自己流園芸ベランダ派

  • 123人登録
  • 3.88評価
    • (16)
    • (21)
    • (21)
    • (1)
    • (0)
  • 19レビュー
  • 毎日新聞社 (2006年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (245ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784620317847

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
暮しの手帖編集部
森見 登美彦
村上 春樹
三浦 しをん
藤田 雅矢
村上 春樹
カレル チャペッ...
有効な右矢印 無効な右矢印

自己流園芸ベランダ派の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 東京都心で植物を育てること。それは自分にも身に覚えがある。まず、土を買うのさえ、どこで買ったらいいのかわからない。そのむつかしさを知る者としては、浅草の自宅マンションで植物を育てようと実践している著者がものすごく倒錯しているように思われた。園芸が好きなのに、どうして都会に留まろうとするのか。著者自身、その矛盾を追求しているらしく、その「あえて」感がひどく痛々しく感じられた。

  • いとうせいこうの文章を初めて読んだが軽妙でやや自虐スパイスの表現が私好みであった。人気があるのがよく分かった。面白かった。

  • ボタニカルライフに引き続き、いとうせいこうさんの園芸ものを。
    相変わらず面白いのだけど新聞連載のせいか文章が短めなのが残念。
    気になる植物は画像検索しまくったので、すこしだけ植物に詳しくなれたかも。

  • すぐなんか育てたくなる。

  • 独特の言い回しの植物への愛。

  • ボタニカルライフに続いて、いとうせいこうのベランダでの園芸エッセイなのだが、ベランダーのあるあるが本当に詰まっている。
    その上この人のベランダに時折訪れては話を聞いてるような細やかな植物の描写と気持ちの動きについての記述に思わず一緒に喜んだり悲しみを抱いたり。
    植物を不器用ながらも育てている人や、植物を育てたいけどなかなか踏み出せない人に呼んで欲しい本だ。

  • ユーモア溢れる文章は、チャペックを彷彿させます。先に出ている「ボタニカル・ライフ」も読もう!

  • 植物、私も苦手だったけれど、多肉植物を友人に勧められてから俄然興味が出てきた昨今。
    色々枯らしてきたけれど、せいこうさんのように捨てないで水をたまにあげていたら春になったら芽吹いたとか、感動もあり。
    植物に元気をもらうことや発見が多い。
    ガーデニングというと敷居が高いけれど、これくらいのスタンスでいると気が楽である。
    最後の対談はとても哲学的。。。

  • 朝日新聞に連載されていたコラムをまとめた本。植物を買ってはダメにし,思いがけない発見がありと共感を覚えることもあるのでは。

  • 枯らしては買い、買っては枯らす、
    元気なのばかりえこひいき、
    でも枯れちゃっても何となく水だけはあげてしまう・・・・
     
    あるある、と頷いたり笑ったりしながら読みました。

    冬の植物の考察をはじめ、
    端々にチャペックの「園芸家12ヶ月」に通じるものを感じました。
    ガーデナーでもプランターでも、チェコの人でも日本人でも
    植物を通して感じることはあまりブレない。
    (09.07.26)

    ---------------------------
    図書館
    (09.07.18)

全19件中 1 - 10件を表示

自己流園芸ベランダ派を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

自己流園芸ベランダ派の作品紹介

大切な夜に咲いた月下美人、あんずの人工授粉、恥じらう夜顔…。都会の小さなベランダで数々の奇跡が起こる。「だからベランダーはやめられない!」『ボタニカル・ライフ』に続く待望の植物エッセー第2弾。園芸家・柳生真吾氏、詩人・伊藤比呂美氏との対談も収録。

自己流園芸ベランダ派はこんな本です

自己流園芸ベランダ派のKindle版

ツイートする