘められた歴史。

ヴィーナス・ゴールドはこんな本です

ヴィーナス・ゴールドのKindle版

ツイートする