めぐらし屋

  • 314人登録
  • 3.51評価
    • (29)
    • (58)
    • (76)
    • (20)
    • (1)
  • 80レビュー
著者 : 堀江敏幸
  • 毎日新聞社 (2007年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784620107110

めぐらし屋の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 味わい深い文章がいいです。とても。味わい深い、などという月並みな言葉でこの良さを表すこと自体、自分をふがいなく感じるほどに。よどみない、息の長い一文一文が、その長さを感じさせない心地よさをもって沁みいります。
    この本に出逢えた幸運に感謝。

  • 主人公はからだが弱く、おっとりやさんの独身アラフォー女性、蕗子さん。
    両親とも亡くなり寄る辺ない身の上の、なんとも頼りない彼女だが、
    子供の頃からの親友や、会社の同僚は気の置けない優しい人たちで、
    何かと彼女を気に掛けてくれる。
    そんななぜか放っておけない蕗子さんは、
    やはり父親似で、めぐらし屋の仕事はきっと性に合ってるに違いない。

    上品な文章で、特に話し言葉が美しく、女性が書いているような印象を受けた。
    病弱な蕗子さんの体調の描写が多く、重苦しくなりがちな部分もあるが、
    全体で見れば彼女の人の良さが前に出て、のんびりおだやかなお話。

  • 新聞の日曜版に連載されていたものなのですねー。
    なんて贅沢な。
    冒頭の置き傘のエピソードといい、主人公「蕗子」さんの名前も、体調を気にしながらの行動も、年齢的に近いものを感じながら読んだ。
    平行してエンタメ系の小説を読んでいたので読み心地の差がはっきりと分かって、堀江氏の作品はありがたいなーなどと思った。
    文章の間に読者の記憶をめぐらせる余地を感じて読んで豊かな気持ちになった。 最終章の冒頭の池の描写とかもう圧倒的。
    終わり方めちゃくちゃかっこよかったー。

  • 好きか嫌いかで言ったら好きな方ではありますが。
    作中の気圧が低い(雨だったりどんより曇りな感じと、主人公の低血圧っぷり)ので、元気な時で良かった。
    しかしその割にはふんわりした優しい感じ抜けた感じもあって不思議な読後感。
    とくにはっきり何か問題や事件があってそれが解決するような話ではないので、もやもやする人はするかな。
    まだ1冊しか読んでないけど、脳内の「よしもとばなな・川上弘美・小川洋子」ラインに仮置きしとく。

    装幀 / 有山 達也
    初出 / 『毎日新聞』日曜版2006年4月2日~9月24日

  • ん?豆?
    黄色が素敵です。
    人のしゃべった言葉から、蕗子さんが思い出したものから、ぼわぼわっとわたしの想像が広がってしまい、なかなか読み終わらなかった。気持ちがはるかかなたにいて、多少読み飛ばしてしまっても大丈夫なおおらかさ。想像力がめぐりめぐるという意味ですね、めぐらし屋。

  • なんかこれ、読んだかも。

  • 面白い。難しいけど。ふわふわした、芯の通った、読み終わってなるほどと思わせてくれる話。雰囲気が素敵。

  • 疎遠になっていた父の遺品整理に訪れたアパート。そこで見つけた「めぐらし屋」と書かれたノート。偶然かかってきた電話を取ると「めぐらし屋」あての依頼だった。父を知る人を訪ね、今まで知らなかった父の一面を知る。特にドラマがある訳ではない。けれど流れるような文章がとても綺麗で温かい。初めて読んだ作家さんですが、もう少し、この文章を楽しんでみたいと思いました。

  • 女性作家の方が文体が合って読みやすい事が多いのだけど、堀江さんは別。じんわり沁みてくる、静かでいい文章だと思う。

  • 堀江さんで読んでいない作品が沢山あります。

    これもその一つ。

    ざっくり言うと
    お父さんがやっていためぐらし屋を巡る、
    娘、蕗子さんの物語。

    蕗子さんの名前の由来然り、
    会社の後輩の重田さんの抜け加減然り。

    相変わらず精緻な文体から浮かぶ
    登場人物たちが静かで知的なんだよなあ。

全80件中 1 - 10件を表示

堀江敏幸の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
山崎 ナオコーラ
森見 登美彦
角田 光代
吉田 修一
劇団ひとり
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
川上 未映子
川上 未映子
絲山 秋子
村上 春樹
村上 春樹
カズオ イシグロ
堀江 敏幸
伊坂 幸太郎
有川 浩
堀江 敏幸
瀬尾 まいこ
青山 七恵
森見 登美彦
有効な右矢印 無効な右矢印

めぐらし屋を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

めぐらし屋を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

めぐらし屋の文庫

ツイートする