赤い三日月 小説ソブリン債務(上)

  • 146人登録
  • 3.61評価
    • (10)
    • (24)
    • (21)
    • (5)
    • (1)
  • 17レビュー
著者 : 黒木亮
  • 毎日新聞社 (2011年9月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784620107721

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

赤い三日月 小説ソブリン債務(上)の感想・レビュー・書評

  • 面白いけどもっと面白くなるはず トルコの地理は良く分かった

  • ヨーロッパとアジアの結び目に位置するトルコ。今の日本人には馴染みの薄い国かもしれないが、かつては東欧から中東に覇を唱えた大国であり、現代でもGDP世界17位のOECD加盟国である。しかしこの物語の主人公但馬の時代には、インフレに財政赤字、不安定な議会政治に繰り返されるクーデターと、かつての大国は先進国と後進国の間でフラフラしていた。そのトルコが数百億に膨らんだ対外債務がどうファイナンスするか、を巡って物語は展開していく。


    相変わらず、黒木さんの筆致は精密である。シンジケートローンを巡る銀行実務も、調達側のトルコ政府の内側も、当事者達が行き交ったであろう街の風景ですらも、緻密に描き出すから黒木小説は面白い。


    と、ここまではいつもの黒木節だけど、この小説を彩るのは銀行内部のどろどろした人間関係だろう。どの会社にも意地の悪い人や他人を蹴落とすことで生き残ろうとする人はいる。それは日本も外国も関係ない。それはわかっているけど、いや、わかっているからこそ、人の心の中の黒い部分が炸裂した姿に胸が痛んだ。フィクションとは書いてあるけど、誰かの身の上に降りかかった話なんだろうし。

  • トルコを巡る国際金融戦を描く。

  • 経済小説はあまり読んだことがなかったのですが、臨場感があり一気に読めました。専門用語もわかりやすく解説してあり、トルコの歴史も随所に堪能できました。

  • 面白い。今回はテーマや扱う金融商品を絞り込んだ内容で分かりやすくすらすら読める。筆者独特の細部の表現の正確さは相変わらずすごい。ソブリン債の引き受けをメインテーマとして、金融の知識、業界事情の勉強になる。また主人公のキャラクターにも強く惹かれた。直接関係はないものの不思議と自分の仕事へのモチベに変わるのが黒木氏の小説の素晴らしいところ。主人公丹馬のひたむきさ、情熱、細部へのこだわりなど見習いたい。

  • 銀行の海外駐在員の仕事も、結構大変ですね。

  • 専門用語に負けた~ ^^;

  • ソブリン債務なんて言葉は新聞などでしか見たことがなかった。トルコ(赤い三日月)に融資するため、トルコや社内の抵抗勢力を相手に奮闘する銀行マン。格好いいです。人生をかける仕事として、面白そうです。大変そうだけど。

    著者は学生時代、箱根駅伝に二度も出場されたそうです。文武両道の方って実在するんですね。

  • なんかコンセプトに問題はないけど、読んでて眠くなる。町の風景とかの説明が多すぎて話を途中で忘れてしまう。読み終えるのにも時間がかかった。

  • 欧州債務問題や日本が抱える巨額の公的債務といった、ソブリン危機の舞台を知るために読んだ一冊。上巻では、トルコの資金調達を背景にストーリーが展開される。

  • やはり黒木氏の本は面白い。題材が国際金融に偏ってはいるが、いつも心踊らされる。
    トップレフト以来氏の金融小説を読み続けてきて、ハズレと感じたものはない。
    今回はトルコ。約20年前の出来事であるにも関わらず、臨場感のある描写、緊迫した状況、されどバックボーンにあるトルコの歴史。
    シンジケートローンなどというと、おどろおどろしい感があるが、そんなことはなく、それらを含めすんなりと頭に入ってきて、その仕組みよりも、人々の生き馬の目を抜くようなやり取りに心が揺り動かされる。さっそく下巻を購入する予定。

  • ソブリン(国債や国が運営する企業体が発行する債券)債務に関するお話。舞台はトルコ。トルコ国の発展および経済の安定を願うトルコの銀行と役人が邦銀や証券会社や外国のバンカー達との交渉のせめぎ合いを記している著書。新興国特有の官僚の腐敗具合を踏まえたカントリーリスクの考え方は投資の考え方として参考になります。自身の所属しているところの利益が損なわれるならば、頑として譲らない姿勢は見本にしたいです。それに加え、たとえ対立している人同士でも、その様な姿勢を持って仕事をしている人には敬意を払うという腹座りは、自身も持っていたいです。

  • 最近黒木亮氏の本を読むと、金融の知識はもういいので、中東の歴史や情勢を無性に学びたくなります。舞台の背景を知れば、もっと面白く読めるはず。

  • トルコに行きたいなぁと思っていたら、トルコを舞台にした黒木氏の最新刊をたまたま見つけたので、早速購入。

    ロンドン、国際金融(シ・ローン)、中東(トルコ)という黒木氏お得意の設定であり、ディテールの描写は流石といった感じです。

    ただ、過去の著作に比べると、臨場感というか緊迫感が欠けている気がします。トルコや案件の描写に注力しすぎて、人物描写が少なかったから?

    下巻に期待せずにはいられませんでした。(充分面白かったのですが…)

  • 上巻はまだ序盤な感じで、邦銀のトルコ向け融資とかそういった話が中心。作者の作品は結構読んでいるつもりだが、今回の著作はやたらトルコの情景描写が多いように感じる。あと、話自体もタイムリーな話ではないので、上巻での今のところの評価はイマイチ。下巻に期待しよう。

全17件中 1 - 17件を表示

赤い三日月 小説ソブリン債務(上)に関連する談話室の質問

赤い三日月 小説ソブリン債務(上)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

赤い三日月 小説ソブリン債務(上)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

赤い三日月 小説ソブリン債務(上)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

赤い三日月 小説ソブリン債務(上)を本棚に「積読」で登録しているひと

赤い三日月 小説ソブリン債務(上)の作品紹介

巨額の対外債務、高インフレの激震-巨大銀行と国家の暗闘がはじまった!国家の命運を賭け、市場を切り拓く新興国財務官僚たちロンドン、ワシントン、東京、トルコを呑み込むマネーの濁流。

赤い三日月 小説ソブリン債務(上)はこんな本です

赤い三日月 小説ソブリン債務(上)のKindle版

赤い三日月 小説ソブリン債務(上)の文庫

ツイートする