結界の森へ (ミヤマ物語 第二部)

  • 142人登録
  • 3.69評価
    • (8)
    • (27)
    • (25)
    • (1)
    • (0)
  • 20レビュー
  • 毎日新聞社 (2011年4月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784620107264

結界の森へ (ミヤマ物語 第二部)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 運命の糸に導かれた二人の少年ハギと透流は、殺されかけたハギの母を救うため、得体の知れない闇の世界「ウンヌ」へと旅立つ。

  • 登録間違いのため修正

  • 透流はハギの母を救うため、二人して再度『ウンヌ』向かう。

    階級制の厳しい世界の最下層で、苦役に喘ぎながらも強く生きているハギと知り合い、いじめにあって不登校になっていた都会っ子透流も、次第に強くなってゆく。

  • 児童文学のジャンルに分類される作品でも
    充分、大人が読むのに耐えうる名作も多いけれど
    こちらは、大人が読むにはちょっと…です。
    子供向きにはとても丁寧に描写されていると思います。

  • ファンタジー好き

  • ハギとトオルが出会い、物語は加速していく。草代さんが頼もしい。トオルもハギと出会ってから、急にしっかりしてきた感じがします。いじめや偏見や差別の他、家族や友人との絆や暖かさ、信じる気持ちの大切さなど、とてもメッセージ性のあるお話だなと思いました。でも押し付けがましくないので、お話を楽しみながらさらっと読めます。最終巻も楽しみ!

  •  あさのさんの作品によくある男の子二人の主人公。それぞれの世界で不平等や差別や理不尽なことがある。それに立ち向かっていく主人公たち。3弾が完結編らしい。二人がそれぞれの世界をどう生きていくのか期待。

  • 透流(とおる)とハギの出会いは,ウンヌの世界を変える大きな流れとなっていくようです。たよれるお手伝いさん草代さんが好きです。
    続きが早く読みたいです。

  • ウンヌのハギと雲濡にきた透流の話
    まさかこれでおわりでは・・・と思ったら続きがあるって
    未完、続きまち

  • 第二部。でもまだまだ話は始まったばかり感(いい意味で)。
    ウンヌの世界、厳しい身分制度のある世界でハギより身分が上でも、ちゃんとした大人がいるんだ、と。
    ああ、第三部もまた3年かかるのかしら。。。

全20件中 1 - 10件を表示

あさのあつこの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
高野 和明
あさの あつこ
あさの あつこ
あさの あつこ
あさの あつこ
あさの あつこ
あさのあつこ
あさの あつこ
恩田 陸
有効な右矢印 無効な右矢印

結界の森へ (ミヤマ物語 第二部)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

結界の森へ (ミヤマ物語 第二部)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

結界の森へ (ミヤマ物語 第二部)を本棚に「積読」で登録しているひと

結界の森へ (ミヤマ物語 第二部)のKindle版

結界の森へ (ミヤマ物語 第二部)のオンデマンド (ペーパーバック)

ツイートする