検察崩壊 失われた正義

  • 120人登録
  • 3.89評価
    • (9)
    • (17)
    • (11)
    • (1)
    • (0)
  • 18レビュー
著者 : 郷原信郎
  • 毎日新聞社 (2012年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784620321479

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
古賀 茂明
市川 寛
池井戸 潤
横山 秀夫
ウォルター・アイ...
有効な右矢印 無効な右矢印

検察崩壊 失われた正義の感想・レビュー・書評

  • 特捜検察の手法は、鈴木宗男さんや佐藤優さんの逮捕・判決のプロセスを他の本で知り得ていたが、一度決めた筋を徹底して多少の無理があっても作り込む様は、今回のインタビューからもよく伝わってきた。正義云々ではなく、勝つか負けるかということが、本質だなと感じた。

  • 日々新聞を追うだけでも特捜検察の劣化ぶりが目に付くようになってきたのは、いつ頃からか。本書は数多の特捜事件の中で特に防衛省汚職事件、中でも影のフィクサーとされ逮捕された人物を巡って「被疑者の友人」である著者が個人的に知りえた情報を軸に、近年の検察の組織、捜査手法に批判を加えていく。そのため批判の対象は拡がりを欠くが、捜査のプロを生まない人材育成やマスコミへのリークを通じて形成した世論を追い風にする劇場型捜査、あらかじめ作られたシナリオ通りに自白を強要する捜査手法など、「崩壊」の状況はどの事件にも当てはまるように思える。
    これらの劣化を後押しするのはそれを伝えるメディアの劣化だ。著者自身もあとがきで慎重に所属する新聞社と、本書との関係を否定し、タイトルについても「検察再生」にむけたエールであると半ば弁解する。
    もちろん社会状況が特捜検察の変革を促している部分もあろう。その意味で合わせて「特捜検察VS金融権力」等を読むとより現在の検察を巡る状況が立体的に捉えられると思う。

  • 小川敏夫 民主党の元法相、陸山会事件の検察の虚偽報告に対し指揮権を発動しようとして内閣改造で更迭させられた。
    石川知裕 元小沢一郎秘書、陸山会事件で東京地検に嵌められかけた。政治資金規正法で有罪
    大坪弘道 元特捜部長、村木厚子さんのえん罪事件で部下の証拠改ざんで犯人隠避で有罪になった。
    八木啓代 メキシコ在住のラテン歌手、健全な法治国家のために声を上げる会代表

    郷原信郎氏とこの4人の対談で陸山会事件における田代検事の虚偽報告書がどのように作られたかが明らかになっていく。巻末には問題の最高検報告書を添付してある。

    小川対談 
    検察側は捜査中の証拠文書はたとえ現職の法相が相手であっても簡単には見せない。ちゃんと認識していなかったのだが本人が内容を確認した上で署名する供述調証書は証拠能力が高く、捜査報告所はあくまで捜査状況を上司に報告するための報告書。しかし、検察審査会では証拠文書であるかのように資料として提出され、審査会の判断の根拠とされた。
    田代報告書がでっち上げだと言う証拠を突きつけられた最高検は「記憶違い」という弁明を受け入れた。これが通るのであれば今後偽証は全て記憶違いでOKだ。田代検事は佐久間部長にこの報告書を見せていた様だが2012年6月嫌疑不十分で不起訴になっている。

    石川対談
    取り調べの様子が生々しい。ポイントは佐藤優氏の助言に従って取り調べをICレコーダーで全て録音していた事。これが無ければどうなっていた事か。それでも政治資金規正法で有罪にされてしまっているのだが。
    石川氏はとかげのしっぽ切りにあった田代検事に同情的ですらある。取調中に吉田副部長は「石川さん、水谷建設の5000万円を認めて、秘書の事件にして、これを終わらせましょう。」「秘書がたまたま横領したことにして、小沢さんはあずかり知らずということにした方がすっきりするし」「いや、このままでいくと小沢さんは検察審査会で間違いなく黒になる」どうやら小沢氏を立件するのはとても無理なので検察審査会に持ち込む戦術をかなり早い段階から考えていたようなのだ。

    石川氏の録音記憶には田代検事の告白が残っている。「要するにさ、ぼくはあの、石川さんに対してね、ま、色んな技をさずけて、長所にした部分もあるけれど」「結局、やっぱり法律家であれば、やっぱり共謀の認定っていうのは、ま、認めてはいるんだけど、それじゃ、ちょっと共謀の認定としてはきついよねっていう、位の話はしたじゃない」「うちの方は、ま、なんていうかな。うまい具合にさ、そこは、ね、要するに想像したとおりになっやわけでしょ。うん、だけど、そこのところがやっぱり、検審の、その法律家じゃない人には、ま、理解が多分しづらいところなんじゃないかと思うんだよな」
    つまり、田代検事は上司が認めてくれてギリギリ起訴にならない線で調書を作り、でも検察審査会の素人には理解できなかったと。

    大坪対談
    田代報告書の検証を二人でしているが、それ以上に頭に来ているのが村木さん事件では上司は知っていたに違いないと、大坪氏が否認したにも拘らず逮捕、起訴した検察が田代事件では記憶違いを認めお咎めなしになった所。前田事件で部下の証拠改ざんに気がつかなかった点は大坪氏は責任を感じている。しかし、田代事件は追いつめると上司に累が及ぶとしたのだが、どちらも構造は同じでどこまでを組織が守ろうとしたかの線引きが違うだけだ。

    八木対談
    この人がどういうタイミングで出てきたのかあまりハッキリ覚えてないのだがBLOGOSだったか、ツイッターだったか。どうも最初に市民団体を立ち上げたのは勢いだった様だ。そしてロシアのサーバーにある問題の調査報告所をだれかが八木氏宛にリークし(しかも出元は複数ある様だ)ネットに公開した。マスコミが出来なか... 続きを読む

  • 陸山会事件での田代検事の虚偽調書作成について不問に付すという検察の決定に関して詳しく分析している本
    詳しい人同士の対談で進むので,一連の事件の経緯について予備知識がない人が読んだらイミフなのではあるまいか? という気もしたが,それなりに知っていて読んだので,「ふむふむ。なるほど」が多かった。

    特に有益だったのは,村木局長無罪事件に関するフロッピー改ざん事件で犯人隠避罪に問われている大坪氏との対談
    大坪氏が有罪なら,田代氏の件のほうも,上司から最高検幹部に至るまでみんな犯人隠避である,と。
    確かにそうだ!

    組織防衛を最優先してしまう対応というのは世の中にいくらでもあるだろうが,それを検察がやるという恐ろしさ。

  • 小沢事件がいかに無茶な捜査だったかを検証した本

    この事件がなければ民主党が政権をとった時には小沢さんが総理だったんだろうね。

  • 小川敏夫・元法務大臣、石川知裕・衆議院議員、大坪弘道・元大阪地検特捜部長、八木啓代 (健全な法治国家のために声をあげる市民の会の代表) と ヤメ検弁護士である郷原さんとの対談集。

    特に、記憶に残ったのは、2009年の歴史的な「政権交代」前後に起きた検察による事実上の「クーデター」に関する記載である。
    日本でそういった視点を持っている方はあまりいないと思いますが、民主党が政権をとったときに、検察が小沢代表を起訴した。本来であれば、政権党の党首は、総理大臣になるのが普通だが、検察による起訴により小沢は、総理になれなかった。これは、日本という国で検察が起こしたクーデター、民主主義が踏みにじられた問題だとういう点。

  • マスコミがこういった話を報じない限り、この本を読むべきだと思う。そして、マスコミが報じるニュースと比較検討し、どう思うか考えるべきだと思う。
    弁護士(元検事)郷原氏が、小川敏夫・元法務大臣、石川知裕・衆議院議員、大坪弘道・元大阪地検特捜部長そして八木啓代氏と郷原氏の対談録を収載し、そしてそれら対談を踏まえ、郷原氏は正義は失われ、検察が崩壊していると断罪する。国は(司法)は正義を働くと考えているので、国民は国家秩序に従う。だが、国が不正義を働いているとしたら...
    巻末に、「最高検報告書」、「田代報告書」を全文掲載している、これらの客観的事実と報道、本書を読んで自分で考えることができる。

    指揮権を発動し、司法の暴走を食い止めようとした法務大臣は、野田総理によって更迭された。野田、細野はじめとする民主党は、誰を守って誰を守らない選択をしたのか、それも忘れてはいけないこと。

  • 小沢さんは検察では不起訴になったが、検察審査会では起訴
    相当となった。一見検察の意向に添わず無理筋で起訴になったと思えますが、実は検察の一部がわざと検察審査会で起訴に誘導するように行っていたということを関係者のインタビューという形式で検証していく。
    検察という権力をもった組織が一刻の宰相選びさえも自分の意に沿うように妨害できてしまうという恐ろしさがわかる。

  • 2012/11/14頃読了。

    郷原氏が、小沢一郎事件を巡る「田代検事・虚偽捜査報告書作成疑惑」につき、小川元法務大臣、小沢氏の秘書だった石川衆院議員、田代検事を告発した市民団体の代表らと対談した本。

    正直、特捜部が、「検察審査会をだまして、強制起訴させる意図」をもって、田代検事に、内容虚偽の捜査報告書を作成させた、とまでは思われないが、まあ、そのように見られるのもやむを得ないところはあり、市民団体がこのような事件を告発したことは意義深いし、対談の内容も大変興味深い。

    しかし、小川元法務大臣が、評論家面して、検察の対応を批判するのには違和感を感じずにいられない。だって、あなた、当時、検察庁を指揮監督する法務大臣だったんでしょ?疑惑があれば、徹底的に調査させるのが、あなたの仕事だったんでしょ?それができずに、内閣改造により、法務大臣を解任されたのは、ぶっちゃけ、あなたの能力不足では?小川元大臣は、「検察は、大臣にさえ、事件の証拠書類などは見せようとしないので、自分は、田代報告書を見せるよう、検察に頼むことすらしなかった」という趣旨のことを言うが、いくら検察とはいえ、大臣から指示があれば、そのような資料をみせないなどということはあり得ない。この小川元大臣の発言こそ、小川氏が、本気で田代報告書につき、検察と対決する気があったのかについて、大いに疑問を投げかけるものと言えよう。

  • 所謂、陸山会事件の関係者の対談集。

    誰が考えても無理筋の捜査、立件で検察審査会による裁判。

    検察のウソがウソを拡大再生産してしまうという悪循環。

    ニッチモサッチモ行かなくなり、最後の大嘘。

    そのようなことの一連の流れが、正義をこよなく愛するメンバーの対談集。

    閉鎖社会でコソコソ生きる検察が惨め。

    このような腐りきった組織を再生できるのは市民の力しかない。

    八木啓代氏、がんばれ!

  • 検察が自分を『神』と勘違いしているのは怖い。制度を見直した方が良いと思いました。

  • 門外漢すぎて、対談者のベースとなっている事件・事実さえ知らなかったくらいだが、問題の多い現状は理解。広く読まれてほしい一冊。

  • ネットや一部の著作で言われている「検察の権力・横暴」には懐疑的だったが、郵便不正事件、小沢裁判などの一連の検察不祥事から本書を購入。著者と上記事件の当事者との対談を通じて、検察の問題点(恣意性や間違いを否定できない体質)が浮き彫りになっている。

  • ライブドア事件辺りから、検察ってちょっとおかしくなって来てないかと感じだし、村木さん、小沢さんの事件で信頼が失墜。日本がまともな法治国家である為に、検察組織には生まれ変わってほしいです。新聞、メディアがスルー気味なこういった問題を、正す為に活動されている方々は本当に尊敬します。

  • 八木啓代のひとりごと お待たせしました。検察をズタズタにして差し上げましょう
    URL : http://nobuyoyagi.blog16.fc2.com/blog-entry-658.html

    はっきり言っちゃいますよ。これ凄いです。
    郷原信郎弁護士をホストに、小川元大臣、石川議員、大坪元大阪地検特捜部長、そして、このあたくしが、対談をするという内容なのですが、小川元大臣、さすが元法曹三者の経験者だけあって、その突っ込みの凄まじさは、郷原弁護士がたじろぐほど。さらに、石川議員は、もう爆弾発言炸裂させ、大坪氏は、史上かつて無い逆ギレを見せてくださっています。

    この濃ゆい皆様方に比べると、私のような者は糸トンボみたいな存在感ではありますが、(一方で、他の3人は全員「検察に痛めつけられた被害者」なのに,1人だけ「痛めつけてる加害者」がいるという説もありますが)、とにかく、出たら、大話題を呼ぶことになると思います。是非、お買い求めください。

全18件中 1 - 18件を表示

検察崩壊 失われた正義を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

検察崩壊 失われた正義を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

検察崩壊 失われた正義を本棚に「積読」で登録しているひと

検察崩壊 失われた正義の作品紹介

緊急対談!「権力のウソ」すべて暴きます。法治国家最大の危機、"検察問題"の流れを変える一冊!"ごまかし"、"詭弁"だらけの「最高検報告書」全文掲載。

検察崩壊 失われた正義はこんな本です

検察崩壊 失われた正義のオンデマンド (ペーパーバック)

検察崩壊 失われた正義のKindle版

ツイートする