魂萌え !

  • 857人登録
  • 3.36評価
    • (36)
    • (158)
    • (245)
    • (33)
    • (11)
  • 178レビュー
著者 : 桐野夏生
  • 毎日新聞社 (2005年4月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (477ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784620106908

魂萌え !の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ありえん展開やんか、っと途中でつっこみたくなるのは小説を読みなれていないからかな。ノンフィクションばかり読んでいるからか。年を取ることって切実なんだな。孤独との戦い。年をとっても敏子のように情緒的に自立できていない場合、急な展開についていけなくなるが、女って強いんだと思った。

  • 女はやはりたくましかった…。ドラマのようなことは自分には起きないと思っていた…と主人公は言うけれど、平凡な日常にこそドラマはあるものだと思う。案外平凡って難しい。
    自分が敏子さんの立場になったら…と想像しただけでも、意外と計算してしたたかに考えてる自分がいるから、やはり女は逞しいのだ。
    でも、母って、妻って一体どういう存在なんだろう…。母性がなせるものなのかしら。

  • 主人が突然死した直後から起こる様々な問題…。遺産、愛人!!同居!?
    ‘何の取り柄もない専業主婦‘が右往左往しながら悩んでいる様子が他人事とは思えない…。
    人と人との触れ合いって、人が成長して行く上で欠かせないのね。
    私なら、どう心を整えるかな?

  • 読了日2011/04

  • まともな人間が出てこなくて読んでいてキツかった。我が強いタイプの主人公の友人の言動とか、夫の愛人とのバトルとか、会話が生々しくてつらくて。でも面白かった。
    斎藤学さんの著作でこの本が紹介されていた。主人公が段々と自分の心の中にあった怒りや、溜めていた感情に気づいていく過程が上手い。夫の死は悲劇だったろうけど、それをきっかけにして彼女は本当の自分のための人生への糸口を得たのだ。よかったね、旦那さんが亡くなって、と、そんな台詞を言いたくなった。

  • 図書館の福袋本。

    夫の死後に明らかになる愛人問題、相続問題、子供との溝。専業主婦として家庭という小さなサークルに居た敏子が、夫の死後、世間という大きなサークルの中で、いろいろな人と出会い、考え、刺激され、人として強くなっていく。


    身勝手な夫に、身勝手な息子。
    この親にして、この子ありの、そっくりな父子。
    読んでて腹が立つわ、腹が立つわ。
    まるで我が事のように、はらわたが煮えくり返りました(笑)。

    そして、本妻の前で悲しみに暮れる愛人にも、その無神経さにムカムカ。
    愛人は、何故そんなにも悲しみに浸れるのか。
    それは、裏切られた立場じゃないから。
    昭子の他にも愛人がいたら、昭子はそこまで悲しみに浸れただろうか。
    やはり敏子のように、隆之に裏切られたと腹を立てるのではないのか?

    なんとも身勝手な人々に、読んでて軽い疲れを覚えた。

    どこにでもありそうな話を、つまらなく感じさせること無く、どんどん読み進めたくなる作品に書き上げた、桐野夏生の文章力。凄いの一言です!

    読後、夫に。。。
    死後、携帯に愛人から電話がかかってくることなんてないよね??と。
    死を感じたら、愛人に「多分もう長くないと思うから、電話はしないでくれ」と伝えてから死ぬんだょ!と、思わず言ってしまった。

  • 夫に突然先立たれた還暦間近の女性の話。夫に愛人がいたことが分かったり、アメリカに行っていた息子夫婦が急に同居しようと言ってきたり…。
    私はまだ20代なので実感がわかないが、少し将来が心配になった。年齢を重ねてからまた読みたい。

  • 伴侶との別れはいつか来る。
    自分がこういう立場になったら、どうするかな?と思いながら読んだ。
    主人公(59歳の主婦)に対して共感できたことは少ししかなかったものの、彼女と同じ年齢になった時に再読したら、共感出来ることが増えていそうな気がした。
    201508 完読

  • 突然夫を心臓麻痺で亡くした59歳の主人公が、夫の死後自分の知らなかった夫の姿を知らされて狼狽えたり、子供達が遺産欲しさにあれこれ言ってきたり…の話。うちは子供がいないから遺産云々はないとしても、夫の死後に、夫の人間関係とか知らされるのは勘弁だなーやだなーと思いながら読んだ。

  • 59歳の女性が主人公で全く飽きなかったことに感動。
    家族含めすべていい人がでてこないことがいい。

    経験してこなかったことをたくさんしよう、
    こちらまで心晴れ晴れ。

    しかし解説で著者のブラックな部分へ入るのではとの文になるほどと納得し、さらに深さを感じれた。

全178件中 1 - 10件を表示

桐野夏生の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
伊坂 幸太郎
島本 理生
桐野 夏生
伊坂 幸太郎
東野 圭吾
伊坂 幸太郎
恩田 陸
東野 圭吾
奥田 英朗
伊坂 幸太郎
山田 詠美
吉田 修一
東野 圭吾
伊坂 幸太郎
桐野 夏生
東野 圭吾
宮部 みゆき
伊坂 幸太郎
絲山 秋子
三崎 亜記
奥田 英朗
有効な右矢印 無効な右矢印

魂萌え !に関連する談話室の質問

魂萌え !を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

魂萌え !を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする