数学の認知科学

  • 55人登録
  • 4.33評価
    • (3)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : George Lakoff  Rafael E. N´u〓nez  植野 義明  重光 由加 
  • 丸善出版 (2012年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (640ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784621065044

数学の認知科学の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • たとえば、地球以外にも知的生命体がいるとして、その知的生命体も数学は間違いなく正しいと考えるのだろうか?もしかしたら、そうとも限らないのではないだろうか・・・。
    そんな風に考えたことのある人におススメの本だと思います。

    本書では、数学基礎論っぽいテーマを題材に、「人間は数学をいくつかのメタファーを行ったり来たりしながら構築している」ということを述べています。

    文章が冗長で、ときどき何が言いたいのかよくわからないところがあったので、1点減点しています。

    ただ、無味乾燥な数学的記述の裏には、こんな思考の過程があるんだよ、というのをトレースしている感があり、むしろ明確でわかりやすい数学の教科書みたいな感じでした。

    これを読んでいて、なにか別の似たような感覚を覚えさせる本があったな・・・と思ったのですが、それは「物理数学の直感的方法」という本であったことを思い出しました。何か通じるものがあるのかもしれません。

    数学×認知科学という学際領域の本を読むのは初めてだったので(・・・というか、認知科学も読んだことがないので)、とても新鮮な読書経験でした。もうちょっとこの方向性で掘り下げいきたいと思える一冊でした。

全1件中 1 - 1件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウィトゲンシュタ...
エリック・ブリニ...
松坂 和夫
シャロン・バーチ...
トーマス・クーン
クリス・アンダー...
有効な右矢印 無効な右矢印

数学の認知科学の作品紹介

スービタイズ、認知的無意識、概念メタファー、実無限と可能無限…認知科学から数学を考える。

ツイートする