ひそやかな花園

  • 1662人登録
  • 3.60評価
    • (92)
    • (303)
    • (274)
    • (42)
    • (8)
  • 276レビュー
著者 : 角田光代
  • 毎日新聞社 (2010年7月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784620107561

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
川上 未映子
朝井 リョウ
角田 光代
伊坂 幸太郎
三浦 しをん
角田 光代
三浦 しをん
村上 春樹
伊坂 幸太郎
角田 光代
池井戸 潤
伊坂 幸太郎
東野 圭吾
湊 かなえ
村上 春樹
角田 光代
角田 光代
冲方 丁
村上 春樹
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

ひそやかな花園の感想・レビュー・書評

  • すごいミステリーな感じで始まり読む手が止まらず。
    でも途中で謎がわかってくると少し違和感があった。

    男性に原因があって子供ができない場合、精子バンクを使う事が果たしていいのか?
    私は女なので男の気持ちはわからないけども本能というか男という性質上、他人の遺伝子で子供を作ると言う事が男にとっての苦痛なのではないかと思ってしまう。
    子供連れの再婚とかとはまた感覚が別で愛する人が今、他人の精子で子供を産むと言う事を果たして心は受け入れるのかと思ってしまった。
    世の中には受け入れれる人もいるんだろうけど、私が男だったら無理かもしれないな。
    それならいっそ、まったく無関係の子供を引き取って育てる方がずっと心の負担がない気がする。
    その立場にならないとわからないし、私は女だから絶対に理解できないんだけどね。
    ただ子供が欲しいと願う女性の気持ちは痛いほどわかる。
    そんな事を考えながら子供たちのいろいろな気持ちにも共感しつつ読んだ。

  • 一歩踏み出すこと。
    そしてその結果を引き受け、乗り越えてゆくことの大切さ。
    そんなメッセージが込められた本です。

  • 非配偶者間人工授精(AID)で生まれた子どもたちと、生んだ親たちのアイデンティティの物語。恐らくメインテーマは家族の在り方だけれど、私には以下のように響いた。

    AIDで生まれたという特別な環境の子どもを描写しているけれど、そこに描かれる心情はどんな生まれ育ちの人でも同じく持つものだと感じた。自分を空っぽに思う気持ちや、相手との不幸比べを心の中で繰り広げ安堵を探す気持ち、人と違って何かが自分には欠如しているのかと疑う気持ち…ネガティブな気持ちを彼らは特別な出自のせいにする。でもそれは違うと、同じく特別な出自の旧友の存在や発言から気づかされる。
    読者も同じく気づかされる。ネガティブな気持ちを何かのせいにして、身動きが取れなくなっている自分に。AIDを主題としながらも、人間に共通した心の弱さを学ぶことに重きを置くべき作品。

    これを効果的にしているのは、章毎にクローズアップする登場人物を変え、多角的な視野で読者に物語を見せている点だけではなく、その登場人物たちを自分を律している人とそうでない人に、明確に分けている点だろう。それぞれの登場人物みんなに陰と陽が内包されているのではなく、波留は陽寄り、紗有美は陰寄りといったように、人物に役割がある。読者は自分の中の紗有美的な部分を直視させられ、波留の歌に救われる。

    重たいテーマに加え、僻みや意地悪な心も見えどっしりとしているが、ラストは救いに向かって進み、温かみも感じる気持ちの良い作品です。

  • 年に一度、いくつかのファミリーが集まって過ごした幼い頃の記憶をたどり、当時子どもだった男女が集まって、自分たちの出生の謎を解いていく。それは、配偶者との子どもに恵まれず、他人の精子で子どもを産んだ夫婦たちの集まりだった…。
    というストーリー展開そのものよりも、非常にナーバスな問題について考えさせられるところが大きかった。

    日本では違法であることを承知の上で、血のつながった子どもを切望する夫婦の気持ちは、よくわかる。子どもを持つことは、何物にも代えがたいものだと実感しているから。
    でも、それは単に自分の子を持つということ以外に、将来的に深刻な問題が潜んでいる可能性のあることを、夫婦はどこまで理解し覚悟しているのか。
    自分の卵子で妊娠出産を経る母親と、子どもが成長するにつれ、自分の遺伝子をまったく受け継いでいないことを突きつけられる父親と。その精神的なギャップは年々拡大していき、やがて夫婦の関係は崩壊し、子どもへの虐待にまで及ぶ。
    また、最初のうちは正義感に溢れ、人助けの精神を貫いていた医師が、徐々にずさんな形で精子の提供を受け入れていくようになったら。例えば遺伝的な病気や、知らないところでの血のつながりなど、生まれてきた子どもにとっては、取り返しのつかない大きな問題を抱え込むことになる。
    そして、医学的な父親が誰だかわからないことを知った、子どもの気持ちは。

    小説のなかでは、考えうるトラブルをさまざまな角度から提示している。自分たちで選択したものの、腹をくくり切れず、がたがたと崩れていく親たちの姿を見ていると、結局は無い物ねだりをお金で解決した結果なのかとも思えてくる。
    現実として、子を持てないことを悩み苦しむ夫婦も少なくない今日、安易に善し悪しを言うのではなく、難しい問題として考えさせられた一冊だった。

  • 読み終わって、今はちょっと複雑な心境。

    出生の秘密は、親が引き受けた以上、子に伝えるべきなのか、そこにとっても引っかかってしまった感じ。
    今回のような、非配偶者間の人工授精での出産は、親が決めたこと。
    子には、それを選ぶことはできなかったわけで、最後まで、普通に授かった子であったように育てていくことを選ぶ方が良かったのでは、と思ってしまいました。
    また、夏のキャンプも、同じ境遇の親が、悩みを打ち明けられる仲間を持ちたい、と言う気持ちも分からなくもないが、子の立場に立てば、そこも含めて、覚悟を決めるべきで、行うべきではなかったのではないか、とも思ってしまいました。

    遺伝的要因のある病気を持ってしまった波留についても、その必要があったと言えばそうかもしれないが、知ったところで、それを受け入れられるのか、とも思ったり。

    血のつながった子たちが、それと知らずに出会い、恋愛に至ってしまうことがあるかもしれないという怖さ、後半になって、自分の考えになかった可能性をも知り、私個人としては、非配偶者間の人工授精には、否定的な考えに至りました。

    子供を普通に授かり、また、普通に親に育てられた経験しか持たない私には、分かりえない、難しい問題なのだと思います。
    偉そうに語るべきではないですが、自分の記録として残しておきます。

    登場人物の心情は、さすが角田光代さん、手に取るようにわかり、何度か、感情移入してしまうこともありました。

    前向きな形での終わり方に、救われた気持ちにはなりました。

  • 読んだあと、あまりいい気持ちにはなりませんでした。

  •  はじめのうち、短い間隔で軸の人物が変わるので、ペースに慣れるのに時間がかかったけど、とても面白く読めました。子どもを産むということについて考えさせられるおはなしなので、子どもが欲しいとか、妊娠中等…そんな時期を迎えている女性に読んでもらいたい! いつか自分の子どもにも、結婚・出産を考えた時に読んでもらいたいな〜。
     図書館で借りて読んだ本だけど、やっぱり自分でも買いたいと思いまあす!

  • 人工授精の話。結構早い段階でネタバレし、大きな展開もなく、登場人物の感情描写が細かに描かれるタイプなので、ちょっと飽きてしまって読むのがしんどかったです。登場人物に共感できれば面白く読めたのかもしれませんが、なんとなく登場人物全員が主観的というか、自分本位な印象をうけてしまい、入り込めませんでした。うまくまとまったように見えてスタート地点からあまり動いてない感じのラストで微妙な読後感でした。テーマに共感できなかっただけかもしれませんが。。元気のないときには遠慮したい作家さんかもしれません。

  • 生まれてきた経緯や家族のせいではなく、この世に生まれてきた以上、自分で扉を開いていかなければ何も始まらないのだと教えてくれる一冊。

  • まあ面白かった。この人の話は読みやすい。最後、救いのある終わりかたをしたのでよかった。一番ネガティブだったさゆみが、最後に「父」にあててかいた手紙、弾の結婚式ではるが歌ったのが素晴らしかった、こういうことを感じられたのは、自分が生まれてきたおかげだ、と書いていた。昔子どものときにキャンプで同じだった子どもたちが大人になって集い、どういう集まりだったのかを探っていく中で傷つき、そしてそこから一皮むけて前向きになっていく、みたいな話で、ちょっと感動した、一応。

  • ストーリーは、謎とき感も少なく、
    感動とかも少ないけれど、
    角田さんは、寂しさだったり
    なんで私ばっかり、というような何気ない
    日々の生きていく辛さみたいな描写が
    抜群だなぁっといつも思います。

    「無敵な気持ちになれる」という表現が
    何回か出てきて、
    ソラニンでも、なるおちゃんが、
    ギター弾いてるときだけ、おれは無敵だと
    思えるんだよね、と言ってたけど、
    大人になってからでも、
    たとえそれが金にならならないことだとしても、
    何かをしているときだけ、
    無敵な気分になれるっていうのは、
    大切にすべきことだなと思います。

  • 一気読み。
    装丁に一目惚れして借りたから、思ってた内容とは大分違って少し戸惑いはしたけれど、読めてよかった。出会えてよかった。

    私には私の世界がある。
    私にしか見えない世界がある。
    私は、私として生きている限り大丈夫なの。他人と比べて落ち込む必要なんてこれっぽっちもないの。

    どう生まれたかではなくて、どう生きるか。
    どうすればいいのかじゃなくて、私はどうしたいのか。

    怖がって逃げてばかりいるのか。それとも、なにかを信じて一歩を踏み出すのか。全部全部私次第。

    はじめたらもううじうじなんてしてられない。
    だってもうはじまっているんだから。

  • 精子バンクで精子の提供をしてもらい子どもを産む。
    そして、自分がそのようにして生まれた子供だと知る。
    読んでいる時の自分の状況によって、誰に感情移入するかによって、かなり印象が変わるだろう1冊。


    妊娠、出産。様々な理由でそれが出来ない夫婦が様々な葛藤を抱えながら子どもを産む。
    明確な答えは出せず、それぞれの中にそれぞれの言い訳を孕んだ答えをもたせるしかない問題はそれだけ難しい。
    小説としての完結はしているけど、問題提起の解答はないまま
    で、不妊に悩む人が読んだらはたしてどう思うのか?今ではない状況の自分なら?と考えずにはいられなかった。


    【幼い頃、毎年サマーキャンプで一緒に過ごしていた7人。
    輝く夏の思い出は誰にとっても大切な記憶だった。
    しかし、いつしか彼らは疑問を抱くようになる。
    「あの集まりはいったい何だったのか?」
    別々の人生を歩んでいた彼らに、突如突きつけられた衝撃の事実。
    大人たちの〈秘密〉を知った彼らは、自分という森を彷徨い始める――。

  • 重たいテーマの作品でした。
    もしかしたら、そこまで深刻なテーマだと考えずに通り過ごしてしまう事もありそうな、だけど、当事者だったら…と一人ひとりの気持ちに入り込んで読み進めました。

    夏の幻の様なキャンプ。現実だったのか、夢だったのか。
    どんな秘事が…と思わせた割には派手さは無く、盛り上がりには欠ける展開だった様に思えたけど、それが逆に「当事者にとってはとても衝撃的な事」として認識する事が出来た様に思います。

  • こどものころに知らない子と毎年別荘で遊んでた。あの集まりは一体何だったのか。
    とても興味をそそられる書き出しで、夏の情景が思い浮かんでわくわくした。
    読み進めていくと、それぞれの子がどんな風に成長したか、またあの集まりは何だったのか分かってきた。結末は自分の好みではないけど、皆希望を持った終わりで良かった。

  • 子どもの頃に毎年行ったキャンプはいつの間にか曖昧な記憶となっていた。大人になって、ぽっかり浮いたその記憶を掘り起こしていくうちに生まれる疑惑と事実を、ミステリーのような流れで描き、どのように受け止め進んでいくか、という人間ドラマの物語。
    問題提起という要素が強いためか、わりと極端なキャラクターばかりで好きになれず、入り込めなかった。

  • いっきに読んだ。
    似た境遇を持つ人たちが、自分の境遇をどう受け止め、消化し、人生を歩んでいくか。
    思うことはそれぞれ違うから、価値観を共有した時、自分では考えつけなかった他人の発想で救われることもある。

    しあわせをみくびっていたの。
    善きことはその子が生まれてからじゃないと与えられないの。だってその子は私たちと違う世界を生まれた時から持っていて、その世界では何が幸せか、わからないでしょう。

    そこに居続けたら、明日も、世界も、ずっとこわいまんまだよ。こわくなくしてくれる素晴らしいものに、出会う機会すらないんだよ。

  • 確かに「どんな手段を使ってでも子どもがほしい」というのは親のエゴ。
    生まれた子どもには何の責任もない。

    もしかしたら精子ドナーが同じかも、という理由で子どもたちは引き離され、年に一度の「楽園」は消滅する。
    その後の、それぞれに歩んだ人生。
    崩壊する家庭。「よりよい精子」を求めた親の醜さを知ってしまう子。ドナーから心ない言葉を投げつけられ嘔吐する子。
    だが、最終章に、光がある。


    でも、精子ドナーが同じ男女がめぐり会う確率はゼロではないのでは? と思うと、この「医療」のありかたは疑問。それがたとえ「悩める人を救う」ためのものだったとしても。

  • 作者の本は、あまり読んだことはありません。どうも私とは相性が悪いのかなあ。

  • 初読

    えー、読んだの登録もしてなかったしレビューも書いてなかった。
    多分2015年に読んだ筈。

    もうあまり覚えてないけど、
    どういう集まりかわかってからも
    特にその件でどうとは無かったような…w
    主人公の住むアパートや、そのアパートに自転車を停める、
    そんな脳内の映像が残っている。

    多分人工授精がどうより、1人の女の子の暮らしのはなし
    を読んでいたんだろうな

  • ここでも「はじまったらおわらない」が出てきた。
    こどもをもつことは不可逆。

  • そこまでしても子供を持ちたいのだろうか?
    子供のいない夫婦でも問題ないと思うのだけれどもね〜。
    そんな必死さに夫ののほうがひいてしまうのではないだろうか? 俺って何なの? となりそう。

  • 子供の頃の夏、一時期だけ森の別荘に色んな家族と集まった記憶がある。でも親に聞いても「そんなところには行っていない」と答える。自分の記憶違いか?

    そう思っていた矢先、思いがけず夏を一緒に過ごした当時の子供たちと会う機会を得る。自分の記憶は間違いじゃなかったと思いつつ、この集まりはなんだったのかと疑問を持つようになる。

    実はこの集会は同じクリニックで子供を産んだ人たちの集まりで、特別なのは人工授精であった事、そして精子はドナーのものであったという事。

    母親はそれは自分の産んだ子供だから普通に愛してくれるが、「子供をなせない」とみなされた夫はプライドを傷つけられるのだろう、皆いなくなってしまう。

    血が繋がっていなければ親子ではないのだろうか?
    育てていく過程で親になっていくんじゃないのだろうか?

    人工授精や精子バンクの是非は別としてそっちが気になった。

  • 正直こうした不妊治療を受けることで生じるであろう問題は今まで考えたことがなかった。
    しかし今の自分の生き方にはっとさせられる箇所があった。「どう生まれたかより、どう生きるか」
    「そこに居続けたら、明日も、世界も、ずっとこわいまんまだよ。こわくなくしてくれるすばらしいものに、会う機会すらないんだよ」
    自分が持っていないものや、得られなかったものに目を向けて生きるのも一考だけど、いいかげん次行こうと思わされた。

全276件中 1 - 25件を表示

ひそやかな花園を本棚に登録しているひと

ひそやかな花園を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ひそやかな花園を本棚に「積読」で登録しているひと

ひそやかな花園の作品紹介

親と子、夫婦、家族でいることの意味を根源から問いかける。『八日目の蝉』から三年。衝撃と感動に震える、角田光代の最高傑作誕生。

ひそやかな花園のオンデマンド (ペーパーバック)

ひそやかな花園のKindle版

ツイートする