蒼き信長 上巻

  • 45人登録
  • 3.55評価
    • (2)
    • (7)
    • (11)
    • (0)
    • (0)
  • 10レビュー
著者 : 安部龍太郎
  • 毎日新聞社 (2010年1月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (312ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784620107493

蒼き信長 上巻の感想・レビュー・書評

  • 安部龍太郎さんの「信長燃ゆ」が好きだったので、それの青年時代の話かと思って手に取ったのだけれど、あんまりだった。

    さらっと、信長誕生前後の父親の活躍から桶狭間の少し後までを少ないページ数で扱っているので、歴史の教科書みたいで、何の感想も持てなかった。。。

    信長燃ゆを楽しんだだけに、残念。

  • 前半は信長の父親の話から始まり、信長が生まれてからのエピソードを丁寧に追っている。

  • 若き織田信長について書いた本で、織田信長が生まれたところから、稲葉山城を攻めて、美濃を手中に収めるところまでが書かれています。

    信長は子だくさんでありますが、これは父の織田信秀を始めとして、一門を大事にするから、としています。

    一般に、信長は弟である信行(信勝)を弑逆したり、尾張を統一する過程で、同族と戦ったりしているため、非情なイメージがありますが、この本ではギリギリまで許そうとしている寛容な信長がいました。

    桶狭間の戦いが通説とは異なり、特徴的な内容となっていました。

    ↓ ブログも書いています。
    http://fuji2000.cocolog-nifty.com/blog/2015/04/post-595a.html

  • 中学時代から信長好き。あの頃読んだのは山岡荘八だったか。微妙なディテールの違いはあれど、大筋はやっぱり同じ。それでも楽しめるのは、やはり好きなればこそか。

    序章は信秀(父)のストーリーなので、そこは新鮮味あり。でもやっぱり好きなのは信長の話(笑)

  • 面白い!
    信長の父親「信秀」が生き生きとしていた
    最後の2年の病気とそれに乗じた政子らの陰謀に
    自分の本拠地を飛び出してでも自分の生きる道を
    切り開いた生き様がすごい!
    後編が楽しみ!

  • 信長の少年時代から桶狭間までを描く物語。
    信長はある一時までは真面目で誰よりも父を尊敬する少年として描かれている。このような少年・信長の表現の仕方は非常に画期的。
    熱田・津島の賑わいや、近隣諸国と外交戦もまるで目の前で繰り広げられているような臨場感。
    非常に読み応えのある作品です。

  • 本能寺の変公家陰謀説派の安部龍太郎だから敬遠してたけど、本能寺まで進まなければ関係ないことに気付いた。
    でも信秀の最期が何か可哀想なことに。
    恒興母も可哀想なことに。
    濃姫は勇ましい。戦友。
    しかしやっぱり織田夫婦は仲が良い方が個人的に好き。

  • あまり語られなかった信長の父の時代や、信長の幼少期を丁寧に書いている
    新鮮な信長記

  • 信長の本ですが、前半は父信秀の話。

    今川義元が、兄氏輝の跡をついだのが、18歳。しかも僧籍に入っていて、後継者争い(花倉の乱)に勝ってのことだったというのを知らなかったので、とても興味が湧きました。

  • 信長について、もっと知りたい

全10件中 1 - 10件を表示

蒼き信長 上巻を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

蒼き信長 上巻の作品紹介

"信長、先頭切って突き進むだぞ"尾張守護代の一家臣の身で三河、美濃を席巻した仁義を知らぬ信長の父・織田信秀の合戦に明け暮れた破天荒な人生。そして家出少年・信長の放浪の日々。

蒼き信長 上巻のKindle版

ツイートする