晩夏のプレイボール

  • 624人登録
  • 3.43評価
    • (44)
    • (77)
    • (190)
    • (18)
    • (2)
  • 98レビュー
  • 毎日新聞社 (2007年7月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784620107172

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

晩夏のプレイボールの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 甲子園なんて口に出すのは
    恥ずかしいけど、野球をやっている人なら
    一度は想う場所。

    実力的に程遠くても過程で
    いろんなことが起こっているんだろうなと
    感じさせるような物語でした。

  • 表紙は甲子園のような感じですが
    さまざまな人からの『野球』が書かれていて
    飽きずに読めます。

  • あさのあつこの書く「野球」が凄く好きです。
    野球ってテーマのみでこれだけの短編が書けるのは凄い!
    青春っていいなーって思える本です。

  • 「野球」を通して見る人間の姿がよかった。
    同じものを求めていても、それぞれが全然違うことに魅力を感じる。

  • 「練習球」「驟雨の後に」「梅香る街」「このグラウンドで」「空が見える」「町の風景」「雨上がり」「ランニング」「東藤岡商店街」「練習球?」。
    野球というスポーツが纏う特別な力を再確認させる短編集。野球ってなんでこうも人々を熱くさせることができるんだろう。読んでるこちらも熱くなる。野球を題材にした作品ってドラマチックすぎて白けたり、逆に冷めすぎてて面白くないことが多いけど、この短編集の作品たちにはどちらも感じなかったと思える。野球ドラマもまだまだ捨てたもんじゃないなと思わせてくれた。ちなみにバッテリーは読んだことありません・・・

  • 野球球児って1番青春してる気がするのは私だけでしょうか。本当の野球には興味はあまりないですが、本で読むと輝いて見えます。眩しいくらいです。
    短編もティーンが主人公じゃない話もあり、野球を頑張ってきた人たちのささやかな話という感じが良かったです。

  • あさのさんによる野球の短編集。主人公は中高生の少年少女(元も含む)甲子園に行っても行けなくても目指せなくてもいろいろ悩みがある。特待生問題で揺れたことを考えながら読むと深いかも

  • 野球が主題の短編集。どの話も短いながらぎゅっと野球への想いが詰まっててじぃんとくる。
    「驟雨の後に」と「ランニング」「東藤倉商店街」がすき。野球が大好きでたまらない、そんな想いが強く強く胸を打ちます。野球って、いいなぁ。

  • 野球にまつわる短編集。
    滂沱。
    野球が好きだから、それに対する強い想いを感じると泣いてしまう。
    やりたくてもできなかったり、挫折したり、応援したり、魅せられたり。
    いろんな形での野球との係わり。
    野球は一つのファクターに過ぎないんだけど、野球に興味のない人が読んだらどうなんだろう。
    やっぱりあんまり心には響かないのかなあ?

  • いろいろな青春といろいろな人生が
    野球を通して描かれていて、
    みんながそれぞれ繋がって
    野球はこんなにも愛されてるんだなあと思った。

    軽快なタッチで、織り交ぜられる物語には
    他の著書で見受けられる核なるものが
    この作品には見えず残念。


    それでも少年少女、かつての少年少女たちの
    ふつふつとした思いを感じられたので
    読んでよかったのかもしれないとも思えた。

    絵本のような一冊。

全98件中 1 - 10件を表示

晩夏のプレイボールに関連する談話室の質問

晩夏のプレイボールを本棚に「読みたい」で登録しているひと

晩夏のプレイボールを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

晩夏のプレイボールのAudible版

晩夏のプレイボールのKindle版

ツイートする