東京會舘とわたし(上)旧館

  • 1062人登録
  • 3.85評価
    • (76)
    • (178)
    • (103)
    • (9)
    • (4)
  • 141レビュー
著者 : 辻村深月
  • 毎日新聞出版 (2016年7月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784620108216

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

東京會舘とわたし(上)旧館の感想・レビュー・書評

  • 始めは淡々とゆっくり読んでいたが、「灯火管制の下で」が物凄く私の好みで東京會舘に惹きつけられた。

    親同士が決めた殆ど会った事のない相手との結婚…相手はどんな人だろうと結婚式の最中にだって考えてしまう。不安になる、逃げ出したくなる、乙女だもん。
    そんな静子の側にずっとついていてくれた遠藤さん、最後は静子の手をしっかり握って幸せまで祈ってくれた。どれだけ心強かっただろう。
    遠藤さんは職人なのだ。東京會舘で働く人たちはみんなそう。決して妥協をしない職人のこだわりが胸を打つ。

    「灯火管制の下で」の中で出てきた玉音放送についての話が興味深い。
    『しかし、それがまさか戦争の終わりを告げているとは、夢にも思わなかった。』
    戦争が終わるという事が考えられない時代。玉音放送と言えばみんな聴きながら泣き崩れるものと思っていた私には衝撃だった。
    生まれた頃から戦争が起きていて平和な暮らしを知らない人たちがいた。戦争を知らない私がその人たちの苦しみをわかってあげられるはずもなく… 。今このような作品を読める事が本当にありがたい。

  • ★4.5

    ここは夢が生まれる場所…。
    東京會舘の歴史に纏わる大正12年から昭和39年までを描いた5つの連作短編集。

    ・クライスラーの演奏会     大正12年
    ・最後のお客様         昭和15年                
    ・灯火管制の下で         昭和19年
    ・グッドモーニング、フィズ    昭和24年
    ・幸せな味の記憶        昭和39年

    皇居の隣、ちょうど二重橋の正門の真向かいに大正十一年。
    国内で初めて民間の力でなる社交場。東京會舘は創業した。
    完成してわずか10ヶ月後、関東大震災で被災。
    太平洋戦争前、大政翼賛会の本部として徴収される。
    大政翼賛会とは、近衛文麿が初代総裁を務め、東条英樹がその後を継いだ公事結社。
    戦争が終わると、今度は米軍の高級将校の宿舎兼クラブとしてGHQの接収。
    百年の歴史を持つ会館が、歴史に翻弄された過去と共に、
    その時代に会館で働いていた人の仕事に対する誇りや熱い思い。
    訪れた人の思い出…。
    會舘に対しとっても深い愛情を感じ、どの章を読んでも胸が熱くなり、心が震えました。

    各章ごとに主人公がいるのですが、その主人公が別の章で年齢を重ねて
    再登場するのは、とっても嬉しかった♪
    時を経た彼らに再会出来た喜びとともに、時間の流れや積み重ねをより深く感じる事が出来ました。

    長い歴史を持つ東京會舘。
    ここで働いていた人の一人一人に、そして訪れた人の数だけ物語があると思います。
    創業当時の写真をネットで拝見しました。
    とってもモダンで可憐で素敵な建物でした(*´∇`*)
    下巻は昭和51年から平成27年…下巻もとっても楽しみです*˙︶˙*)ノ"♡

  • 何も知らなかった。
    大正11年創業で、丸の内に建っているということは
    こんな激しい歴史の流れの中にあったということを…。

    名前だってコロコロと変わり
    その度に不安がうずまく環境の変化があったというのに
    この働く人たち、利用する人たちの溢れる會舘愛は
    どこから沸いてくるのだろう。

    東京會舘旧館時代の物語。

    いちいち驚きました。
    旧館の5編は、時代背景が全く異なるのですが
    働いている方々に流れているものは
    全く変わらないんです。

    『社交の民衆化』
    私たちに開かれた場所。

    どの話も大好きですが、
    第五章の「しあわせな味の記憶」で
    持ち帰りができるお土産お菓子の商品化で
    事業部長が語る商品化したい理由にしびれました。

    東京會舘とほとんど接点がない私が
    これぞ東京會舘!と膝を打った一冊です。

    パピヨンとガトーは新・新館が完成したら
    絶対に買いに行こうと思います。
    あ、ガトーアナナも☆

    會舘の舘の字は創業当時からのものだとばかり
    思ってました。この字にも会いに行きたいです。

    それと…話がそれますがタイムマシンがあったら
    関東大震災後の東京會館の
    改築工事をしている清水組に
    差し入れを持って、お茶を入れに行きたいです。
    惚れます。清水組の心意気も。

  • 東京會舘を舞台とした連作短編集。
    旧館の1923年~1964年までの一場面を切り取った短編5作。
    ひとつの場所を舞台にした連作短編集というと「本日は大安なり」が思い浮かぶ。そちらが大好きだったので、傑作の予感しかなかったけれど、やっぱり思った通り私的には大ヒットでした!

    以下ネタバレ大

    クライスラーの演奏会
    田舎に引っ込んでいた作家志望の青年が忸怩たる思いを抱えて聞いたクライスラーの演奏会。
    最後のお客様
    クライスラーの演奏会に出ていたボーイの青年が時を経てベテランの黒服として、戦時下で政府に徴用される最後の日。
    灯火管制の下で
    1944年。戦時中に行われた結婚式。その花嫁の式は東京會舘のスタッフたちに暖かく見守られたものだった。
    前作でちらっと出てきた美容部の3代目遠藤波津子が印象的に出てくる。また、前作の佐山も要所で登場。
    グッドモーニング、フィズ
    戦後、GHQに接収され、アメリカ軍の為の遊興場として提供されることとなった東京會舘。そこのバーで働き始めた若いボーイが今も残る「グッドモーニングフィズ」というカクテルを作るきっかけとなる話。
    しあわせな味の記憶
    製菓部部長。こわもての勝目が頼み込まれて持ち帰り用の菓子を作る話。今も名物として残るパピヨン。ガトーアナナなど。

    どのお話も秀逸で。東京會舘を愛した人たちが會舘を訪れる人のために尽力したお話。

  • 上巻は東京會舘の開館当時から東京オリンピックの年まで。
    辻村さんの思い入れも含めとても丁寧な作品だと思った。とても「東京會舘」を大事にしている。それは登場人物に凄く反映されていた。
    著名人たちが使用したと有名な東京會舘であるが支えているのは無名であるけれどその仕事にプライドを持っている人たち。
    皆輝いていた。
    作家、同僚、夫婦、キャストとゲスト若しくは會舘でただすれ違った人々。
    皆何処かで繋がっている。
    一つの物を何年も何人の手によって大事にされる。
    当たり前の様で最近はそれがなかなか難しい事になって来てるな。と思った。
    ガトーアナナ、食べてみたいな。

  • 皇居のお堀端に建つ、宴会場・レストランを舞台にした歴史物がたり。

    大政翼賛会本部が、このビルに置かれていたのは、不勉強ながらこの作品を読むまで知りませんでした。近傍の第一生命ビル・明治生命ビルが、GHQに接収されたことは知っていたんですけどね。

    実は、東京會舘は、前を通りすぎたことは何度もあるんですが、中に入った事はないんですよねぇ。この作品を読んで、いっそう興味をひかれました。

  • 旧館編。大正時代、庶民も社交を楽しめるようにと建てられた東京會舘での様々な物語。スタッフの成長や訪れる人たちの心持ちが丁寧に描かれている。戦争をくぐり抜け生き延びてきた激動の時代を、静かに見つめ続けてきた東京會舘を様々な角度から描く。特別な場所なんだなということが伝わってくるお話。行ったこともなく、この小説で初めて知った所なので、イメージが追いつかなかったのが残念だけど、誰にもこんな場所ってあるんだろうな。

  • 大正時代に、上流階級のみならず庶民の文化交流の場として建てられた東京會舘。
    その後戦争を経て、大東亜會舘と名称が変わったり、GHQの傘下に置かれたりしながらも、あくまでも訪れる客に寄り添い続ける東京會舘を舞台に、訪れる人、ここで働く人の視点から東京會舘でのエピソードが描かれる連作仕立ての小説。上巻は「旧館時代」が描かれていく。
    細やかにお客様を迎えるスタッフも、ここに憧れて足を運ぶ人も、ひとりひとりにかけがえのない想いや誇りがあり、まさに「東京會舘とわたし」というタイトルが、シンプルだけれどこれ以上ないほどにぴったり。

  • 東京會舘を舞台に時代の流れと人の思いが繋がっていく。大正から昭和の激動の時代。どうなるのか分からないけど必死に生きてく、強い思い。東京會舘を訪れたいし、出てくるパイを食べたくなる。

  • 建物に歴史あり。
    訪れる人と迎える人とどちらの目線からも愛着を感じ、そこに時代を重ねて作られた重厚さなんだな、と。
    裕福な人にも普通の人にも等しく特別な場所だからあたたかく感じられます。

  • 東京會舘と言う場所をはじめて知った

    皇居の近くにこういう場所があるのかぁと

    戦前の日本はどんな風だったんだろう
    想像もつかない

    続けて下巻を読む

  • 大正時代~戦争直後まで
    創業一年後の関東大震災を耐え、第二次世界大戦を耐え抜いた東京會舘。

    そこに集まった人たちの心温まる連作短編集

    若手だった人が、次の作品では中堅、その次ではベテランになっていたりして、歴史がこうやって受け継がれていくのだなあとしみじみ嬉しくなった

  • レビューをながめていてドキドキ☆
    懐かしい暖かな空気感がレビューでさえ心地いい。
    詰んでる本を読み終えた後の楽しみとして、
    詰みあがっている本と格闘してみようかな♡

  • 東京會舘を舞台に、時代の移り変わりが描かれている。クライスラーの演奏会から、関わった人物が次々と連なっていて、歴史を感じられた。戦時下の結婚式やバーテンダー、菓子作りと懸命にその時代を生きた人の懸命さ。下巻も楽しみ。

  • 東京會舘、その中で働く人々、そこへ訪れる人々のお話。史実や実在の人物を織り交ぜ綴られる物語は、まるで東京會舘が主役の大河小説みたいで、これまでの辻村作品にはない味わいです。どの話も良かったけど、特に花嫁さんが主役のお話と、お土産のお菓子を開発する話は、仰々しい事なんてないのに、なんだかほんのりと胸が温かくなるような、素敵な話でした。現在本館は建て替え中で小説に出てきたレストランやバーには行けないけど、勝目先生考案のパピヨンは購入できるみたいだから、ビールやワインと一緒に楽しみたいなあ。

  • ものすごく行きたくなった、東京會館。

  • バトン形式の連作かー。
    お菓子検索しちゃったよ。縁ない世界。

  • 東京会館といえば、骨折してたときに参加した某○財団の助成金贈呈式のときの昼食会のお料理…ぐらいしか接点がないのが残念。
    歴史、その時代が感じられるひとつひとつの物語が素敵。
    2016/12/31読了 2016年の76冊目

  • 大正12(1923)年から昭和39(1964)年までの5つの物語。
    いろいろな人が心に残る体験をしてきたのね。
    昭和19年以降の物語から、なんとなく想像できるような話になってくる。
    人の記憶に残る建物とサービスなんだな、きっと。
    東京に住んでいるうちに1度くらい行ってみたかったと思わせる物語。

  • 「東京會舘とわたし 上」

    丸の内にあった東京會舘にまつわる人々の話。

    関東大震災や戦争。そして、マッカーサーによる統制にも耐え抜いた古くからある東京會舘。

    ここで働くバーテンダーやフランス料理のシェフ。お菓子部門の部長。結婚式を挙げた夫婦。

    みんなここが大好き

    そんな思いの詰まった人たちのお話にほっこり。

    下巻では新館の時代の話へ。

  • 東京會舘を舞台とした連作小説。上巻は「旧館」。大正から昭和にかけての物語。レトロな雰囲気に浸って読みたい一冊です。
    戦時中などの殺伐とした時代を描きながらも、この東京會舘だけはどこかしら時流から切り離されているような独特の世界観を感じました。何に支配されようとも、東京會舘はそれ独自の「館」としてあり続けただけなのではないかと。むしろ各話の主人公よりも東京會舘が主役かもなあ。もちろん、人々の物語がストーリーとしてはメインなのですが。
    東京會舘を訪れる人たちよりもむしろ、東京會舘で働く人たちが素晴らしくてカッコよくて印象的でした。とくに「しあわせな味の記憶」に感動させられて。美味しそう、というのにもとても惹かれてしまいました(苦笑)。

  • 東京・丸の内にある近代の社交場の草分け、
    「東京會舘」を舞台とした短編集の上巻です。

    構成は、
    戦前、戦中、戦後の3編を挟んで、
    開業当時の第一章をプロローグに、
    東京五輪の第五章をエピローグとした、
    5編からなる連作短編集ではありますが…、
    1本の完結した作品としても、よかったです。
    (3話と4話で、登場人物が切れている点が、
     若干ね、惜しぃところではありましたが…)

    どのお話も、
    全編に通じたポイントが押さえられていて、
    それぞれによかったと思いますが…、
    特に、締めくくりとなる最終話(第5章)は、
    思わず、ホロリとしてしまぅところもあって、
    とてもよかったですね。

    この流れで、
    現代に舞台を移した下巻も期待できそぅです。

  • 第一印象は…「辻村深月っぽくないな」という印象。

    連作短編で前話の人物が出てきたりはするけど、他作家の作品でもこういうことはよくあるし、これまでの辻村作品にあったような、複数の話に関わる人物が話の大局に関わってくる感もなく。

    淡々と、東京會舘にまつわるエピソードをフィクションを絡めつつ紹介している作品という印象が強くありました。年齢が高めの読者だったらノスタルジーに浸れるのかなー、と思いながら、歴史的な重みが作家の個性を前に出させないほどの重圧に繋がっているのかなー、と思った次第。

    個人的に惹かれたところは、酒飲みの私的には今井清氏が登場する話。バー通いしている人にとっては伝説的な人だと思うのですよ。その人が登場する話を読んで「アガる」ことを避けられる訳がありません。

    こうした印象が下巻でどのように変化するかが、恐ろしくも楽しい今現在です。

  • 甘く優しく繋がっていくのは、みんなが必死に働いて作り上げた場所だから。
    手の温もりが幸せへと繋がっていく。
    誰もが自分の仕事にプライドを持っている。
    目に見える形は違ってもお互いに認め合ってプライドをぶつけ合う勝目さんと田中さんのやり取りはかっこよかった。
    作ったものが人に幸せを与えている。
    その感動を伝えたい相手を感じながら、繋がっていく安心感。

  • 東京會舘の100年近い歴史における群像連作小説。

    上巻は大正12年(1923年)から昭和39年(1964年)の間を五つのエピソードで繋げていて、登場人物が重複することで連作性が強く出ています。
    また、歴史的事実を描くのではなく、それに関連した人の物語を描くことで、時代や會舘の歴史を紡いでいるように思いました。
    各作品の主人公も、小説家、ボーイ、花嫁、バーテンダー、パティシエと、會舘の内外からの視点で飽きさせません。
    ちなみに、東京會舘と関連のある、帝国劇場の観劇(森繁の屋根の上のバイオリン弾き、しかも500回記念公演)、帝国ホテルの挙式(大学の友人で職場の同僚の結婚式)、パレスホテルの宿泊(妻と)はしてましたが、なぜか東京會舘には行ったことがありませんでした。
    というこで、下巻が楽しみです。

全141件中 1 - 25件を表示

東京會舘とわたし(上)旧館を本棚に登録しているひと

東京會舘とわたし(上)旧館を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

東京會舘とわたし(上)旧館を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

東京會舘とわたし(上)旧館のKindle版

ツイートする