私のミトンさん

  • 183人登録
  • 3.30評価
    • (6)
    • (22)
    • (28)
    • (8)
    • (3)
  • 43レビュー
著者 : 東直子
  • 毎日新聞社 (2011年7月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784620107714

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
小川 洋子
三浦 しをん
角田 光代
池井戸 潤
辻村 深月
瀬尾 まいこ
三浦 しをん
西 加奈子
中島 京子
宮下 奈都
有川 浩
クラフト・エヴィ...
小川 洋子
三浦 しをん
今村 夏子
梨木 香歩
三浦 しをん
湊 かなえ
有効な右矢印 無効な右矢印

私のミトンさんの感想・レビュー・書評

  • 東直子の、大人の童話。
    すがすがしい筆致で描かれています。
    あいまいな人間関係の中に、不思議な存在ミトンさんが投げかける波紋。
    それは‥

    アカネは、海外赴任の長いミキヒコ叔父さんの家に住めることになった。
    5年3ヶ月暮らした狭い部屋を出て、綺麗な白い家に。
    台所の床下収納を開けたら、梯子を降りていくと、赤い服を着た50センチぐらいのおばあさんが眠っていた‥!

    叔父さんに電話すると、「アカネ、駄目だよ、ミトンさんは起こさなければ10年ぐらい寝ていたのに」と言われてしまう。
    家の守り神というか住む人の守り神なんだという。
    自分のことは「オレ」と言い、フルーツが好き。すぐに寝てしまうが、外に連れ出すと喜ぶ。
    顔を隠す帽子を買って抱っこしていると、赤ちゃん連れで通るのだが、子供が出来たという妙な噂も一部に広まったり。

    2年以上付き合った庄司くんとの、くっついたり離れたりの仲は、リアル。
    頼りない彼は最初ミトンさんのことをまったく受け入れないのだが、なぜか戻ってきてからは世話を焼いたりしてくれるように。

    学生時代の友人みほさんと思わぬ再会。
    すぐにミトンさんの存在を受け入れる彼女。ほんわりした人だけど、孤独な状況。
    なかなか連絡が取れないミキヒコ叔父さんも、何をやっているのやら、ちょっと怪しい存在。
    日常的なような全然そうでないような出来事がゆるゆる絡まりあって‥

    寂しいような、そうでもないような、でもミトンさんに会えたのは良かったね、と思える読後感でした。

  • メルヘンといってもいいのかもしれない。
    なんだか不思議で、暖かい話。
    ミトンさんは可愛らしさから対局にいる存在かもしれないけど、やっぱりどこか可愛らしいといってもいいような気がする。
    それは、ミトンさんの真っ直ぐさなのかもしれない。
    その真っ直ぐさでするりと心に入ってきて、その人の真っ直ぐなところを引き出してしまうのかも。
    ミトンさんがたくさんいる場所、この世のどこかにあるのかもしれない。

  • +++
    身長50センチのミトンさんは、アカネの秘密の同居人。わがままで謎の深いミトンさんと、そこに集うどこまでも優しく独創的な人々を描いたほの甘い長編小説。
    +++

    ミトンさんありきの物語である。アカネが引っ越した先――ミキヒコ叔父さんの家――の床下に、ミトンさんはいたのである。ひと目見た時からわたしの頭のなかではミトンさんはムーミンのミイである。赤い服といい、その小ささといい。果物好きでわがままで、害を為すわけではないがいいことを運んできてくれるわけでもない。恋人は浮気をして離れていくし、間違って電話してしまった友人のベイビーちゃんは眠ったままだし、ミキヒコ叔父さんとはなかなか電話がつながらない。それでもミトンさんがいるからこその巡り合わせのような毎日のなかで、アカネはだんだんミトンさんに心を移していくのだった。あちこちに散らばっている点と点と点と点を――ときにあっちへこっちへ飛んでいくようでありながら――ひと針ひと針縫い進め、気づいてみたらいびつながらも「〇」になっていた、としみじみ思う読後である。ミトンさんのようなものはだれの心のなかにでもいるのではないかと思える一冊。

  • ミトンさんは黒髪のおかっぱと書いてあったけど、私の頭の中には常にムーミンのミィがイメージされていた。
    最後のほうに出てきたミトンさんの仲間?はお団子頭って書いてあって、やっぱりミィじゃん!って思った。

  • みほさんが、ミトンさんを抱いたとき。

    素敵に重いー


    って言った。
    それが印象的。

    表紙やらが可愛いのです。

  • 東直子の最新刊。
    主人公の茜は叔父のミキヒコの海外赴任中に叔父の家の管理を頼まれる。家を訪れたその日に床下を開けると、そこには子どもくらいの大きさのおばあさんが眠っていた!名前はミトンさん。
    茜とミトンさん、そして彼らを取り巻く周り人々の日常を独特の感性で綴った作品です。人々の感情を繊細に描いていて、心に響く言葉がいくつかありました。東直子の掴み所のないファンタジーの世界も楽しめてバランスの良い作品だと思います。
    文中の言葉で心に留まったもの。
    "気持ちにいらないものはない"

  • 現実とも言い切れない不思議な世界観のお話。

    普通の感覚で言えば”幸せ”とは言えない人が多くでてきますが
    ただ悲しい、辛い、では終わらないお話です。

    読んでいくと直接的に励ましたり元気つけたりする
    言葉はないように思えるのになぜか心にじんわりしみるような気がします。
    感想もずいぶん抽象的になってしましましたが
    私の解釈ではここまでが限界です。

  • 大切な“小さい人”。離れてゆく恋人。眠り続ける赤ん坊。迷える私たちの前にあらわれた、身長50センチのおばあさん。今日も幸せでありますように―東直子が贈る、愛しい人々の物語(「BOOK」データベースより)

    やわらかくあたたかく、大きなものを描くお話。
    とっても東さんらしくて、これ、好きだなぁ。

    「放り出すのも、勇気がいるよ。目の前で、息してるんだから」
    「そうよね、目の前で息してたらね」

    「ミトンさん、すてきー。すてきに重いー。すてきに抱きつくー」

    「今、ここにいてほしいのに、いない。いないと、いいも悪いもなくて、ただ、いない人」
    ただ、じりじりと待つばかりの日々。自分ではさわれない場所で変化は起こっている。核心にさわれない苦しみ。

    「世界は目に見えてるものたった一つじゃないよ。一人の人間の感覚で捉えられる世界っていうのは、世界のほんの一部なんだ。人によって感受できるものが違うから、一人ひとりの世界は違うんだ。一人の人でも、どんどん世界は変わるんだ。感受できるものが、生きているうちにどんどん変わるから」

    「愛は、声に、出さないとね」

    今の自分の心に響く言葉もたくさんありました。
    今、この時に、この本に出会えてよかった。
    ミトンさんたちの歌もステキだったので覚書。

    はだしのそこにしらせをうけて
    まいまいかぶりあたまにかぶり
    おもいのたけはひとりのもので
    ひとりのものはきえてなくなる
    うまれてくるよおなじからだで
    みてきたことをはなしておくれ
    しってることをもやしておくれ
    ひとりのみずはぜんぶながれる
    ほのおのいろははじめてのいろ
    くらいけしきでみみをひらいて
    おまえのくちはほしをつなげる
    ねむらないかおゆびにからまる

  • ものであふれ返った一人暮らしのアパートから、親戚のミキヒコ叔父が海外に行っている間に暮らしてもよいと引き渡された大きな一戸建てに引っ越した茜は、その家の床下で「ミトンさん」に出会う。
    ミトンさんは身長50cm、赤い服を着ている老婆だ。果物が大好物で、すぐに眠ってしまう。
    奇妙な存在のミトンさんに、なぜだか茜はすんなりと慣れてしまい、不思議な共同生活がはじまる。
    ミトンさんと暮らすことによって、頼りない彼氏との関係がぎくしゃくしはじめたり、ずっと連絡をとっていなかった友人との関係が再びはじまったりと、茜の生活は今までと異なった顔を見せる。
    ミトンさんは役に立つわけでも癒されるわけでもない存在だけれど、憎めず、愛らしい。

  • 図書館の返却コーナーにあったのを
    たまたま手に取ったのだけど、
    文章がやわらかくて、どこかメルヘンで
    すごく読みやすい、すごく好きだ。

    ミトンさん可愛いし、みほさんが大好き。

  • 2015年5月17日に開催されたビブリオバトルinいこまで発表された本です。テーマは「こども」。

  • 『薬屋のタバサ』ほどの衝撃はないけれども、
    和やかに不思議で良い読書でした。
    (タバサを衝撃的とか受け止めるのもおかしいのかもしれないけど・・・)

  • 東直子さんの作品を読むのは2作目。不思議でふんわりした優しいお話。ミトンさんは身長50cmで赤い服を着たお婆さん。私も他の方の感想にもあったようにムーミンのミィで脳内再生されてました!アカネの日常がミトンさんの登場で庄司くんとの関係や、みほさんとの再会など変化があり、アカネの中でも何かが変わっていった気がします。みほさんと赤ちゃんとのお話は辛かったです。段々ミトンさんが愛らしく思えてきます♪アカネのお母さんはとても温かくて素敵!愛は言葉にしなくちゃねって印象的でウルウルきました☆とても優しいお話でした♡

  • まるでスタジオジブリの映画のようなお話。床下に住む体長50センチほどのおばあさんのミトンさん。タイトルだけではよもやこのような話だとは想像も出来なかったけど、ほっこり心暖かくなるなかなか素敵な本だった。ただ、庄司君だけは嫌いだなぁ。なんであんな酷い事されてより戻しちゃうんだよアカネ!って主人公にも苛々。みほさんのふわふわしているように見えて心に大きな悲しみを抱え込んでいる感じが何だか好きだった。アカネはまたいつかミトンさんに会えるかな。2011/495

  • うーん、残念な感じがした。
    登場人物同士がどう影響し合うか、どんな心の動きがあるかが弱いと、読ませる力がなくて、読みつづけられない感じ。

  • 装丁に惹かれて読んだ。正直、話がよくわからなかった。おとなのための童話ということばがしっくりきた。
    読みおわってから以前読んだ、「とりつくしま」と同じ作者と気付いたのだが、とりつくしまとはまた違う雰囲気で、少し残念だった。わたしは、とりつくしまのようなオムニバス形式の方が東直子作品ではすきなのかもしれない。

    2013.06.05

  • おとなのための童話、といった手触り。
    言葉選びが美しいなあとうっとり浸りながら読んだ。さらっとしてるけど何となく心に引っかかる。
    最後、庄司くんはどこへ行ってしまったのかな。

  • 完全なジャケ借りです。福田利之さんの装画が素敵で図書館で一目惚れ。世界にひきこまれて、スイスイ読んでしまいました。

  •  いつのまにか入り込んだ。
     伯父の家に引っ越したら(伯父は留守)ミトンさんという小さなおばあさんがいて、
    果物を与えてかわいがることに。(果物が好きだから)
     「おれ」といって話すところがおかしい。

     主人公の彼の位置はどうなのか。やりとりとかちょっと残念。(果たして登場する意味があったのかという気もしたり)

  • イギリスに仕事に行っているという叔父の家に留守居として住むことにした茜。何気なく床下をのぞいてみたら、赤い服の小さなおばあさん(?)が寝ていた。
    独特の世界が繰り広げられる。眠り続ける赤ちゃんや、白いスーツを着たハンサムな叔父さんなど、夢なのか現実なのかの境界線もあいまい。電話が重要なアイテムだと思った。

  • おぅふ・・・謎の生物と接することによりまたひとつ成長する、この感じ・・・

  • 叔父さんの持ち物で今は空き家の家に、引っ越すことになった。

    その家の床下にいたのは、身長50センチの赤い服を着た小さなおばあさん、ミトンさんだった。

    冷やしたフルーツを好み、あかねを振り回しながらも
    周辺の人たちとの交流と、庄司くんとの恋の行方も
    ミトンさんからいろんなことをもらった日々

    想像だけど、ミトンさんってムーミンのリトルミイの印象が強いんだけど。
    多分実際見たらまじで怖いと思う。

    不思議でのほほんとしてて、子供の頃に出会っていそうな話)^o^(

  • ミトンさんが頭のなかで
    ムーミンのミィだった(。・・。)ノ

    いらいら、ふわふわ

全43件中 1 - 25件を表示

私のミトンさんを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

私のミトンさんを本棚に「積読」で登録しているひと

私のミトンさんの作品紹介

大切な"小さい人"。離れてゆく恋人。眠り続ける赤ん坊。迷える私たちの前にあらわれた、身長50センチのおばあさん。今日も幸せでありますように-東直子が贈る、愛しい人々の物語。

私のミトンさんのKindle版

私のミトンさんのオンデマンド (ペーパーバック)

ツイートする