イギリス「族」物語

  • 46人登録
  • 3.18評価
    • (0)
    • (2)
    • (9)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : Jon Savage  岡崎 真理 
  • 毎日新聞社 (1999年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784620312842

イギリス「族」物語の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • w

  • 50年代から90年代のイギリスにて生まれた若者文化である、テッズ、ロッカーズ、モッズ、ヒッピー、スキンズ、グラム、パンク、古着、フーリガンなどの「族」と、彼らが影響を受けた様々なジャンルの音楽や映画とが書かれた本。

    文字だけて絵や写真がないので、どのような容姿であったかのイメージは付きにくいが、
    時代背景や映画、音楽、そしてそれぞれの「族」について知ることができるし、各「族」が関連しあっていたこともわかって面白かった。

  • 出てくる単語を「あぁ、あれね」とイメージできる程度の知識を持っていないとキツイと思う。
    個々の文化を単独で語るのではない点は良い。

  • 読んでいると、
    音楽が聞きたくなり、
    そして、映画も観たくなる、
    そんな本です。
    「テディーボーイ」「ロッカーズ」「モッズ」「スキンヘッズ」「古着ファッション」などなど、50年代のイギリスに始まる、英米を中心としたサブカルチャーのスタイル、風俗などを、それを象徴する音楽や映画とともに細部にまで検証。若者の「族」の変容を丹念に論じています。
    終章「ユースカルチャーの終焉」は、今の日本の世相にもつながっています。

全4件中 1 - 4件を表示

イギリス「族」物語を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

イギリス「族」物語を本棚に「積読」で登録しているひと

イギリス「族」物語の作品紹介

モッズ、パンクからレイヴ・カルチャーまで。若者たちが、ファッション・音楽・ダンスの様式美に耽ることのできた頃のロマンチックな青春。

イギリス「族」物語はこんな本です

ツイートする