作家的時評集2008-2013

  • 23人登録
  • 3.40評価
    • (1)
    • (1)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 高村薫
  • 毎日新聞社 (2013年11月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (360ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784620322223

作家的時評集2008-2013の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 東日本大震災前後の、政治や経済界の動きを思い出す。
    そして、「せめてあの時」と思わずにいられない。これは歴史的後出しジャンケンなのでどうしようもないけど、日本てずっと変わらずにダメだったんだ、とよく分かる。およそ理性的な判断とは違ったところで選択判断してきているんだね。
    もっとも、それで日本がつぶれたわけじゃないし、今が耐えられないほどの不幸というわけでもない。不満はいろいろだけど。
    ってことは、あながち悪い選択をしてきたわけじゃないってことになる。つまり理性的なものが正しいわけじゃないし、そも人間の本質は理性的なものじゃないってこと?

  • 高村薫の厳しい視点からの新聞コラム。2008年から2013年まで、国政、地方行政、百年に一度の不況、そして東日本大震災。本書を読み返すことで、その時の心境を思い出し、整理し、俯瞰して見ることができたのが収穫。

全3件中 1 - 3件を表示

高村薫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
高村 薫
横山 秀夫
三浦 しをん
高村 薫
高村 薫
高村 薫
高村 薫
有効な右矢印 無効な右矢印

作家的時評集2008-2013の作品紹介

世界各地で金融危機が勃発するなか、展望なき政治家の言葉が踊る。リーマンショック、政権交代、東日本大震災、原発、自民党新政権…あの時、私たちは何を望み、何を選択したか。言葉と格闘し続ける作家・高村薫が見た日本。2008年から2013年までの6年間、各新聞・雑誌に掲載された時評を一挙収録!

作家的時評集2008-2013はこんな本です

ツイートする