粉飾 特捜に狙われた元銀行員の告白

  • 96人登録
  • 3.55評価
    • (4)
    • (14)
    • (11)
    • (4)
    • (0)
  • 14レビュー
著者 : 佐藤真言
  • 毎日新聞社 (2013年3月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784620321905

粉飾 特捜に狙われた元銀行員の告白の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • PDF
    粉飾

  • 速読。
    粉飾する側から見た特捜部と裁判の進行過程を説明した本。見せしめ的な逮捕起訴は無意味だと主張する著者。確かに裁判の進行過程は疑問である。ただ昔見学した某有名大学の教授の痴漢裁判でも弁護側の原告に対する威圧的な態度と、検察と裁判官の癒着と打ち合わせには驚いたくらいだから、日本も中国とかわらず法律によって正義を勝ち取るなんてことは存在しないのね。君子危うきにを肝に銘じて生きなければ。

  • 銀行の融資の現場における本音と建前の使い分けをしている現場の実態を良く理解できた。筆者には今後も頑張って欲しい。

  • 粉飾決算は中小企業にとって必要悪である。

    これに納得できるかどうかに尽きる。
    正直中小企業の決算とか全く知らない立場からすると直ちに肯定できないものがある。
    真面目に決算してる中小企業に失礼じゃないのだろうか?とも思う。

    粉飾を必要悪だと割り切ってしまうのがコンサルとして正しいのかもわからないけど、裁判では戦いずらいのは容易に想像がつく。
    本音と建前の日本の社会を見せつけられる気もするけど、プロフェッショナルとしてのコンサルがそういう選択でいいのかという疑問は残る。

    それぞれのポジショントークが散りばめられている本だとも思い、金を稼ぎ生きていくというのは大変なことなんだと改めて感じさせられた。

  • 「中小企業に粉飾決済を指示し、銀行から不正に融資を引き出した」として、東京地検特捜部に逮捕、起訴された筆者が事件の背景を告白した一冊。

  • 詐欺罪で有罪判決を受け上告中の著者が、事件に関する一連の経緯をつづった本です。

    タイトルこそ「粉飾」ですが、粉飾決算の具体的な手口云々についてはあまり記述がなく、「そもそも粉飾決算を銀行に提出して融資を受けることが、一概に詐欺とはいえない」、そして「特捜部の捜査は厳しすぎ、また量刑が重過ぎる」という著者の主張が前面に押し出されています。

    著者の主張に対しては批判も多いと思われますが、元都銀の行員、つまり中小企業経営の現場に融資担当者という立場でも立ち会ってこられた著者が、あえてこのような暴論とも取れる主張をしているということは、重い事実として受け止めるべきかと思います。

    主張の是非はともかく、銀行員そして中小企業コンサルタントとして、真摯に仕事に取り組んできた筆者の経験談(特に第2章、第3章)は、若手サラリーマンにとって一読の価値があります。"コンサル"というとエリート、スマート、激務だけど高給、というような漠然としたイメージがありますが、中小企業経営の最前線は決して甘くないということがひしひしと伝わってきます。

    計画倒産を指南する怪しげなコンサルタントの存在(P184)も印象的でした。並外れた熱意や努力がなくとも、特殊なテクニックや悪知恵があれば「コンサルタント」はできる。そしてそういう人のほうが巧く立ち回っている、という現実がそのまま描かれています。だからこそ、「中小企業を助けたい」という著者の熱意が、こころに迫ってくるように思います。

    ただし第4章(逮捕)以降は、ありきたりな検察批判と刑事被告人の日常が熱く語られているだけで、あまり得るものがありませんでした。

    (2014/3/24)

  • 自分が勤めてる会社が粉飾していないという確たる証拠を持っていない人は、これを読んだら、「粉飾決算やってたんでしょ?じゃあダメじゃん」なんて言っていられなくなる。
    これ、対岸の火事じゃないよ、全然。

  • 中小企業にとって(前向きな)粉飾は必要悪との主張をどう捉えるか。一般論ではまさに悪であるが、金融関係、経理担当から見ればどう感じるのだろうか。

  • ・中小企業は大多数が粉飾をしている。そんなの常識で、銀行だって知ってる。
    ・「400万企業が哭いている」

  • 絶賛上告中である、粉飾詐欺の首謀者として逮捕された著者自身による告白本。事件のあらましが、当時関わっていた社長や検事・弁護士との会話を再現する形で丁寧に進む。基本的に、“顧客の事業発展を手伝いたい”というコンサル業のご立派な理念の主張が繰り返されているだけで、内容そのものは薄い。
    “そして何より、粉飾した決算書を提出することは、銀行を騙したことにはならない” “事業を継続したい、会社を立て直して存続させたい、そう強く望む中小企業を助けたい一心で、私な粉飾決算に関与した。” プロローグにあるこの告白をどう捉えるかで、本書の印象は大きく違うものになると思う。
    被疑者サイドの主張はともかく、特捜の創り上げた「佐藤真言首謀者説」というストーリーにハマってしまったのは、お気の毒としか言えない。

全14件中 1 - 10件を表示

佐藤真言の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
池井戸 潤
ジャレド・ダイア...
冲方 丁
池井戸 潤
横山 秀夫
又吉 直樹
高野 和明
有効な右矢印 無効な右矢印

粉飾 特捜に狙われた元銀行員の告白を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

粉飾 特捜に狙われた元銀行員の告白を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

粉飾 特捜に狙われた元銀行員の告白を本棚に「積読」で登録しているひと

粉飾 特捜に狙われた元銀行員の告白の作品紹介

"粉飾詐欺"で懲役2年4ヵ月-最高裁で争う元銀行員が明かす、この国の検察、裁判所の矛盾。粉飾決算に手を染めざるをえない中小企業の現実に、真正面から踏み込んだ問題作。

粉飾 特捜に狙われた元銀行員の告白はこんな本です

粉飾 特捜に狙われた元銀行員の告白のKindle版

粉飾 特捜に狙われた元銀行員の告白のオンデマンド (ペーパーバック)

ツイートする