いつも心に紳助を

  • 18人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (3)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 島田紳助
  • 毎日新聞社 (1994年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784620310305

いつも心に紳助をの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • この頃の紳助さんはいいと思う…真面目さが文面からもうかがえるし…読み応えあり!

  • 親父はこつこつやって来た。

  • 紳助はもうずっと悪しからず想っている。だって、高校生の時に大阪のラジオ番組に出した葉書を読んでくれて、更にキーホルダーまでくれたんだもん♪
    それはいいとして。
    とても頭のいい人だと思う。でも、やっぱり選挙に出ようと思ってるでしょ?ってのは感じるな。連載初期は「絶対に政治家にはならへん」と言ってるけど、後ろの方では「お金もろたら出てまうかも」とか、冗談を交えながらも既存の政治家に対する意見はしっかりと出てきているみたいだからね。やるかもしれへんで。(2006.11.23)

  • 島田紳介さんのエッセイ。文章の書き方が何か巧みだなぁ、と感じる部分が多い。紳介さんの素顔が少し分かります。

全4件中 1 - 4件を表示

島田紳助の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

いつも心に紳助をの作品紹介

お笑いの世界で生きる紳助が、タレントとして、夫として、父として、そして男として、自分自身をさらけ出した初のエッセー集。

いつも心に紳助をはこんな本です

いつも心に紳助をの文庫

ツイートする