リベラルのことは嫌いでも、リベラリズムは嫌いにならないでください--井上達夫の法哲学入門

  • 370人登録
  • 3.86評価
    • (26)
    • (37)
    • (30)
    • (2)
    • (2)
  • 39レビュー
著者 : 井上達夫
  • 毎日新聞出版 (2015年6月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784620323091

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
トマ・ピケティ
有効な右矢印 無効な右矢印

リベラルのことは嫌いでも、リベラリズムは嫌いにならないでください--井上達夫の法哲学入門の感想・レビュー・書評

  • 「皇族には人権がない。皇族とは日本最後の奴隷である。彼らを解放しなければならない」

    マジメで役に立つ話だなーと思って読んでいるうちに、だんだんヒートアップしてきて若干ウザい感じに。血管浮き出てそうな語り口だなーと思って読み進めたら最後にオチがついて、ほっこりした。

    (引用)私は、若いころ低血圧だったのに、グローバルな規模で不正がのさばっている現実に怒り、それに呑み込まれてゆく哲学の死に怒り、最近は高血圧化してしまって、降圧剤を飲み始めています。しかし、今の状況を見ていると、還暦すぎたからといって円くなっていられない。「怒りの法哲学者」として、角を立てて生きていきますよ。

    メモ:

    ポッゲのグローバルジャスティス論。ユダヤ人を600万人ころしたホロコーストをあれだけ人類史上最大の犯罪だと批判していたその人々が、年間1800万人が死んでいる貧困の問題 (poverty related death) について積極的な支援の義務がないといっているのは欺瞞だという怒り。 p.157

    本当は人権も民主主義も西欧においてすら未解決の課題なのに、欧米人はそれらを自分たちの独占物として、伝統として血肉化していると考える。外の奴らはイスラムだろうと何だろうと関係ないという態度、偏見。これはオリエンタリズム。 p.189

  • まず、リベラリズムが自由主義ではないということに驚いた。リベラルは、本来は「正義主義」とでも訳すべきでると。公正、公平を最も重んずる思想であると。その中で、グローバルジャスティス、世界正義という概念が現れる。僕も正義とは胡散臭いと思っていた。どの陣営も正義を謳うが、その正義が争いを引き起こすと。しかし、それは本来の正義ではない。実は、正義というものは厳然と存在するが、どの正義も、それらの解釈に過ぎず、その解釈の差異で争いがおこる。しかし、世界正義というものを構築していくことは無駄ではなく、必要なことだと本書から感じた。価値を相対化するだけでは後ろ向きだ。様々な価値を受け入れつつ、それでもなお、すべてを包含する正義を探求する。それこそ人類の使命ではないか。

  • 法哲学者としてリベラリズム研究をリードし、『共生の作法』でサントリー学芸賞、『法という企て』で和辻哲郎文化賞を受賞した学界ど真ん中の碩学。文章は高度に論理的で、その緻密さゆえ「難解」とされてきた。その井上達夫が、まさかこんなにくだけたタイトルの本を出すことになろうとは。本文もインタビュー形式で、読みやすい。
     「安倍政権による政治の右旋回」が急速に進む一方、対抗軸としての「リベラル」も信用を失っている今、その政治状況への応答を動機として、リベラリズムの専門家が、その真髄を、一般読者にも理解できる平易な文体で届けようとする。しかし、これは日本の「リベラル」を擁護するものではない。むしろ、その欺瞞を鋭く指摘し、厳しく批判している。そして、法哲学的な思考態度のトレーニングを兼ねて、哲学史を遡りながら本来のリベラリズムとは何か、解説していく。
     憲法9条をめぐり、法学の内外に賛否両論のある井上説(9条削除論)についても、丁寧に書かれている。哲学の冷徹な方法論と、その根本にある情熱を同時に知ることのできる最高水準の法哲学入門だ。これが、昨今の政治状況のおかげで誕生したことは何とも皮肉だが、せっかくなので広く一般に届けたい。

  • 法哲学の本を初めて読んだので、1回では内容を掴みきれなかった。もう一回、じっくり読んでみないとなぁ。
    「法という企て」〜「集合的決定」辺りが面白かった。

  •  法哲学という分野の書に手を出すのはほぼ初めてだが、本書は期待外れだった。筆者や出版社の問題ではなく、読者たる自分の理解力不足の問題なのだが。
     書名や、時折メディアに出てくる筆者の発言から、「リベラル」「リベラリズム」という語の多義性を、現実の諸問題に即して解説してくれるのかと期待していたら、そのような内容は冒頭の1~2割ほど。残りの部分では、法哲学の各思想をひたすら概念的に語っているため、分かりにくかった。また、筆者の口述を出版社が再構成しているという作りのためか、確かに一見読みやすいが、だからと言って内容が平易なわけではない。更に、「第一部」「第二部」以上の章立て・項目立てがなく、だらだらとした印象でもあった。
     筆者が重視する「正義概念」の本質は、「普遍化不可能な差別の排除」と「二重基準の禁止」。安全保障政策は通常の民主的討議の場で議論されるべきとして9条の廃止を、また無責任な好戦感情に国民が侵されないようにするために無差別公平な徴兵制を、それぞれ主張している。実現可能性はともかく、out of boxな思考としては面白い。また、過度の自己否定も過度の自己肯定も間違っているとし、リベラル派も保守派もお互いに自己批判的な視点をもって真摯な対話をする必要がある、という記述には頷けるものがあった。

  • 気鋭の法学者による「法哲学」の入門書。
    書名は言うまでもなく、前田敦子の名言から。
    なお、「法哲学」とは本書によれば「法とは何かを考える」ことで、法とは何であるか、を考える「法概念論」と、法とは何であるべきかを考える「法価値論あるいは正義論」の二つに大きく分かれるとの事。
    橘玲の「言ってはいけない」という本で本書の一部が引用され紹介されていたので読んでみたが、中盤あたりからどんどん難しくなってきて私の理解レベルを超えてしまった。著者としては入門書のつもりで書いたのかもしれないが、もう少しレベルを落としてほしかった。

  • 硬派な内容を可能な限り分かりやすい語り口にしてくれているのがありがたい。

  • メディアに頻繁に登場するワード、「リベラル」、分かってるようで 掴めていないリベラルの意味を 井上さんの哲学をもって 解明しようとする鋭さ満載で、リベラリズムとは正義であると言い切っているのが気持ちいい
    反転可能性で矛盾を問うて正義たらしめるスタンス、これ正論でしょう

    啓蒙(理性)と寛容の下りが面白く、今の自称リベラルの胡散臭さを 看破するロジックに成り得ている
    自分以外は愚かとする啓蒙
    不平等に干渉しない自閉的態度の寛容
    まるで、
    現在のマスメディアとリベラルにおける あるあるネタのよう

    私生児に対して 認知はしないけど お前は俺を守れと迫る父親〜の例えは強烈!!
    自衛隊の不憫さと平和憲法論者の欺瞞を突いている
    好戦感情を抑えるために 良心的拒否権ありきの徴兵制の下りも面白い、そのリスクやコストは自分に降りかかることで 軍事力を無責任に濫用しないようにする!という納得のロジック

  • 後から出版されたリべリべ2『憲法の涙』、小林よしのり氏との対談『ザ・議論! 「リベラルVS保守」究極対決』を読んで井上達夫先生の本は3冊目。

    70ページまでの第一部は理解できるが第2部の哲学的な内容は難解というか、チンプンカンプン。読み進めると理解できるかなと読んでいくが、チンプンカンプン。

    続編『憲法の涙』と比べて難解、半分以上チンプンカンプン、嫌いにならないでくださいどころかチンプンカンプン。

    法哲学入門ですが、チンプンカンプン。

  • 初めての井上達夫。本来はかなり固いものを書く法哲学者らしいが、本著はインタビュー形式でわかりやすく、著者が抱く問題意識と、現代の「正義」をめぐる法や政治の論点、観点がよく見渡せたと思う。これ一冊で達観するのは傲慢だと思うが、正義論入門としてよい一冊であった。

    しかしこの井上達夫という人物がなかなか強者だと感じた。真理を見捨てた現代において、正義原理という真理を訴えている姿は純粋に力強くかっこいい。まだ私にはこの人の主張にどのような幅があるのかはわからないが、この内容を種にもう少し学びを進めていきたいと思う。

    「正義論」というとマイケル・サンデルを思い出す人も多いと思うが、サンデルが自著で語っていた論理に対しての応答と批評などもあっていい。井上とサンデルはハーバードのロースクールの学友らしい。年齢はサンデルが一つ上とのこと。


    17.5.5

  • 橘玲の「リベラルがうさんくさいのには理由がある」で長めに引用されてたので読んでみた。
    憲法9条のくだりは説得力があって目から鱗だった。

  • 元旦の朝生でその見た目と発言内容に惹かれたので読んでみた。学者でもリアルタイムで起きている出来事に「学問的に」切り込んでいくのが意外に思った。ちょいちょい難しいところはあるが,法哲学者がどんなことを考えているかがよくわかった。

  • ダブルスタンダードがいますが考え方としてはリベラルもあると言うことが知れました。

  • 元旦に放送された「朝まで生テレビ!」で井上達夫さんが出演されていて、話していた内容、そのときは天皇制だったり、日米関係のことだったりしたのだけれど、どれもとても説得力を感じ、それをきっかけに本書を手に取りました。

    内容は2章立て。第1章は、この本が発売した2015年前半、安保関連法案のさなかのころの、いわゆるリベラル勢にたいして徹底して批判しながら、天皇制や憲法9条、安全保障などの政治問題を語っています。第2章は、井上さんが自分の専門分野である法哲学に、どう志したのかと云うところから始まって、みずからの思想の変遷と、世界のリベラリズム思想家たち――とりわけロールズ――を批判していくような内容。

    あっちゃんの名発言をもじったタイトルだけれど、内容は多岐にわたっていて(語りおろしでも)難しく、ついていけない部分もいくつかありました。でもどんどん読みたくなるような、議論自体のスマートさや、議論される相手に疑義があれば徹底的に批判する”熱さ”に満ちています。この本が難しい内容ながら好調な売れ行きだというのは、そこにあるのかなと思っています。

    そのなかで本書で(朝生でも共通して)いちばん感じたのは、原理的なことから出発してものごとを考えていることです。何か確固としたものから思考を出発していて、本の中には「正義概念」「客観的なるもの」「永遠の未知数X」というワードが出るのですが、これがきっと原理なんだと思います。

    「正義概念」というのは、世の中にあるいろんな”正義”(これを「正義の諸構想」と読んでいます)に共通する正義で、その中身は「等しき事例は等しく扱うべし"Treat like cases alike"」。自分なりにいいかえれば「ダブスタはしない」、と。

    具体的には、「反転可能性テスト」で正義概念に当てはまっているかは、見分けられるのだと。「自分の他者に対する行動や要求が、もし自分がその他者だったとしても受け入れられるかどうか。自分と他者が反転したとしても、受け入れられるかどうか、考えてみよ、と」(p.22)。

    この続篇となる『憲法の涙 リベラルのことは嫌いでも、リベラリズムは嫌いにならないでください2』(ながい)も読む予定なのだけど、その原理的思考を学びたい。

  • 前半は、いわゆるリベラリストと呼ばれる人達の欺瞞を明快に暴いていて、彼らが信用できない理由が良く分かりました。
    社会正義の実現を目標とし、それを主張する人間には、ダブルスタンダードとタダ乗りは許されないという事ですが、
    彼らの独善性は周知のとおりです。

    憲法9条を巡る問題も、法理論を突き詰めて考えると明らかに自衛隊は違憲であり、その存在に対する賛否を明確にしない以上、安保法案に対して違憲だ合憲だと言っても解釈論をしているに過ぎず、意味がない。ならばいっそ9条を削除して民主的な議論の下で国民的な合意を作り上げていった方が良いのではないか、という主張も理解できます。

    後半は、自分の理解力の欠如からやや難解に感じますが、ロールズやサンデルに対する批評となります。
    理論的な思考を重ねていくと井上先生の正義論に辿り着くのかもしれませんが、では現実とどのように折り合いを付けていくのか?という視点は希薄に感じました。
    学者先生にとっては現実は関係がなく、むしろ邪魔な事実かもしれませんが、その点は少し物足りなく感じました。

  • ふざけたタイトルである。が、そのふざけたタイトルに惹かれて読み始めたのだから文句は言えまい。
    序盤こそこのタイトル通りの内容なものの、途中、著者の来歴…というか思想の遍歴などを示す段になると、なるべく平易に書いたと著者が主張しているにも関わらず(なおかつ自分は一応大学でここの分野に近い勉強をしていたにも関わらず)議論は随分と難しくなる、「法哲学入門」と銘打ちこれだけキャッチーなタイトルをつけているがこれでは面食らう人が多数出てもおかしくないのでは無いだろうか。出て来る用語の説明などは最低限つけるべきだったのではないかと思う。
    ただ、全体を通しての議論自体はなかなか興味深い。筆者が憲法9条を「削除」せよ、という主張をしているというのを(本を読む前に)レビューで知っていたが、なぜ筆者がそのような主張をするのかというのも、論理的に語られている。他にも他ではあまり見ないような議論が展開されていて考えさせられたのだが、正直自分としては納得しきれない部分も多くあり(9条削除含め)、うまく反駁できればと思うのだけれど頭が悪いのでそれがなかなかできない。歯がゆい思いをする読書となった。
    ただ正直、全体のエッセンスとしては著者のこれまでの主張をいかに噛み砕くかに重点が置かれていて、タイトルに書かれているような現在のリベラルの欺瞞を暴く部分が少なすぎるように思う(自分の読み込み不足かもしれない)。これでは「リベラルのことは嫌いでも、私のこと(思想)は嫌いにならないでください」になってしまっている。あっちゃんの逆ではないか。

  • 正義論、興味が湧きますね。
    あと、日本のリベラルは嫌いです。(笑)

  • 戦争の正義
    諦観的平和主義
    平和が一番。戦争になるくらいなら不正のある平和な方がいい。
    これは批判されている。一度有利な状況を作って仕舞えば有利なので、逆に武力を使っての現状変更のインセンティブが高まる

    9条議論はどちらも憲法解釈のロジックなので相手を批判できない。原理的戦力放棄はクソ。

    我ら愚民の民主主義。愚民政治になるからエリートがコントロールするのも同様に危険。原子力とか。

    軍隊持つなら徴兵制も入れないと暴走する。戦争したがる人と戦争する人が違うと暴走。

    天皇制は天皇が国民の象徴のために奴隷化させられている。

    相対主義は相互不干渉の独善になる。客観的真理を意識する。が、それは明らかにならない永遠のX。真理を明確に定義することは独善。可謬主義

  • インタビュー形式で書かれていて読みやすかった。内容も深い。題名もまたイイ感じにわかりやすい。著者が法哲学を志した理由の一つに三島由紀夫の割腹自殺に衝撃をうけたこと、自身が組織に順応するタイプではなかったことなど語っていて興味深かった。「いまやるべき冒険」へと著者を駆り立てた編集担当者もすごい。

  • 日頃からマスコミで自称「リベラル」の人達の意見に呆れることが多く、なんとなく反感を抱いてた。しかし、そうは言いても、それに対して明確に誤りであることが指摘できず、消化できずにいたが、筆者が快刀乱麻を断つという感じで説明してくれた。9条の問題での軍事情勢の認識では筆者の認識を受け入れるのは留保するものの、価値観が多様化し、社会情勢が複雑化する現在にこそ、自分価値観を明確化していく必要性を強く感じた。筆者があとがきで挑戦したという「平易」と「明晰」の両立は成功していると思う。読後に自分が賢くなったのでは?と錯覚してしまう本である。

  • 法哲学、特にリベラリズムについてのインタビュー形式での入門書。語り口調で、平易に述べられているが、中身は深い。しかもかなり論争的な内容になっている。うまく言えないが、著者の考えには、納得できるものと違和感を覚えるものが混在していた。また、全部理解できたとはとてもいえないが、リベラリズムの根本的考え方をなんとなく掴むことができたと思う。自分はどちらかというと価値相対主義にシンパシーを感じているが、多様な価値観の共存は必要だが、価値相対主義はダメ(なんらかの真理は前提とすることが必要)という著者の主張もわからなくはないと感じた。

  • リベラリズムとは、啓蒙と寛容。
    どちらにもネガとポジがある。

    啓蒙のポジは、純粋理性批判(理性の限界を見極める)の内包。ネガは、独断的絶対主義。
    寛容のポジは、違う考え方を前向きに受け入れる。ネガは不寛容なものへの寛容。

    それらのポジを合わせたものを正義と呼んでおりそれがリベラルの核心。

    『正義には反転可能性によって正当化される。自分の他者に対する行動や要求が、自分の視点だけでなく他者の視点からも正当化できるか。』

    集団的自衛権についての否定的意見
    1.敵と味方の線引きを問題視。国際社会による集団的安全保障が理想。
    2.米国に代替不可能なアジアの戦略拠点を提供している。その拠点が攻撃されるリスクを負っている。よって、武力によって日本がアメリカを守る義務はない。

    戦争の正義を4タイプに分類。積極的正戦論、無差別戦争観、消極的正戦論、絶対平和主義。
    9条については原理主義的護憲派、修正主義的護憲派に分類。前者は自衛隊も安保も×。後者は両方○。

    井上さんは憲法原理主義的な消極的正戦論者である。特定の安全保障観を憲法に固定することへ疑念。9条を削除して法律にすべきと考えている。

    私は、原理主義的な絶対平和主義者もしくは消極的正戦論者であるので井上さんの立場あるいは、現象の憲法のままで、自衛隊や安保廃止すべきだと考えている。

    徴兵制について。
    戦力を保有するのであれば、徴兵制を採用するべきである(戦争の抑止力になる)。その上で、絶対平和主義者に対しては良心的拒否権の容認。ただしその対価として厳しい代替的役務を負うべし。


    安全保障について。

  • ●アメリカはもとより国際的に見ても、アジア女性基金のように、法的責任ではなく道義的責任として、戦争責任の問題に踏み込んで「他国民」に賠償・謝罪した例はないはず
    ●価値相対主義は自己の価値判断に対する他者の批判の可能性を閉ざす点で、独断的絶対主義と変わりない。われわれの価値判断の可謬性を認めるなら、価値相対主義も斥けられなければならい
    ●中世は多様な諸勢力の相互制約で成り立っていた、それが主権によって崩されていく中で、その制約として人権が生まれた。主権と人権が対立するのではなくて、人権が主権に内在する制約としてとらえられる。
    ●国家主権にあって他の主体(グローバル企業、NPO)に無いもの→答責性
    ●西欧リベラルが、自分たちの価値観は非欧米世界には妥当しないと考えるようになってきた。人権も民主主義も未完の課題であるのに、それを西欧の伝統のようにとらえ、外の奴らには関係がないとみなし、普遍的な正義の探求を放棄する傾向が出てきた。

  • 筆者がインタビュアーの質問に答える形なので読みやすい。そして著者のめざした通り、特別に政治や哲学の勉強をしてこなかった一般人(の私)でも『忍耐強く』読めば、政治について、目指すべき社会のあり方について、正義について。そして今の政権の正統性について‥考えざるを得ない。
    読みながら何度もなるほど!と目から鱗がポロポロ落ちました。

  • 【目次】
    目次 [001-003]
    第1部 リベラルの危機 005
    信用失墜 
    「自由主義」にあらず 
    啓蒙と寛容 
    カントの啓蒙 
    寛容の二面 
    受け入れる度量 
    「正義」がリベラルの核心 
    反転可能性 
    二重基準の禁止 
    保守主義との違い 
    宗教・道徳問題 
    結果への視点 
    国家・国旗問題 
    慰安婦の問題 
    ドイツの「反省」 
    裁き返す 
    集団安全保障 
    憲法九条削除論 
    「正義の戦争」の四タイプ 
    九条解釈 
    護憲派の欺瞞 
    憲法と安全保障 
    愚民観 
    徴兵制というシバリ 
    兵役拒否の問題 
    天皇制 
    靖国問題 
    危険な依存 

    第2部 正義の行方 073
    文魂法才 
    真理との出会い 
    相対主義の克服 
    正義と善 
    正義論への準備  
    正義概念とロールズ 
    共生の作法 
    ハーバードと昭和の終わり 
    「会社」の二重構造 
    日本政治の変容 
    ポストモダンと正義論 
    「歴史の終わり」 
    分析的マルクス主義 
    マルクス主義の正義論 
    冷戦後の思想 
    他者への思想 
    法という企て 
    法の正義要求 
    悪法問題 
    集合的決定 
    正当性と正統性 
    正統性の二条件 
    正義概念の基底性 
    サンデル・ブーム 
    サンデルの「正義論」 
    「白熱教室」の功罪 
    世界正義論 
    敗戦国の視点 
    分化と包括 
    問題の仕分け 
    対照的な行動 
    主権国家の必要 
    答責性 
    民主主義と立法 
    立法理学 
    イギリスの場合 
    国を超える立法 
    哲学の行方 
    西欧理性の堕落 
    メタのためのメタ 
    哲学の死  

    あとがき(二〇一五年五月 満開の薔薇を愛でつつ、散りゆくを惜しみつつ 井上達夫) [196-199]

全39件中 1 - 25件を表示

リベラルのことは嫌いでも、リベラリズムは嫌いにならないでください--井上達夫の法哲学入門を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

リベラルのことは嫌いでも、リベラリズムは嫌いにならないでください--井上達夫の法哲学入門を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

リベラルのことは嫌いでも、リベラリズムは嫌いにならないでください--井上達夫の法哲学入門を本棚に「積読」で登録しているひと

リベラルのことは嫌いでも、リベラリズムは嫌いにならないでください--井上達夫の法哲学入門の作品紹介

偽善と欺瞞とエリート主義の「リベラル」は、どうぞ嫌いになってください!戦後70年。第一人者によるリベラル再定義の書。

リベラルのことは嫌いでも、リベラリズムは嫌いにならないでください--井上達夫の法哲学入門はこんな本です

リベラルのことは嫌いでも、リベラリズムは嫌いにならないでください--井上達夫の法哲学入門のKindle版

ツイートする