我らがパラダイス

  • 228人登録
  • 3.46評価
    • (9)
    • (30)
    • (31)
    • (4)
    • (4)
  • 35レビュー
著者 : 林真理子
  • 毎日新聞出版 (2017年3月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (460ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784620108261

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

我らがパラダイスの感想・レビュー・書評

  • 達者な書き振りで序盤は面白く読んだ。

    だんだん虚構が勝ってくると読み続けるのが苦しくなる。

    中島京子の「長いお別れ」を読んだ後だったため、余計にばかばかしさを感じた。私の軍配は「長いお別れ」に上がる。

    しかし本当のお金持ちの老後、こういう世界もあるのだというセレブ世界の紹介は若いころからの林真理子の得意技だったはず。「格差」を強調せずその世界の紹介だったらもっと面白かっただろう。格差は読者が自分で比べればおのずと浮かび上がるものだから。

  • 今時の老人介護の様子を3人の女性の姿を通して描いた話。
    それに、林真理子さんらしくセレブ要素を加えている。

    読んでいて、「何だかな~」になり、もう読み終わる数ページで読む手が止まり、中々先に進まなくなった。
    そして、結末は「何じゃ、こりゃ」な印象。
    最初は3人の女性が自分の親の介護に悩んでいる様子がリアルに描かれていて良かったのに・・・。
    無理やりドタバタ劇で終わらせたような印象を受けた。

    この物語の主人公の3人は、
    父親が痴ほう症になり、嫂が介護を放棄。
    そのせいで実父の面倒を見る事になった朝子。

    ずっと独身で両親と同居をしてきた、さつき。

    ニートの弟と年老いた母親と3人暮らしの邦子。

    3人はセレブの入る介護施設で職員として働いている。
    そこで働く彼女たちは自分の親を他の入所者になりすまし入れ替えたり、入所中の男性と結婚して自分もその施設の住人になったりする。

    どうも彼女たちのやり方に「う~ん・・・」となり、共感できなかった。
    使われてない所を有効利用するため、自分の親をいい所で過ごさせたいから、って親孝行の思いからしている事とは言え・・・。
    どうもこんなことは卑しい感じがする。
    それに、嫌だな・・・と思ったのは彼女たちが自分たちのしている事を正当化しているという事。
    確かに前半、こんなに介護は大変なんだよ、っていうのを描いていて同情できるけど、だからって人の居場所を勝手に借用していいという事にはらなないし。
    この状況を国民が知ったら80%の人は私たちのしている事に共感する、というのも「何それ?」となった。
    そんな人がほとんどの世の中って、もうメチャクチャやないか・・・と思う。

    この物語には彼女たちの上司で、貧富の差で人を差別する嫌な男が出てくるけど、彼女たちもその男と同じように貧しい人を差別していると思う。
    そうでなければ、自分たちのできる範囲で、分にあった所でよし、とするはずだから。
    上司を嫌な存在で際立たせて彼女たちに同情を集めようという感じがさらに嫌だった。
    さらに後半にも自分たちのしでかした事を他の老人を巻き込んで事件を起こして・・・って、幼稚すぎる。
    その突拍子無さが小説らしいと言えばそうだけど・・・。
    唯一の救いは彼女たちの親が良識をもった人だという事。
    ちゃんとこれは悪い事なんだって意識して謝っている。

    自分のいるべき場所じゃない所にいて快適に過ごしてもそれが幸せなのかな・・・。
    彼女たちがもっと生活に困っていてお金に余裕が全くない人だったらちょっと見方も変わったかもしれないけど、私には全く共感できなかった。

    介護という深刻なテーマを扱ってるけど、林真理子さんらしくコミカルに、深刻になりすぎずに書いている。
    セレブの入る介護施設についてこんな風に詳しくかいてある本はあまりないし、その点では興味深いし、読みやすい本だとは思う。

  • 我らがパラダイス
    高級有料老人ホームが舞台の小説。親の介護に直面する看護師と受付係がなんと!ということを実行してしまうという。
    在宅介護の大変さ、やるせなさが伝わってきた。
    現役介護職としてはこんな職員いたら嫌だなと思うけれど、在宅介護に追い詰められたらそんな心境にもなってしまうのだろうか。
    入居者同士のカップルが粋だなと思った。
    結末以降の話を読みたい。

  • 高級老人ホームを舞台にしたドタバタ劇。親の介護問題や身内のやり取りには身につまされたがあまりにも現実離れ、荒唐無稽な展開にひいてしまった。出口のない苦悩を笑い飛ばしたかったのだろうけど、題材が題材だけにもうちょっと介護に正対した内容を期待していただけに肩透かし。そういう意味でめったにつけない★1。

  • 想像してた内容と違った。ありえないが物語だからね。

  • とても面白く読めた。
    老人介護の問題は私にとっても切実な問題で、最初真面目に読んでいた。だんだんマンガチックになっていき、最後はドタバタ喜劇のようだった。
    読み物としては面白いが、なんかちょっと不満が残る。

  • ラヴストーリかサスペンスかコメディか

    あー連れ合いより先に逝きたい

  • 最近、林真理子さんのエッセイ本読んで面白くなくなったなぁって残念に思ってて、ちゃんとした小説書いてよーって思ってたとこだった。題名がいまいちだし、表紙もいまいちだけど、介護問題の内容の小説だが、非常に面白くて一気に読んだ。介護する側の本音満載で、読んでてスッキリするものだった。だけど、これから多くの人が直面する問題。日本の高齢化はどうなっていくのやら?

  • 新聞連載中にはチラチラ読んでいましたが、細切れがじれったくそのうちやめてしまいました。
    年老いた親の介護、人ごととは言えないようになってきました。
    家族で協力してやっていかないと、大変なことになりそうです。
    でも協力する家族がいなかったら?
    いても協力してもらえなかったら?
    それぞれ介護の手がいる親を抱える女性、それぞれ様々な事情があり、にっちもさっちもいかなくなっています。
    そんな彼女たちが偶然働くこととになった、高級老人介護施設、ここで繰り広げられる奇想天外な出来事・・・
    おかしくて、身につまされてしんみり。
    最後はめでたしと丸く収まるのですが、肝心のお年寄りの身の振り方が書いていません。
    ちょっと心配だわ。

  • 前半は楽しく読めました。最後がはちゃめちゃ。

  • 初めは介護の辛さや現実がひしひしと伝わってきて辛かったけど、後半痛快コメディーのようで楽しかった。
    貧困格差はどうやってうまらないけど、介護の現場を少しでもよくするよう、めざしてほしい。

  • 面白くてさくさく読めましたが最後がちょっとがっかり。

  • 実父(80)、義父(90)を訪問した翌日にこの作品を読む。

    義母の最期にあたり、経験したいろいろなことを思い出しながら、自分のケースは今のところ、幸せな方なのだと思い返す。しかし、自分があの年齢になったときにはどうなっているのか?

    セブンスターズは超高級高齢者施設
    そこに勤める、丹羽さつき、細川邦子、朝子の三人の家族の介護事情。

    盛り上がりは最高!
    楽しく読める。
    林真理子さんは、こうした高級施設にいるようなハイソな社会とそこにいる人々を書くのが得意だと思う。

    そして、母娘の会話も絶妙!

    ただ、やはり結末はどうなのかな~現実に問題となっていることだけに落とし所が難しい。
    お金のある人はいいよね、そういう人はどうにかなるに違いないと思うけど、追い出された普通の人々はどうなるのだろう?

  • 入居者とのすり替えから
    犯罪に手を染めるようになり
    開き直って 次々に重ねるさまは
    まさに おばちゃんの仕業です

    救われるのは 犯罪であっても
    全然暗くなく 
    あっけらかんと明るいところ
    限界まで我慢しての仕業だけに
    憎めないなぁ

  • 前半は人間関係の説明(?)をひたすらしているので
    結末がいい意味での裏切られた結果となりました。
    おもしろかったです。

    正直前半はこれまだ続くのかなーと途中で読むのを
    止めようかと思ったのですが、後半部分は
    登場人物たちがあっちで重なり、こっちでこうなり
    おーすごいーと思わず拍手。

    介護問題はこれから直面する者としては身につまされました。
    やっぱり生活していく上で必要最低レベルお金があってなんぼですね。

  • 林真理子さん。
    テンポの良い書きっぷりで、読みやすい作家さん。
    今回は、
    高級老人ホームのお話。
    老後まで格差社会。
    貧乏人への差別。
    介護の大変さ。お金の問題。
    明日は我が身で、
    哀しくなりました。
    お金がないと大変!!
    貯金しなくちゃ!!

  • 主人公は3人のオバサン。舞台は超高級介護老人ホーム「セブンスタータウン」。そこで働く3人は、それぞれ家庭に問題を持ち介護の必要な親がいる。優雅に過ごす金持ち老人たちと自分達の親との格差…。真面目に働いてきても老後は安泰でない社会の理不尽さ…。精神的に追い詰められた彼女たちはトンデモない行動に出る…。介護という重い題材を真正面から扱いながら、軽いコメディタッチなのでスイスイ読み進められる。それぞれの人物の造形やエピソードも見事!最後のドタバタ劇はまるでコメディ映画みたい(笑)

  • 本当にラストが残念

  • 東京・広尾の高級介護付きマンション「セブンスター・タウン」の受付係・細川邦子(48歳)、看護師の田代朝子(54歳)、ダイニングで働く丹羽さつき(52歳)…それぞれの家庭内で深刻な介護問題を抱える3人は、困窮していく我が身と、裕福な施設の入居者たちとの想像を絶する“格差”を前に、一世一代の勝負に出る!
    ---------------------------------------------------------

    介護問題。面白くスピード感を持って書かれているけど、いづれ自分にもこういう日が来るのかと思うと不安になるような現実味があった。
    ただ一世一代の勝負というのが非現実的だったし、もっと続きが読みたかったという感じ。わりと分厚い本なのだから、新聞に載せていたものを監修したものだけど、本にするならもう少し締まりのあるものにしたら全然印象が違うなーと思った。

  • 林真理子さん何故かずっと敬遠していました
    でも面白かった
    身につまされるよ
    介護 する方もされる方も はあー
    ドタバタの中に切れ味するどく

    ≪ パラダイス 頼ってるだけじゃ ダメなのね ≫

  • どうしたらみんなが人らしく、自分の「パラダイス」で老後を過ごしていけるのかな。
    結局のところお金なのか?
    若いころから備えないとダメってことなのか?

    今、老後を迎えている人たちは、がむしゃらに働いて戦後の日本を支えて発展させてきてくれた人たち。年金制度がこんなことになるなんて、ちっとも疑わなかった人たちなんだよね…
    そして、今の子どもたちにどんな将来が待っているのか…
    なんだか悲観的になってしまう。

    プレミアムフライデーとかキッズウィークとか、とんちんかんなことばっかりやってないで、未来を感じられる政策をやってくれる政治家さんはいないのかね。

  • 面白かった!
    ”やすらぎの郷”さながらのセレブな老人施設を舞台に看護師、介護士、入居している個性的なお金持ちの老人たちの悲喜こもごもがユーモアたっぷりに描かれいる。
    これこそドラマ化してほしいわ。
    私のお気に入りはベテラン介護士の”丹波さつき”
    なぜかダウントンアビーの料理長パットモアさんを彷彿とさせる。

全35件中 1 - 25件を表示

我らがパラダイスを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

我らがパラダイスのKindle版

ツイートする