はじめてのグローバル金融市場論

  • 32人登録
  • 2.93評価
    • (1)
    • (2)
    • (8)
    • (1)
    • (2)
  • 3レビュー
著者 : 藤田勉
制作 : 竹中 平蔵  竹中 平蔵 
  • 毎日新聞社 (2009年3月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784620319292

はじめてのグローバル金融市場論の感想・レビュー・書評

  • それほど目新しい視点はありません。
    ようやく私も「常識」を疑ってみる視点が身についてきたということでしょうか。
    やはり資本主義が徹底されず資本市場が弱いからこそ日本が弱い、という点は同意します。
    「セィヴィング・キャピタリズム」と共通するものであるな、と。
    (まだ同書は途中までしか読んでいないので進めないとw)
    ただ竹中路線の自画自賛は少々行き過ぎのように感じました。

  • コンパクトにまとまっていて読みやすかったが、文章の書き方が分かりやすいようで分かりにくかった。ニュースや業界で「通説」的にいわれていることもWHYを追求すると実は真実ではないことが多い、というのを本当に身にしみて感じた。特に金融、という万人に理解しづらい分野だと、特にキャッチーなフレーズに惑わされやすくなるのかなぁと思った。

  • 平易に書こうとしているため、若干わかりにくい。
    データをふんだんに用いている点はリサーチアナリストらしく、さすがだと思います。
    内容としては最終章の東京の国際金融センター化という点に関して強く賛同します。
    本文で筆者自身が述べているようにデータは恣意的に利用できるので、ところどころ恣意性を感じるデータもありました。
    他にも、理由は5点ある。という書き方をしているが、1と2が対比、3と4が対比だったりするので、実際は3点しかなかったり・・・。わかりやすくしたいがために逆にわかりにくいのが多少残念でした。
    G-SECの授業の超入門編と言うのがふさわしいと思います。履修者はこの本を読んでも単位は取れないと思うから気をつけて!!

全3件中 1 - 3件を表示

はじめてのグローバル金融市場論の作品紹介

世界経済は本当に「100年に一度の危機」なのか?答えは×。なぜか…。3年連続日経ランキングNO.1ストラテジストが語る世界標準の金融知識。

はじめてのグローバル金融市場論はこんな本です

ツイートする