毎日かあさん4 出戻り編

  • 694人登録
  • 4.23評価
    • (203)
    • (66)
    • (109)
    • (1)
    • (1)
  • 128レビュー
著者 : 西原理恵子
  • 毎日新聞社 (2007年7月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (88ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784620770574

毎日かあさん4 出戻り編の感想・レビュー・書評

  • 笑える、けど泣ける。人生いろいろだけど、この人のはほんとすごい。時々出てくるおばあちゃんがまたいい。犬を飼いたいという娘に「これ以上口のついたものは家に入れない」っていうおばあちゃん、好きだな~。

  • どんなとこに旅行に行っても必ず母さんのとこに帰ってきた父さんが遠くへ行っちゃった。脱走名人父さんは今ごろどこにいるのでしょうね。

  • 子どもはたからもの。家族はなんてありがたいんだろう。サイバラさん、よくぞ、よくぞ、鴨ちゃんを看取った。

  • 泣いてしまった・・・。

  • あったかくて、ジーンとして、幸せな気持ちになれる素敵な本でした!

  • 家族って、夫婦って、子供って.....いろんなことを考えさせられました。読み終わって、思わず自分の子を抱きしめちゃいました(*^^*)

  • もう涙涙(T_T)
    最後の夫婦の会話が泣けてたまらない(/_;)

  • 何度も何度も読んでしまう。
    わたしの本棚にある漫画2冊のうちの一冊です。

    家族って、なんだろーとか、家族を持つ・つくるって苦しいなあと思うときにはこれ読みます。

    一緒に暮らすことでも、血縁や籍だけでもなく。

    ただ、相手に寄り添うことが一番ヒトを勇気づけるし、力を出せる行為なのかもなあ。

  • 20年間 ウソ話ばかり作ってきたのに
    私は この日のために
    自分の子供にするウソを
    用意してない。
    動かなくなった彼の前で
    いつまでたっても泣きやまない私に
    子供が最初にしてくれたことは
    私を笑わすことだった。
    神さま
    私に
    子供を
    ありがとう。

  • 1,6ほどは笑わないが、しんみり。

  • 『天才サイバラのぶっとい新鉱脈』

    突撃ルポから麻雀まで「ここまでやるか」という境地をひたすら見せてくれた西原。

    税務署との脱税ガチンコ対決をがっつり描いたときは
    「もはや敵無しか」と思わされましたが、どっこいこの手があった。

    それは家族。

    右手に衝動、左手に情緒を隠し持つ西原の本領は
    家族物にこそ発揮されるものでした。

    文句無し。ぶっちぎりの傑作。

    現在子育て中の新米夫婦も、子育てから卒業した熟練夫婦もあますことなく読むべき。

    特に夫である鴨志田さんが亡くなったことを描いた最新刊「出戻り編」での一遍は、
    死んで残される者の心情をゆらぐことなく描きあげた名作として読み継がれたい。

    だが、愛する者の死で生まれる傑作は、悲痛である。

    そこから逃げることなく描いた西原の業を思うと、
    作家として讃えられるべきであり、そしてやはり悲痛である。

    必読。

  • 「子どもは宝」って本当によく言ったものだ。その宝をないがしろにする事件が後を絶たない。子育てに少し疲れたり、ちょっと息抜きしたいとき、この本をめっくてみたらどうだろう。「もっと肩の力をぬいて、気楽にいこうよ。」と励まされることだろう。子育て中のお母さんに読んでもらいたい。

  • -いろんなバカをみたが家にあそびに来てクツをはき忘れて帰るバカははじめてみた-

    かあさんは毎日タイヘンだ。コドモってどうしてこんなに・・・切れそーだ。切れそうだけど、ついプッとふきだしちゃうように描かれているあたりが、西原理恵子さんらしい。子育てへの冷静な視線が男前です。なお、この出戻り編ではなんと出戻った元アル中だんなさまが天国にいっちゃうのだ。実話なのだ。泣けるのだ。こんながらっぱち母さん(褒め言葉)にはそうそうなれない。現役の母さんたちには最高のエール、子供いないひとには子供がほしくなるよな・・・どんな人でも、読み終わったときに、人類愛が湧いてくるよな漫画です。

  • 離婚したフォトジャーナリスト鴨志田穣氏との復縁(出戻り)と、ガン闘病から42歳での死に至るまでの描写が含まれている。<br>
    作者は女性「無頼派」漫画家として第一人者であり、倉田真由美らの追随を許さないと評されているが、「はれた日は学校をやすんで」を始めとする叙情派作品との対比があってこその無頼派サイバラであり、無頼派だけなら片手落ちであろう(と思っているのは私だけ?)。<br>
    毎日新聞に連載されている本作品は、全体として無頼派と叙情派との融合に成功している(<a href="http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E5%8E%9F%E7%90%86%E6%81%B5%E5%AD%90">wiki</a>でも「その他」に分類されている)。<br>
    とくに本編は、私生活における悲しいできごとを作品として完成させたことに敬意を表したい。著者史上最高傑作。

  •  もちろん、全巻を。

  • 私は風呂に入りながら漫画を読むのが好きなので、この本もお湯に浸かりながら読みました。
    とりあえず風呂場で号泣です。
    最期に家族四人が過ごしたフィリピンの離れ小島の風景が正に「楽園」って感じで、美しすぎて泣ける。
    鴨さんのご冥福をお祈りいたします。

  • 出戻り編。と言っても出戻ってきたのはアルコール依存症を克服した夫の鴨志田さん。

    しかしまあアル中DV旦那をよく最後の最後で許せたもんだな西原さん。
    西原さんが情け深い人だからか。
    それとも単純に克服した後の家族4人の思い出のせいか。

    ●追記●
    最近西原さんに興味を持ち始めた母親に読ませたら、「この人は仕事とお金があって良かったねえ。普通の人なら逃げられないで泣き暮らしてるよ」と言った。泣き暮らした女から泣き暮らしてた女への言葉なだけに痛い。

    というかソレを言っちゃあオシマイだよお母ちゃん。西原さんがエッセイやマンガで威勢の良いことが言えるのは、多かれ少なかれ彼女が小金持ちで結婚した時にはもうヒトガドの漫画家で助けてくれる友達や家族がいたからだなんて、みんな知ってる。多分。

  • ゛鴨ちゃん゛との復縁(?)からお別れまで。
    相変わらずの子どもたち(特に息子とその友達)のぶっ飛びエピソードで散々笑ったけど、最後は涙が止まらない。
    そんな中でもお母さんを笑わせようとする子どもたちが本当にいとおしい。

  • さらっと描いているが凄絶。たまにいいこと言ってる。

  • 新刊当初も最後のページだけ立ち読みして泣いたが、今回は通しで買って読んでいてやっぱり泣く。夢の中でも自分の家族のことで泣いてた。

  • 泣いちゃいました。
    美味しんぼの作者も認める、素敵な家族だなと思いました。

  • 2008年3月14日読了。

    相変わらずです。かあさんと息子娘たち。
    だが4人家族になりました。って。おかえり鴨ちゃんって。
    この帯の言葉はどれだけ……いや、まぁそれも幸せだよね。きっと。
    昨年3月、新聞の小さな記事を私は忘れません。
    みんな、いつも通りでよかったね。

  • 閉鎖病棟2割からの脱出。お父さん頑張ったなあ。

    片方のくつしたが見つからないのは宇宙の法則。

  • 人との別れは突然訪れる。
    覚悟してても・・・

    家族で過ごせることのありがたさを痛感するした。

  • 【再読・図書館・10/31読了】

全128件中 1 - 25件を表示

毎日かあさん4 出戻り編を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

毎日かあさん4 出戻り編を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

毎日かあさん4 出戻り編の作品紹介

戻ってきた夫・鴨ちゃんとの輝く日々を描くシリーズ最高の描き下ろし、一挙20ページ収録。

毎日かあさん4 出戻り編のKindle版

毎日かあさん4 出戻り編のオンデマンド (ペーパーバック)

ツイートする