オペラと歌舞伎 (丸善ライブラリー)

  • 17人登録
  • 2.88評価
    • (0)
    • (0)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 永竹由幸
  • 丸善 (1993年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (214ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784621050897

オペラと歌舞伎 (丸善ライブラリー)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 論調が暴走気味で、我が強い話の進め方に「へえ、そうなんだ」と感心するより「え、そうなの?」と思ってしまう事しばしば。読者を置いてけぼりにする盛り上がりようは、題材に対する愛情を感じますが諸刃の剣。オペラと歌舞伎、このふたつの共通点と相違点の比較論よりは、オペラと歌舞伎が大好きなのでそれについて熱く語る。という要素が大きいです。著者の主観が強すぎるので、私としては残念だった部類に入る本でしたが、カストラート(去勢された男性歌手)を扱う章はかなりの読み応えがあり、この部分だけでも読んだ甲斐がありました。

全1件中 1 - 1件を表示

永竹由幸の作品

オペラと歌舞伎 (丸善ライブラリー)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

オペラと歌舞伎 (丸善ライブラリー)を本棚に「積読」で登録しているひと

オペラと歌舞伎 (丸善ライブラリー)の作品紹介

オペラと歌舞伎、この双子の兄弟のように似た芸能の誕生に遡り、歴史、民族性、社会的背景から、その類似性の秘密と、その本質を探る。

オペラと歌舞伎 (丸善ライブラリー)はこんな本です

ツイートする