記憶と沈黙 (辺見庸コレクション 1)

  • 33人登録
  • 3.29評価
    • (1)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (1)
  • 2レビュー
著者 : 辺見庸
  • 毎日新聞社 (2007年3月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784620317984

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
遠藤 周作
ヴィクトール・E...
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

記憶と沈黙 (辺見庸コレクション 1)の感想・レビュー・書評

  • 978-4-620-31798-4 277p 2007・3・30 ?

  • 入門書というにはあまりにも重厚ではあるが、まだ辺見庸にふれていないという方には、必読の書である。辺見氏が何に取り組んできたのかがよくわかる。

    辺見さんは「虹をみてから」の中で、死刑制度についてこんなふうに述べている。




    いったい、忘却する者が、記憶する者を裁くことが許されるのだろうか。あるいは、忘却する側が、記憶する側を殺すことが許されるのだろうか。
    私のようにたくさんのことを物忘れしている輩や記憶のあやふやな者どもが、ひたすら記憶し、苦しみ、悔いる者、記憶の果てしない反芻を強いられている者を罵倒することができるか。
    できはしない。してはならない。(中略)
    逆なのである。私は、むしろ、カインのように悪罵を浴びなければならない気がするのだ。
    もっぱら、忘却という、無意識の殺人に等しい罪のために。殺人が記憶殺しなら、死刑という国家的殺人もまた、組織的忘却強制装置による記憶の制圧なのである。
    忘却が記憶に勝つとは、やはり、理不尽なのだ。だが、死刑執行計画は、おそらく、まだ若い国家官僚らにより、日々練られている。じつに、無感動に。


    http://ameblo.jp/use04246/entry-10059136138.html

全2件中 1 - 2件を表示

記憶と沈黙 (辺見庸コレクション 1)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

記憶と沈黙 (辺見庸コレクション 1)を本棚に「積読」で登録しているひと

記憶と沈黙 (辺見庸コレクション 1)はこんな本です

ツイートする