お順 下 勝海舟の妹と五人の男

  • 45人登録
  • 3.36評価
    • (2)
    • (6)
    • (13)
    • (0)
    • (1)
  • 10レビュー
著者 : 諸田玲子
  • 毎日新聞社 (2010年12月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784620107615

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

お順 下 勝海舟の妹と五人の男の感想・レビュー・書評

  • 夫、佐久間象山の暗殺、滅び行く幕府の運命を担う勝海舟。夫の仇討ちを願うお順は、村上俊五郎と恋に落ちる。幕末から明治を力強く生きた女性お順を描く歴史小説。
    村上俊五郎のような人間は、いつの時代にも世間にはいるよ。
    ただ、民のような女性は少なくとも現在はいないと思う。

  • 面白かった…んだけど、終盤失速した印象。
    「こんな男にひっかかるなんて」という気分がぬぐえず(++;

  • お順の下巻

    上巻ではお順に共感する部分が多かったケド、夫の佐久間象山が亡くなって以降は、何だかなぁ。ってカンジ。

    結局、勝家に頼りっきりで、自分で何とかしようってこともなく。
    村上俊五郎を好きになった理由も全然わからないし。
    単なる”ひも”でしかないような…
    いろんな意味で、ちょっと残念。

  • 女にするにはもったいないお順。虎之助に似ていることから村上俊五郎に心を寄せるようになるが、何故そこまで惚れられるかは私には理解できない。男勝りがそうさせるのか?

  • お順の人生、最後の男が残念過ぎる男で。。。読んだ私も悲しいよ。

  • とかく男運の悪いお順のお話。

    表紙の象山先生がこわい。

  • その後は佐久間象山を夫とし、彼の死後は村上俊五郎に惹かれる。村上は剣豪ではあったが、どうしようもない男で、家族は彼にふりまわされる。剣の達人だった初恋の男のイメージを引きずったせいで。
    それにしても妹の気質を知悉し見守る勝海舟は大きい。
    おもしろく読んだ。

  • 勝海舟の生きる姿、めちゃめちゃカッチョいいぜ!

  • 上巻に引き続き、さくさく読みました。
    象山が殺され、復讐を誓う順。

    勝気な順に引っ張られて読んでいけるのですが、
    時折、順が象山に子どもを産むことを望まれて妻となったけれど
    子どもに恵まれず、「一度もやや子を抱いたことがない」と思う箇所があって、切ないです。

    義姉は庶子をも自分の子として育てているのだけれど、
    それでもやはり子どもたちに囲まれて生活できることが羨ましいと述懐する部分もあります。

    そういった部分が時折あることで、より順の魅力が出ているのかもしれません。

  • いろいろあるけれど「勝海舟」の、戦を好まず、時代の流れに逆らわず、逆境のあるからこそ勉学に励み、平和を願う姿勢が立派ですね。
    主人公については、最後まで好きになれなかったですね。

全10件中 1 - 10件を表示

お順 下 勝海舟の妹と五人の男を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

お順 下 勝海舟の妹と五人の男の作品紹介

父・勝小吉、初恋の人・島田虎之助、夫・佐久間象山、兄・勝麟太郎(海舟)、謎の剣客・村上俊五郎、さらに松陰、龍馬、土方歳三らも登場する幕末から明治を描く長編歴史小説。

お順 下 勝海舟の妹と五人の男はこんな本です

お順 下 勝海舟の妹と五人の男のKindle版

ツイートする