翼をください

  • 454人登録
  • 4.21評価
    • (86)
    • (105)
    • (31)
    • (2)
    • (1)
  • 87レビュー
著者 : 原田マハ
  • 毎日新聞社 (2009年9月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (480ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784620107455

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

翼をくださいの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 読みはじめは、この話おもしろくなるのかな?とちょっと不安を感じたりもしたのですが、高揚感のあるロマンチックなお話でした。

    ゼロ戦が素晴らしくすぐれた飛行機だと「永遠の0」で百田氏も書いておられましたが、その直前の日本でこんな逸話があったんですね。
    世界で初めて世界一周飛行をなし得た純国産飛行機「ニッポン」とその乗組員たちの物語、この部分は実話ベースです。
    最近、国産飛行機のニュースあったけど、こんな史実ぜんぜん知らなかった。

    物語は、世界一周に挑戦するも太平洋上で失踪した女性パイロット(こちらもモデルが実在)のドラマチックな生き方と、1939年の「ニッポン」の世界一周飛行が絡んで展開していきます。

    エイミーが、そして「ニッポン」が海を越え陸を越えるたびに、気持ちも飛翔していくようで、どんどんページが進みました。
    世界はひとつ。
    アインシュタインの手紙と、ジュンペイのラストのあいさつ、泣けました。

  • しみじみといい本だった。

    戦前に純国産の飛行機で世界一周を果たした7人の日本人乗組員。その中のひとり、新聞社のカメラマンの山田順平。
    それよりも前に世界一周をめざし、あと少しのところで消息を絶ったアメリカ人女性パイロット、エイミー・イーグルウィング。
    飛行機が好きで、飛ぶことが好きで、空からまた先々の国を自分の目で見て人々に伝えたいと願った2人の人生を描く。

    本来、交錯することのなかったはずの人生が不思議な運命に操られるように出会い、また離れていく。
    前半はエイミーの、後半は順平の姿を中心に描かれる。

    今まで読んだマハさんの作品と違って、結構長いし、冒険小説でもあり、歴史上の出来事を下敷きにした重厚さも感じる。
    けれどやっぱり登場人物がいい。
    どの人も志を持ち、誠意をもって自分に与えられた仕事を成し遂げようとする。その中で人間の持つ弱さや困難を克服し、周りの人に対する信頼と誠実さがきらめく。

    機長の中尾さんに憧れる。通信士のトビアスも。
    どちらもぶれない。本当に大切な人やものを最後まで信じ抜く才能。他人に対する温かい目。
    もちろん自分自身に対する自信も持ち合わせている。
    エイミーも本当にタフ。

    すべてがハッピーエンドとはいかないけれど、未来に対して希望の持てる描き方で、読み終わった後にさわやかな気持ちになる。

    こんな人最近どこかで見たなぁと思っていたら、気づいた。
    キムタクのドラマ「Priceless」に出てくる草刈正雄演ずる投資会社の社長。
    この人も人を見る目があって仕事ができて、洒脱な感じのする人。
    ステキだった。

  • こんな大作を読みのがしていたとは…すっかりはまりました。でもどちらかというと、前半部分。アメリア・イアハートという伝説の人も、日本の飛行機が世界初世界一周を成していたことも、全然知らなかった。まだまだ世の中は知らないことばかりだ。
    2014/6/20読了

  • 書評でアメリア・イアハートがモデルと書かれているのを読んで、何も考えずに買ったのですが、当りでした!
    (実は、とあるマンガの主人公の名前が、アメリア・イアハートから採ったと聞いて、ずっと気になる存在だったのです)

    一つのコトを遣り遂げるために邁進する。その美しさがよく表された作品です。

    それから、どーでもイイ話ですが、原田マハの名前が、いつも浜田マハになってしまうnyancomaruでした。。。

  • 面白かった。
    戦前の日本人が飛行機で世界一周飛行をするという
    実際にあった出来事をモデルとした話。
    これまた実在していたアメリアイアハートという女性パイロットも登場します。
    少ししらべてみたら、イアハートの捜索は今でも続いているのだとか。

    私は飛行機が物凄く苦手で、国内線に乗るだけでもヒャーヒャー言ってしまう。
    物語を読んでいる分には気持ち良さそうだなぁと思うのだけれど、やはり長時間飛行機に乗ると想像しただけでも恐ろしい。

    皆、“空を飛ぶ”という事に憧れや希望を抱いており、飛行機嫌いの私でも空を飛ぶって素敵かも!
    と思わずにはいられませんでした。

  • あぁ おもしろかった
    と しっかり人に伝えることのできる
    一冊です

    人物 時代背景
    そして いつものように
    自分の五感を通した取材が
    きめ細かく随所にちりばめている
    これぞ 原田マハさん

    原田さんの織りなす物語の中に
    すっかり入っていける読者は
    至福の時間を持てますね

    いつものように
    ちょっと脇役の登場人物が
    魅力的です

     

  • は~~面白かった~。冒頭から苦手なジャンルだしちょっと読みにくそうだなと思ってたのに いつの間にかニッポン号の乗組員たちと心は共に(^-^)日本製の飛行機で世界一周という大きな目標に向かって夢中で読み進めていた。米国女性パイロット・エイミーのくだりや、後半のニッポン号の試練の場面など随所でハラハラドキドキ!これがデビューして間もない頃のマハさんの作品とは思えない程の壮大さがあり読み応えがあった。 エイミーのモデルで実在の人物アメリア・イアハートが世界一周の志半ばにして消息を絶った事実は今でも謎らしく
    様々な憶測が飛び交っているとのこと。思わずウィキペディアやらその他のサイトを見まくってきた(笑) それにしてもエイミーとアインシュタインとの交流の場面は良かった。彼の言葉も印象的だし。“世界は一つじゃない。だからこそ大事なのは共存すること”

  • 大きなテーマで作品を仕上げているなぁ、と。読み進めていくと、あれ?どこかで聞いた話・・・。そして再度、装丁の写真を見てハッ、と気がつく。英語のテキストを引っ張り出して見たら、同じような白黒の写真が・・・。私の手元にある英語のテキストはdisappearedと書かれていた。が、原田さんはlostと表現してから展開し、心温まる内容で纏め上げている。お見事!

  • レビューも見ず、読み始める…ぐいぐい引き込まれて一気に読了!おもしろかった〜

    フィクションだけど、史実に忠実に書かれているようです。歴史や背景もちょっと調べてみたくなりました。

    それにしても、原田マハ作品はおもしろい!私の中で、まだまだブームが続きそう。

  • 新聞記者の翔子が見つけた一枚の謎の写真。
    第二次世界大戦勃発直前に
    初めて世界一周をした純国産飛行機「ニッポン」号に秘められた真実。
    同じ時期に世界一周半ばで行方不明となったエイミー・イーグルウィング(モデルはアメリア・イアハート)との関わり。
    史実とフィクションを織り交ぜた壮大な大河小説。

    退屈しちゃうんじゃなかろうかと思いきや
    まったくそんなことはなく
    グイグイと引き込まれた。
    原田マハさんがこういう小説を書くとは。
    嬉しい驚き。

    欲を言えば(私の好みでは)ラストになにかしら
    彼女のその後を匂わせて欲しかったけれど
    あえてそれを描かないのがいいんだろなきっと。

    【図書館・初読・10/1読了】

全87件中 1 - 10件を表示

翼をくださいを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

翼をくださいを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする