復活

  • 12人登録
  • 2.86評価
    • (0)
    • (0)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 谷川浩司
  • 毎日新聞社 (1998年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784620312002

復活の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 羽生七冠に対するそれを許してしまった側からの当時の視点、羽生に対するライバル心、愛憎入り組んだ複雑な感情など感情をあまり表に出さない谷川名人が珍しく感情を吐露している。

  • 名人をとったばかりでユーモアと自信にあふれた「ちょっと早いけど僕の自叙伝です」という著作とは打って変わって、苦難を乗り越えて永世名人の資格を得た経緯を描き、深みがあって面白い。

    羽生にやられまくり、意識しすぎて自分の将棋を見失ってしまったこと。
    最後は自分の将棋を見直すしかないこと。
    阪神大震災でのこと。
    棋士も二十代と三十代とでは違うこと。人間の脳の発達は20代の半ばにピークに達して後は下降線。そうなるまでにどれだけ努力して強くなっておくか、そのあとどのように実力を保ち続けるかという試練。

    羽生さんに、平成5年の「上座事件」の当時の心境を聞いてみたい。

  • 将棋のプロ棋士、谷川さんが平成10年当時、タイトル無冠から名人・竜王に再び返り咲いた頃の著書。羽生善治七冠達成の頃の話で、当時は羽生が№1、大差で谷川が№2という時代。谷川先生も将棋史に残る大棋士なんです。本書での赤裸々な告白に感動しました。

  • いつも気になる谷川さん。30年弱前からだ。最近はタイトル戦からすっかり遠ざかってしまっているが、期待しています。

  • 谷川浩司という棋士の姿がよくわかる本。スポーツなり実業界なりこのような世界で活躍する人が自らについて書く本は、えてして自慢や客観性に欠く理屈、あるいは素朴すぎる感想に終始しやすいものだが、谷川氏の文章はけしてそのようなものではなかった。自己を批判的に見ることのできる姿勢、自身の個人的な体験から説得力のある思考を導き出す誠実さ、それを十分に感じさせる本である。氏が理解した様々なこと、それは立場の異なる読む人にも共感をもって受け入れられるだろう。

全5件中 1 - 5件を表示

谷川浩司の作品

復活はこんな本です

復活のKindle版

復活の文庫

ツイートする