毎日かあさん9 育っちまった編

  • 333人登録
  • 4.11評価
    • (44)
    • (67)
    • (24)
    • (1)
    • (1)
  • 54レビュー
著者 : 西原理恵子
  • 毎日新聞社 (2012年12月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (80ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784620770895

毎日かあさん9 育っちまった編の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「大人になりやがって さみしいです」

    あ~まったく本当に実際その通りだなあ。
    でも、その寂しさはじんわりあたたかくもあるんだよね。これから先もきっと、ずーっとほんのりあたたかいんだろうなと思う。

    子供が小さい頃よく行った公園とか、小学校なんかを通りかかったとき、ふっとあそこにまだいるんじゃないかなと思ったりする。

    あのちっちゃかった子供はどこに行ったのかな。いや確かにでかくなってここにいるんですが、なんだかそれはもう別物で、だって「お母さんのもの」ではないもの。


    サイバラの一番いいところというのが、子供を描くととてもよく出てくると思う。ギャグの切れ味と、豊かな叙情性が見事に同居している。

  • 9巻目にして初購入。「うちの三姉妹」とのコラボ読みたさでしたが、買ってよかったな~~~と心から思うほど大満足。
    たまに実家の毎日新聞で読んでたけど、しばらく間があいたので、子供ら大きくなったなぁとしみじみ。男子の豪快なアホっぷり、女子のこまっしゃくれたおしゃまっぷり、いや~かわいい!!
    てんこもりのはっちゃけぶっちゃけエピソードの中に、しんみりするセリフがちょびちょびと混じっている。さり気ないからこそ、余計に印象に残る。ページのあちこちで、涙がごぼっとわいてきました。全力だよなぁ、サイバラも、家族も、サイバラの友人らも。
    よくサイバラの絵は雑とか汚いとか言われるけど(そりゃ、好みはあるだろうけど)私は大胆な描線と愛嬌のあるキャラクターが大好きで(赤ちゃんがかわいい)カラフルでありながらやさしい色遣いにもすごく惹かれるのだ。
    9巻の個人的なツボは、子供達も担当したシュールなミニカット、
    岩手の被災地に住むオカマの友人を訪ねた時のエピソード。(岩手の根性を描いてくれてありがとう!)
    「喜」「怒」「哀」「楽」が見事に振り切れているから、読んでいて爽快!

  • ごめんなさいとありがとうは
    タダやから、何回でも言うとけ

    大阪の保育園砂場
    ままごと用たこ焼きセットがあるのがフツー
    鶴橋で焼肉
    お好み焼き、焼きそば、ご飯のセットメニュー

    ガーナの話、ちらり
    アメリカからルーツ探しの高校生たくさん
    全員が太鼓買う、ホテルのロビーで叩く

    巻末マンガは「贈り物」
    なんか無理やりイイ話にしている感が・・・・

  • 毎日新聞紙上で大人気連載中の育児マンガ『毎日かあさん』の9巻です。ここでは『育っちまった編』と称して自分の身長を追い抜いてしまった息子と、日々女子力が赤丸急上昇中の娘とのやり取りが収録されております。

    毎日新聞にて大人気連載中の『毎日母さん』その9巻目となります。実を言うと、僕は彼女の連れ合いであったカメラマンの鴨志田穣氏が他界された際、そのお別れ会に出席し、なんと途中で遺族席に何の間違いか座ってしまったことがあり、ここに描かれている娘さんとご子息と、そしてサイバラ女史のご母堂と丁度向かい合う形で座っていたことを読みながら思い出しました。

    そんな彼らも時が流れてサイバラ女史の背丈を越えるようになって来た頃に描かれたのが本書と相成ります。肉を好んで食し、ラップやヒップホップにのめりこみ、家には彼の友人が多く押しかけるまでになった息子さんと、おませなところは相変わらずで、時にはサイバラ女史のフォローまでするようになった女子力急上昇中の娘との掛け合いは相変わらずで、そこにここでは少々薄めていはするものの、それでも強烈な彼女独特の『毒』が相まって、今回もまた『サイバラワールド』全開の1冊で、大満足でございました。

    それに加えて、おなじく「子育てマンガ」というジャンルで大人気を博す松本ぷりっつ「うちの3姉妹」との大反響コラボや、巻末のほうに書き下ろしで収録されている引きこもり少年の再生を描くサイバラ渾身の描き下ろし「贈り物」も収録されており、これが15ページながら、『叙情派』といわれる彼女の部分を前面に押し出したなんとも泣かせる作りでございました。相変わらずサービス精神旺盛な彼女に(良い意味で)翻弄されてしまいそうです。

  • 男の子はおバカなお子様に見えて実は、女親は成長を見守るしかない。一方女の子は女親と腹を割って話せるけど男の子より先に親の手を離れてしまう。一見奔放に見えて本当の所は色々考えて子育てしているサイバラさんと、中3と小6に成長した子供達の今回の物語を読んで、そんな事をしみじみ考えています。
    初期の頃の子供達が幼かった頃や鴨ちゃんが健在だった頃よりはちゃめちゃな笑い話は減っているけど、その分親子関係が成熟して良い感じになってきたなあ、と思います。
    そして描き下ろし「贈り物」の家族の絆。全ての家族がこういう絆を持てるわけではないにせよ、どんなに順風満帆でない出来事に見舞われても、絶望するのはまだ早いよ!ひとかけらの希望と誰かの幸せを守る為に踏ん張ってみ。と言われたように思いました。

  • 相変わらず、愛があふれている。

  • 育つんですよね、子供って。
    私の周りのちびっこたちもすくすく生意気にすくすく健やかに、育っております。
    それは私たちが老いてきている証拠でもあったり。
    西原さん、今すっごく幸せそうだ。
    いいことだ!!女性はどこまでもたくましく元気で明るくなくっちゃね。

  • 『だめだー』で泣いちまった。

  • 人生には贈り物がある。
    リボンはかかってないけどすぐわかる。

  • 西原さんは本当に人に恵まれてるなあ。
    ゲイの保母さん達に公務員のお兄ちゃん、タニマチの高須に淑子ばあちゃん。
    よくよく考えればこれだけ頼れる人がいりゃあやってけるよね。しかも仕事は在宅仕事で、子供達はおバカだけど五体満足で心身共に健康通り越して頑丈。

    「贈り物」のえりちゃんも、仲良しの女性教師がいて引きこもりの弟がきっかけさえあれば外に出られる子だったから良かったものの、そうじゃなかったら地獄だっただろうな。

    幸せを手にするには自分の努力やたくましさも必要だけど人に恵まれててかつ環境が整ってないと無理、という残酷な事実を暗に突きつけられた気分になる一冊だった。

全54件中 1 - 10件を表示

毎日かあさん9 育っちまった編を本棚に「読みたい」で登録しているひと

毎日かあさん9 育っちまった編を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

毎日かあさん9 育っちまった編の作品紹介

連載10周年。息子の背が私を超えました。傑作描き下ろし「贈り物」と松本ぷりっつ「うちの3姉妹」とのコラボも収録。

毎日かあさん9 育っちまった編のKindle版

ツイートする