楽天の研究―なぜ彼らは勝ち続けるのか

  • 133人登録
  • 3.24評価
    • (4)
    • (17)
    • (45)
    • (4)
    • (2)
  • 26レビュー
著者 : 山口敦雄
  • 毎日新聞社 (2004年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784620317182

楽天の研究―なぜ彼らは勝ち続けるのかの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 一挙にスターダムに上がった感がある楽天のスタートから現在まで。39歳の三木谷社長が興銀を退職してから僅か8年でこれだけのことを実現したことに、日本でもこのような成功体験が現代でありうることに驚きです。ITバブルの崩壊の直前に上場していたことが、豊富な資金によるM&A実施主体側に回ったという幸運も「スピード」による実力だったのだと思います。そして三木谷氏が米国ハーバード「大企業で出世することより、起業することこそがビジネスの大道であり、醍醐味である」ことに関心が高い米国学生から学び興銀を飛び出したことには大変興味を覚えます。そして三木谷氏だけでなく、綺羅星の如く若い優秀な幹部が揃っていることは驚嘆です。興銀の先輩・山田、同僚・高山。そして慶応大・総合政策学部時代に三木谷と出会って、新会社に飛び込んでいった本城・小林・杉原。リクルート出身の吉田。若い弁護士・草野。彼らは全員が優秀なベンチャー精神に富んだ青年たちです。会社にしがみ付いて汲々としている自分が惨めになります。この会社の将来が洋々としていることを感じました。楽天の企業理念は素晴らしいものがあります。 

  • 情報はかなり古いが、楽天創業時のエピソードなどから参考にする所が多かったです。
    それぞれのステージに必要な方と出会い、一緒に考え行動し続けれたのが大きな強みのような気がしますね。
    やはり「企業は、人なり。」かな?
    C to C ビジネスモデルの唯一の成功例なんですね。

  • 楽天を「ネットベンチャー」「M&A集団」という二つの側面から取材して、その成功要因を追及していく、という内容。本当に優秀な人たちが集まって、買収を重ねて成長していく。何だか経営手法がアメリカ的で、参考にしづらい企業だと思った。
    でも間違いなく言えることは、時流にぴったりはまることが大切だということだ。幕末に坂本龍馬が貿易に目をつけたように、戦後本田宗一郎が車に目をつけたように、ウェブの興隆期に孫正義が通信インフラに目をつけたように、ヒーローが誕生しうるステージを見極めることが大切だ。

  • 楽天がここまで大きな会社となるまでの軌跡が記されている。また、現状に満足するのではなく、世界に通用するような会社となるべく前進している姿がうかがえる。

  • 会社の本棚からもってきて読んだ。M&Aとはベンチャー企業が時間を買って会社を大きくすること、という点が印象に残った。

  • 展示期間終了後の配架場所は、開架図書(3階) 請求記号:335.4//Y24

  •  1年程前からだろうか、以前から楽天と言う企業には関心を持っていて企業研究本を探していたのだが、最近発売されたようなので早速手にとって読んでみた。以前から、ソフトバンクと比べて堅実な企業だという印象を持っていたが、この本を読んで真面目な企業だという印象が加わった。本書では体育会系の企業という表現がなされているが、テキパキと企業活動を進める様を上手く表している表現だと思う。
     本書にも出てくる「楽天における5つのコンセプト」は、楽天のホームページの採用情報に部分にも書かれているので知っていたが、特にその中の「3) 仮説→実行→検証→仕組化」の意味をこの本を通じてより深く知ることができたと思う。改めて感じるのは、私自身は実行と検証を軽んじていて、「仮説→仕組化」を急ぎすぎているのかという気がした。
     楽天代表取締役の三木谷浩史氏については、同郷という事もありどのような人物なのかという関心を寄せていたが、この本だけからはいまいち人物像を見ることはできなかった。また、この本は読み物としては面白いが、企業の研究としては数字の面が弱いかなと言う感じを覚えた。また、競合他社との比較についても、記述はあるものの物足りない感じがした。

  • 開発者である吉田さんの話が参考になった。
    ■開発が主導権をもって、営業部門の仕事をシステム化し、コスト削減するという発想。
    ■サービスの企画立案、開発、運営をシステム側が担うプロデューサーという役割。
    色々取り入れる要素がありそうだ。

  • B10-022

    2004年の本なので今となっては少し古い。
    著者は楽天は「創業期」「M&A期」と2つにわけることが出来ると述べている。

    この本は楽天の創業時のメンバーに対するインタビューに大きくページが割かれている。
    それがこの本の特徴。
    分析自体はイマイチ。

    なので、インタビュー記事をまとめた本と思って読むのがいいだろう。

  • だいぶ昔に読んだけど思い出したので登録してみる。
    楽天って企業のなりたちから今後目指す方向性が見えてくる。
    つまりネット企業の人は目を通しておいた方がいい本ですね。

全26件中 1 - 10件を表示

山口敦雄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エリヤフ・ゴール...
デール カーネギ...
村上 春樹
堀江 貴文
三木谷 浩史
ハロルド・ジェニ...
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印

楽天の研究―なぜ彼らは勝ち続けるのかを本棚に「読みたい」で登録しているひと

楽天の研究―なぜ彼らは勝ち続けるのかを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

楽天の研究―なぜ彼らは勝ち続けるのかを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

楽天の研究―なぜ彼らは勝ち続けるのかを本棚に「積読」で登録しているひと

楽天の研究―なぜ彼らは勝ち続けるのかの作品紹介

プロ野球参入で超注目。楽天とは何モノか?!急成長の秘密とは。その戦略に死角はないか。三木谷社長率いる30代経営陣へのインタビューを通して、楽天の正体を明らかにする。

楽天の研究―なぜ彼らは勝ち続けるのかはこんな本です

楽天の研究―なぜ彼らは勝ち続けるのかのKindle版

楽天の研究―なぜ彼らは勝ち続けるのかのオンデマンド (ペーパーバック)

ツイートする