あなたが消えた夜に

  • 879人登録
  • 3.39評価
    • (27)
    • (116)
    • (125)
    • (35)
    • (7)
  • 124レビュー
著者 : 中村文則
  • 毎日新聞出版 (2015年5月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (440ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784620108179

あなたが消えた夜にの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 読んでいくうちに現実と虚構の境が分からなくなる不条理な世界や心に傷を持つ登場人物たちの心理描写は見事ですが、刑事が推理したり靴底をすり減らして真相を暴くというプロセスではないですし、中島刑事の過去も浮いてしまった感があり、ミステリーとしてはカタルシスを感じられず微妙な読後感です。

  • 前半はホントに面白かった。
    だけど後半、犯人の手記という形になると一気に萎えてしまった。
    加害者も被害者もアレなもんで、彼らの心理が私にはまったく理解できずポカーンとした……って感じでした。

    刑事さんの2人のやりとりは面白いので、また別の作品に出てくるといいなぁと思います。

  • 2015.08.06

  • 警察小説だろうが、ミステリーだろうが、純文学だろうか
    中村文則さんの小説は特別、
    人間の悪、恥、悲しさ、苦しさが、ずんずん胸にくる
    罪を犯した人間、踏みとどまる人間の心の叫び、闇を
    感じて、身震いする。凄まじい。
    何かに感染したように、夢中になって読み進めてしまう
    今回は、最後の最後に少し気持ちが救われたのが不思議な気持ち
    警察官のコンビの不思議で異常なやりとりも面白いという
    ただただ救われない小説ではないのよね、中村文則作品は
    決して読後感がよくはないけど、また読みたいと思うのは
    人にはいえない裏の顔は誰にだったあるんだなとか
    ちょっと共感しちゃうところもあるからなのかな

  • かなりストーリーが入り組んでいて複雑なので、随時頭の中で整理するのがなかなか大変だが、しっかりミステリーとして読み応えのある中に、芥川賞作家の本領というべきか、嫌味に感じない詩的表現がピシャッピシャッと効果的に挟み込まれている。
    何となく作品全体に漂う空気が、初期の貫井徳郎氏を想起させる。
    装置というか技巧を凝らし、ともすればその披露にばかり腐心して本筋を置いてきぼりにしがちなところを、絶妙のバランスでそこまで行ききらず、物語の後半では作者の主張する"人間"をちゃんと描き通している。
    出来損ないのコントのような、中島と小橋の絡みはない方がよかったかも。

  • 17/11/08 (77)
    夢中で読んだ。
    おもしろかったけど、さいごのメロドラマ感はなんかいや。

  • 出だしは普通の刑事ものかと思っていたら、あらぬ方向に進みあっけなく解決したかと思ったら、コート男事件に隠れてもう一つの事件が進行していったわけで、刑事ものとは全く違った方向の物語となり、なんだこれはということになっていく。中島刑事と科原さゆりとを引っ付けにかかっているが、小橋さんの方が魅力的だと思うのだがそちらの方には何故だか進まなかった。物語は宗教的側面も持っており、遠藤周作的に神は見ているだけで何もしない存在となっている。

  • 主人公は警察官、”コートの男”という連続通り魔事件を追う刑事。事件を追ううちに事件は複数の事件が組み合わさり、偶然が重なりあい事件となったことがわかり始める…

    主人公に影がある作品は読んでいて面白い。
    なかなかクレイジーな人がたくさん出てくる、現実にはありえないかな?という話ではあったものの、一人一人の人物は隣にいる変人であってもおかしくないリアリテイを持っている。
    この人の他の作品も読んでみたい。きっと伸びる気がする。

  • ミステリーものっぽく始まり、中村節で結ぶ。なんか雑な印象の一冊。
    締切に追われてバタバタ書いたんかな?笑
    「教団X」の後だったからか凄く物足りない…

  • 今まで読んだ事のある中村文則さんの作品の中では読みやすいと思いました。
    重いストーリーですが、まだライトな方かな!?と。
    きっと小橋さんのキャラのおかげかな。
    読み応えがありました。

全124件中 1 - 10件を表示

中村文則の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

あなたが消えた夜にに関連する談話室の質問

あなたが消えた夜にに関連するまとめ

あなたが消えた夜にを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

あなたが消えた夜にを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

あなたが消えた夜にを本棚に「積読」で登録しているひと

あなたが消えた夜にの作品紹介

ある町で突如発生した連続通り魔殺人事件。所轄の刑事・中島と捜査一課の女刑事・小橋は"コートの男"を追う。しかし事件は、さらなる悲劇の序章に過ぎなかった。"コートの男"とは何者か。誰が、何のために人を殺すのか。翻弄される男女の運命。神にも愛にも見捨てられた人間を、人は救うことができるのか。人間存在を揺るがす驚愕のミステリー!

ツイートする