環境倫理学のすすめ (丸善ライブラリー)

  • 100人登録
  • 3.63評価
    • (6)
    • (14)
    • (19)
    • (1)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 加藤尚武
  • 丸善 (1991年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784621070345

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
ヴィクトール・E...
マックス ウェー...
有効な右矢印 無効な右矢印

環境倫理学のすすめ (丸善ライブラリー)の感想・レビュー・書評

  • 環境倫理学の中核的な問題を、自然の生存権の問題、世代間倫理の問題、地球全体主義という3点に見いだし、それらが従来の倫理学に対するどのような意義申し立てとなっているのかを解説している本です。

    倫理的な原則に立ち返って問題を捉えなおすというスタンスがはっきりしており、入門書としてはやや骨太の内容になっているように思いました。

    少し気になったのは、東洋的自然観が現代の環境倫理学にどのような寄与をおこなうことができるのかということに関する議論です。おそらく著者は、現代の具体的な問題を解決するためにさまざまな思想的遺産を活用することができるという視座から議論を展開しているのではないかと思われます。しかしながら、環境問題と東洋的自然観というテーマはしばしば環境ナショナリズムの問題を招くことが多いことも事実です。本書の議論そのものは、具体的な問題と思想内容をていねいにすり合わせていると言ってよいと思いますが、そうした問題があるということにも一言触れられていてもよいのではないかという気がします。

  • 工学の世界にしか目を向けていないと「なんだかよくわからない」ことに対して、少しずつヒントを与えてくれるから面白い。

    例えば国立のマンション訴訟に関しては、一言で「景観論争」と言ってしまうとそれまでだが、もっとよく考えてみると根底には、近代的民主主義の構造的欠陥があることがみえてくる。そうしたことを初めて示唆してくれたのが環境倫理学(鬼頭や加藤の論)。つまり視覚的な意味だけで景観がどうのこうの、と言っていても問題解決の助けにはなるまい。「景観論争」ではないのだ。

    もう一つ書いておきたいのが「生態系」のこと。
    生態系を守ることが絶対的な善であると捉えられがちな今日であるが、守ることの意味・意義についても、加藤はいくつかのヒントを与えてくれている(11~13章)。

    ※以下、付記)

    「バイオエシックスと環境倫理学の対立」という論点には「当事者主権」など(あるいは「生活と観光」とかも)いろんな問題が集約されている気がした。

    また、「権利はどこまで拡張できるか」という章では、自然そのものに権利があるのか?死んだ人間は?植物は?植物人間は?胎児は?動物個体は?と、議論が相当哲学的(ハイレベル)で、完全にはついていけないのだが、断片的に考えさせられる記述がでてくる。たとえば「対応能力」という概念。「イエス・ノーの意思表示が可能」で、「それぞれの答えが自分の身にどんな影響を及ぼすかがわかる」、さらに「自分の答えを覚えている」といったあたりが加藤の考える「対応能力」の要件。もっともそうした「能力」とは、(『当事者主権』的言い分によれば)周囲の人々のコミュニケーション能力とのかかわりの中でも決まってくるのでは、とも考えるが。

  • 『ぼくらの頭脳の鍛え方』
    文庫&新書百冊(佐藤優選)126
    思想・哲学・宗教

  • 割と古いのだけれども、環境問題における主要な論点をあさるには手軽な本。

    なんつーか、良くも悪くもない普通な本。

    ただこの本を通してしった熊沢蕃山の思想は結構お気に入り

    「人は小体の天にして、天は大体の人」

  • [ 内容 ]
    地球規模での環境破壊が問題になり始めた七〇年代、アメリカを中心にエコロジー運動の哲学的・倫理学的基礎の解明をめざして生まれた思想―それが環境倫理学である。
    本書は、環境倫理学の三つの基本主張:自然の生存権の問題、世代間倫理の問題、地球全体主義の紹介から説き起こし、対応を迫られている様々な環境問題について、どのように対処すればよいのかを具体的に提言する、本邦初の「環境倫理学」入門の書である。

    [ 目次 ]
    環境倫理学の三つの基本主張
    「中之島ブルース」―または人間に対する自然の権利
    世代間倫理としての環境倫理学
    地球全体主義の問題
    日本の使命
    人口と環境
    バイオエシックスと環境倫理学の対立
    ゴミと自然観
    世代間倫理と歴史相対主義
    未来の人間の権利
    権利はどこまで拡張できるか
    アメリカの自然主義と土地倫理
    生態学と経済学
    再考、再興、自然主義!

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • かなり昔に読んだ本だが、環境保護が単純に善とされている現在、環境問題に対する考え方を整理するにはよいかもしれない。

  • 割と有名な本。

    世代間倫理とかについて考えさせられるいい機会になったのではないかと思う。
    あと、権利の拡大とか。

    倫理嫌いにとっては、読むのは結構辛いものがあったけれど、最後に参考文献もまとめられているので、そこそこ便利。

  • 個人も企業も行政も考えなくちゃいけない「環境問題」
    でも・・環境の意味をはきちがえていませんか?
    原点に戻って環境を学べる一冊です。

全8件中 1 - 8件を表示

環境倫理学のすすめ (丸善ライブラリー)を本棚に登録しているひと

環境倫理学のすすめ (丸善ライブラリー)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

環境倫理学のすすめ (丸善ライブラリー)の作品紹介

地球規模での環境破壊が問題になり始めた七〇年代、アメリカを中心にエコロジー運動の哲学的・倫理学的基礎の解明をめざして生まれた思想-それが環境倫理学である。本書は、環境倫理学の三つの基本主張:自然の生存権の問題、世代間倫理の問題、地球全体主義の紹介から説き起こし、対応を迫られている様々な環境問題について、どのように対処すればよいのかを具体的に提言する、本邦初の「環境倫理学」入門の書である。

環境倫理学のすすめ (丸善ライブラリー)はこんな本です

環境倫理学のすすめ (丸善ライブラリー)のペーパーバック

ツイートする