男の勘ちがい

  • 45人登録
  • 3.60評価
    • (3)
    • (4)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 斎藤学
  • 毎日新聞社 (2004年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784620317014

男の勘ちがいの感想・レビュー・書評

  • 本の帯の言葉
    「男らしさは病気だ!そろそろ勘違いをやめて、家族やパートナーとの関係を見なおそう。精神科医が「男らしさの病」に迫る現代人の必読書」
    この本が出版されたのは2004年。2015年の現在では、このキャッチフレーズは色あせているが内容は今でも通用する。
    第4章の虐待する男たちの分析は鋭い。「子どもをすくませる父」「妻を殴る男」は昔からあったかもしれないが、今になって顕在化してきている。
    筆者は「男は自分は強いと勘違いしている」と結論づけている。男は、女性に較べて生きる力は弱い、それを隠すために暴力的に出ているのだと。

  • [ 内容 ]
    男らしさは病気だ!
    そろそろ勘ちがいをやめて、家族やパートナーとの関係を見なおそう。
    精神科医が「男らしさの病」に迫る現代人の必読書。

    [ 目次 ]
    第1章 逃げる男と逃げない男
    第2章 男に足りないもの
    第3章 男たちと世間
    第4章 虐待する男たち
    第5章 男は脆いよ
    第6章 男たちの結婚
    第7章 父親してるか?男たち
    第8章 男児から男へ
    第9章 大人の男として生きたい

    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

  • 作中名言
    「自分には何かが足りないという強迫観念を抱えながら、自分を待っててくれるはずの女性の存在を信じる。これが男のプライドの根幹にある。」

    「【世間】は【個人】の成立にとって不可欠なもの。【世間】という異物の排除に努めようとするところに【個人】の誕生と成長がある。
    【世間】はあるとき、ある状況では、凝集集団から【個人】を誕生させる新鮮な空気となり、別なとき、別な状況では【個人】を攻撃する悪意の塊と化す。つまり、【私】の位置と必要が【世間】の特徴を決めるわけで、【世間】とは【私】の鏡像である。」

    自由な視点で男を語る小気味の良いエッセイみたいな本。

    男の成長や、結婚観などが考え方としてとても勉強になった。

    男なら愚痴愚痴女々しくなるな!掟として生きろ!

  • エッセイというか、男というキーワードで自由に語られる。
    過去から最近の出来事まで、実に幅広い。
    武士社会の追腹(主君の後を追う)から、イラクの人質3人組の裏事情もあったり、知らないことも多く、心地よい読後感。

  • 9JUN2009 1番目/10冊

全7件中 1 - 7件を表示

男の勘ちがいはこんな本です

男の勘ちがいのKindle版

ツイートする