お順 上 勝海舟の妹と五人の男

  • 55人登録
  • 3.48評価
    • (1)
    • (10)
    • (11)
    • (1)
    • (0)
  • 11レビュー
著者 : 諸田玲子
  • 毎日新聞社 (2010年12月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784620107608

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

お順 上 勝海舟の妹と五人の男の感想・レビュー・書評

  • 歴史小説と時代小説の間…のような作品ですね。
    お順がさっぱりした性格なので湿っぽさや
    ドロドロした部分がないので読みやすく面白いv

  • 海舟の妹のお順の物語。虎之助との婚約が虎之助の病死により叶わず、佐久間象山の嫁になるが、吉田松陰の密航加担の罪で入牢。波乱の人生の予感がするが、お順の性格からすれば平凡な暮らしより良いかも?

  • 勝海舟の妹・お順とお順に関わりのある五人の男たちを描きながら、幕末の様子も描かれています。

    勝海舟は歴史上の人物の中でとても気になる存在で、どういう人だったのかいろいろ知りたいなぁ。と思っていました。
    そんな中で偶然、図書館でこの本を見つけたので読んで見ることに。
    好きな諸田さんの作品だし、妹という立場から見た海舟ってどうだったのかなぁ。とか、女性から見た幕末ってどんな感じかなぁ。なんてことも思ったので。

    読んでいくうちにどんどんお順のことが好きになっていきました。
    思い込みが激しくて、こうと決めたら絶対曲げない芯の強いところがいいですね。
    友達になれそう^^

    登場する男性もなかなか個性的。
    上巻には5人中4人が登場するんですが(勝海舟は全体通して登場してるので)、自分をしっかり持ってるというかお順が好きな男性なだけあるなぁ。と納得!

    お順が男だったら、海舟や象山と一緒になって幕末の世を変えようと一生懸命走り回ってたような気がするなぁ。

    下巻も楽しみです。

  • L
    内容紹介
    自らの意志を貫き、愛に生きたおきゃんな江戸娘・お順の波瀾の生涯。兄の剣の師との叶わぬ恋の末、佐久間象山に嫁ぐも・・・。
    内容(「BOOK」データベースより)

    勝海舟の妹の話。上巻だけだが、まだ波瀾万丈とは言えず。

  • 武家に生まれたものの、明治維新を迎え幕府は崩壊、時代は幕末の動乱。報われない一途な恋もし、25歳も年の離れた人に嫁いだものの夫は暗殺され、どうしようもない男に惹かれてしまう。時代に翻弄されながらも歴史とともにたくましく生き抜き、恋をし続けた女の一生を感じます。

  • おきゃんな江戸娘順の父、 勝子吉はなかなかおもしろい人だったようだ。問題は多いが愛嬌があり、人に好かれる資質があった。その娘として育ち、周辺の男たちや政治の動きもしっかり読み取る賢さを備え、初恋の島田虎ノ助への愛を貫く。結局は結婚しないまま亡くなってしまうのだが……。
    この著者の作品は初読み。順の人柄もあってか、明るい作風だと感じた。

  • 幕末に生きる男が好きだ。
    格好いい女が必ずそばにいるから好きなのだ。

  • 「五人の男」とは、勝子吉(父)、島田虎ノ助(初恋)、佐久間象山(夫)、勝麟太郎(勝海舟)、村上俊五郎です。
    最期の村上俊五郎は「虎尾の会」の会員で、維新前後から勝海舟の腰巾着と言われた人です。
    http://www.navishonai.jp/hachiro/jinbutu/hito1_murakami.html
    この小説では結婚はしていません。
    作者の「諸田玲子」は以前矢口さんが紹介された、井伊直弼の密偵「村山たか」を女性の視線から取り上げ、井伊直弼の生き様を描いた「奸婦にあらず」の著者です。
    この本でも女性の視線から幕末の混乱期が描かれ、勝海舟を今までと違った目で見ることが出来ました。
    私の大好きな作者の一人で、現在放映されているNHK大河ドラマ「江」は田淵久美子さんの作・脚本ですが、諸田玲子さんの「美女いくさ」の方が私は好きです。

  • 勝海舟の妹?
    ということで読んでみました。全く幕末を理解していない私ですが、とても読みやすかったです。
    海舟の妹・順と関わった5人の男性を中心に描かれています。

    佐久間象山の妻になったことすら知らなかったんですが、面白かったー。
    上巻は象山さん蟄居することになったところまで。

  • 主人公である「お順」にあまり魅力を感じられないのですよね。

全11件中 1 - 11件を表示

お順 上 勝海舟の妹と五人の男を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

お順 上 勝海舟の妹と五人の男を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

お順 上 勝海舟の妹と五人の男の作品紹介

自らの意志を貫き愛に生きたおきゃんな江戸娘お順の波瀾の生涯。

お順 上 勝海舟の妹と五人の男はこんな本です

お順 上 勝海舟の妹と五人の男のKindle版

ツイートする