ようこそ量子 量子コンピュータはなぜ注目されているのか (丸善ライブラリー)

  • 57人登録
  • 3.18評価
    • (1)
    • (5)
    • (8)
    • (2)
    • (1)
  • 6レビュー
  • 丸善 (2006年12月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784621053751

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
遠藤 周作
ジェイムズ・P・...
有効な右矢印 無効な右矢印

ようこそ量子 量子コンピュータはなぜ注目されているのか (丸善ライブラリー)の感想・レビュー・書評

  • 量子コンピュータというのが一体なんなのか、興味を惹かれて、読んでみた。量子という概念について、なんとなくわかったようなわからないような…。途中、エンタングルメントの話あたりから難しくなる。

    この本が書かれてから10年が経過しているが、人類は量子コンピュータに多少は近づいたのだろうか。
    (2016/11/28読了)

  • 難しかったです。

  • 以前読んだサイモン・シンの
    「暗号解読」つながりで興味を持った本書。
    専門外の素人向けのダイジェストだが、
    一気読み出来、面白かった。

  • 現代物理学の2大テーマが相対論と量子論という事は、なんとなく解っているが、アインシュタインなる預言者が存在する前者に比べ、量子論はいま一つピンとこない。この本では、このピンとこなさが、量子論理解の要諦だといっているのが面白い。つまり、古典的科学の常識を捨てなければ、量子は理解できないということだ。基礎的な説明では、量子世界と海外の異文化体験(どちらも今までの常識が通じない)を比喩しての説明が巧くて解りやすかったが、後半の応用技術に関する記述は、紙面の都合もあってか、なかなか納得できるレベルになっていないのが残念。とはいえ、猫の生死を論ずるのが量子論かと思っていた程度の者にとって、量子とはなかなか面白そうな代物だいう気にさせてくれる。ちなみに、猫の問題は結着がついているそうな...

  • 前半は、量子力学の解説。後半は、著者の専門と思われる量子コンピュータの解説。前半、後半ともに、わかりやすく書こうとした結果、肝心なことが全く理解できない薄い説明に終始している。努力は認めるが、これでは読むに値しない。最低の結果になった責任は、共著者であり編集者である池谷氏に帰するべきか。

  • 量子テレポーテーションが2010年頃をターゲットに、実現しそうというのに驚いた。量子というものの存在は、残念ながら僕の理解を超えています。2007/11/27

全6件中 1 - 6件を表示

ようこそ量子 量子コンピュータはなぜ注目されているのか (丸善ライブラリー)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ようこそ量子 量子コンピュータはなぜ注目されているのか (丸善ライブラリー)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ようこそ量子 量子コンピュータはなぜ注目されているのか (丸善ライブラリー)を本棚に「積読」で登録しているひと

ようこそ量子 量子コンピュータはなぜ注目されているのか (丸善ライブラリー)はこんな本です

ツイートする